メルセデス・ベンツ

メルセデス・ベンツ 新型 EQT 「Concept EQT」 EVミニバン 2022年発売

Mercedes EQT Concept

メルセデスベンツは電気自動車ミニバン新型「EQT」のコンセプトモデル「Concept EQT」を2021年5月10日(現地時間)に発表した。2022年に市場に投入される。

Concept EQT について

「Concept EQT」が示すように、私たちは電気自動車のリーダーシップに対する主張を一貫して実施しており、将来的にはこのセグメントで完全な電気モデルを提供する予定。

Mercedes EQT Concept

Mercedes EQT Concept

「Concept EQT」のボディサイズは全長4945mm、全幅1863mm、全高1826mmである。3列目の両方のフルサイズの個別の座席に問題なく到達できるように、特に大きな開口部を備えた両側のスライドドアを備えている。2列目のシートには3つのチャイルドシートを並べて取り付けることができる。星空がレーザーで照らされたパノラマの屋根は、内部に光をあふれさせます。前から後ろに向かって細くなるエレガントなボトルデザインは、車両をより長く見せる。快適な垂直テールゲートとウィンドウを備えた急傾斜のリアは、特に広々としたロードコンパートメントを提供。より多くのスペースが必要な場合は、3列目シートを完全に折りたたんだり取り外したりして、乳母車、犬用の輸送ボックス、その他のレジャー機器用の十分なスペースを残すことができる。荷物やスポーツ用品がたくさんある家族や屋外ファンにとって、この広々とした高レベルの変動性を示している。これは、ロードコンパートメントに統合された電動ロングボード。アルミニウムフレームに取り付けられたプレキシガラスのふたの下の2階のコンパートメントに保管され、荷室の床と同じ高さになります。電動ロングボードもアルミ製で星型が特徴で、特にスタイリッシュな印象。

コンセプトEQTのインテリアは、そのエクステリアと同じくらい感情的でスタイリッシュなステートメントであり、黒と白のエレガントなコントラストが特徴。シートは白いナッパレザーで装飾されており。シートセンターパネルの編まれた革のアプリケーションは、リサイクルされた革で構成。官能的なデザインのインストルメントパネルは特に目を引く。上部は、海岸の小石のように見える翼の輪郭のような形をしており、計器クラスターと動的に融合。重要な器具や書類に簡単にアクセスできるように、実用的なセミクローズド収納コンパートメントがインストルメントクラスターの上にありる。さらに、光沢のある黒の亜鉛メッキトリム要素の丸い通気孔とタッチコントロールボタン付きの多機能ステアリングホイールは、高品質でモダンな外観を強調している。

メルセデス・ベンツ 新型 T クラス コンパクトファミリーバン 2022年前半発売

メルセデス・ベンツ 新型 EQT EVバン 2021年5月10日発表

メルセデスベンツニュースリリース

https://www.daimler.com/innovation/product-innovation/design/concept-eqt-2021.html

https://www.mercedes-benz.co.jp/

https://www.daimler.com/en/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-メルセデス・ベンツ
-, ,

© 2021 最新自動車情報