日産 コンパクトクロスオーバー「ハイパーパンク」 EVコンセプトカー第4弾「ジャパンモビリティショー2023」出展へ

当ページのリンクには広告が含まれています。
nissan-hyper-punk-concept

日産は、東京ビッグサイトを中心に開催する「JAPAN MOBILITY SHOW 2023(ジャパンモビリティショー)」のEVブース出展モデル第4弾として、コンパクトクロスオーバー「ハイパーパンク」 を公開すると2023年10月19日発表した。

目次

日産 コンパクトクロスオーバー「ハイパーパンク」

日産が発表した「ニッサン ハイパーパンク」は、コンテンツクリエイターやアーティストなど、自己表現や創造性を重視するユーザーに向けたコンパクトクロスオーバーEVです。

  • 立体的で多角形を強調したエクステリアデザインは、クルマとデジタルの融合を表現しています。
  • 和紙や折り紙をモチーフとしたインテリアは、和のテイストを感じさせながらデジタルとアートが融合しています。
  • ヘッドレストにはバイオセンシングセンサーを内蔵し、ドライバーの気分を解析して、コンテンツの創作意欲をかき立てます。
  • 創作活動に必要なデバイスをいつでもどこでも充電できます。

日産 ハイパーパンクは、コンテンツクリエイターやアーティストなど、自己表現や創造性を重視するユーザーに向けた、先進的なコンパクトクロスオーバーEVです。立体的で多角形を強調したエクステリアデザイン、和のテイストを感じさせるインテリア、クリエイティブな活動をサポートするコネクティビティ技術など、多くの魅力を備えている。

日産 コンパクトクロスオーバー「ハイパーパンク」エクステリア

立体的で多角形を強調したデザインは、クルマとデジタルの融合を表現。空力性能やミニマルなデザインとは逆行するような、力強さを感じさせるスタイルは、他者とは異なる自己表現をしたいというオーナーのマインドと、新しい技術やデザインにチャレンジする日産のマインドを表している。ひときわ目を引くボディカラーは、見る角度や光の当たり方で色の見え方が変わりる。コンパクトなオーバーハングに23インチの大径ホイールを装着した安定感の高いデザインは、市街地もオフロードも走れる多用途なクルマの特徴を表現。

日産 コンパクトクロスオーバー「ハイパーパンク」インテリア

和紙や折り紙をモチーフとしたデザインは、和のテイストを感じさせながらデジタルとアートが融合しています。車載カメラが撮影したクルマ周辺の景色の映像を、AIがオーナーの好みに応じて漫画調の景色や様々なグラフィックパターンの景色に変換して、コックピットに映し出します。ヘッドレストにはバイオセンシングセンサーを内蔵し、ドライバーの気分を解析して、照明や音楽を調整することで、コンテンツの創作意欲をかき立てます。

日産 コンパクトクロスオーバー「ハイパーパンク」コネクティビティ技術

車内で過ごす時間をよりクリエイティブなものにするコネクティビティ技術を搭載。クルマの中での制作活動やクリエイターとのコラボレーションを可能とし、バーチャルとリアルの世界や、クルマの中と外がシームレスにつながる。創作活動に必要なデバイスは、いつでもどこでも車載バッテリーから充電できる。

日産 JAPAN MOBILITY SHOW 2023

https://www.nissan-global.com/JP/INNOVATION/TECHNOLOGY/TOPICS/JMS_2023/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次