日産

日産 SOSコール 新型デイズに搭載 あおり運転や急病時に対応

日産SOSコール

日産はデイズのフルモデルチェンジを行い2019年3月14日発表、3月28日に発売した。この新型デイズに搭載される「SOSコール」について調べてみた。

新型デイズに搭載「SOSコール」とは?

デイズに全グレードでオプション設定となる「SOSコール」は緊急時に「SOSコールスイッチ」を押すことで専用のオペレーター(HEM-Net)と接続して「音声通話」が可能、更に自動通報機能(事故自動通報システム)もついておりエアバックなどが開くなどした際に警察や消防へ通報・データ送信することでいち早く事故現場などに救急車やパトカーを呼べるシステムである。

日産は「SOSコール」の活用方法として急病で運転が続けられない時やあおり運転などで恐怖を感じた時「SOSコールスイッチ」を押し(HEM-Net)が活用できるとしている。

日産デイズでの利用条件は日産オリジナルナビ取り付けパッケージと日産オリジナルナビゲーション(Nissan Connectサービス対応ナビ)を選択することが条件で「Nissan Connect」と「SOSコール」の申し込みが必要になる。

「D-Cll Net」救急ヘリ病院ネットワーク(HEM-Net)

D-Call Net®は一般的にAACN(Advanced Automatic Collision Notification)と呼ばれる、車両のコネクティッド技術を活用した救急自動通報システムの一つで、交通事故発生時に車両のデータを国内の事故データ約280万件をベースとしたアルゴリズムに基づき自動で分析、死亡重傷確率を推定し、このデータを全国約730か所の全消防本部と全国で37道県・46機・54病院の協力病院に通報、ドクターヘリやドクターカーの早期出動判断につなげ、交通事故での救命率向上を目指すものである。

認定NPO法人 救急ヘリ病院ネットワーク(HEM-Net)と自動車メーカー、サービスプロバイダーからなるD-Call Net®への対応に「トヨタ」「日産」「ホンダ」「マツダ」「スバル」が参加しており、同日発売された、ekワゴン・ekクロスは「三菱」からの販売なのでこの「SOSコール」を採用していない。

新型 デイズについて

日産 新型 デイズ フルモデルチェンジ 2代目 Vモーショングリル採用 2019年3月28日発売

日産 新型 デイズ フルモデルチェンジ 2代目 Vモーショングリル採用 2019年3月28日発売

新型 ekワゴンについて

三菱 新型 ekワゴン / ekクロス フルモデルチェンジ 4代目 2019年3月28日発売

三菱 新型 ekワゴン / ekクロス フルモデルチェンジ 4代目 2019年3月28日発売

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/dayz/performance_safety/nim.html#sosCall

https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/27373068.html

http://www.hemnet.jp/

https://www.helpnet.co.jp/

クラウドタグ

  • この記事を書いた人

最新自動車情報

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

-日産