アウディ新型 RS Q8 ニュル最速SUV ハイパフォーマンスモデル 発表 2020年発売

Audi RS Q8 アウディ
Audi RS Q8

アウディはクーペSUV「Q8」のハイパフォーマンスモデル新型「RS Q8」を2019年11月22日(現地時間)から開催させるロサンゼルスモーターショー2019にて世界初公開した。

新型 RS Q8 ハイパフォーマンスモデル

エンジンにV型8気筒4Lツインターボエンジンに48Vマイルドハイブリッドシステムを搭載。最高出力591 HP(441kW / 600 PS)2,200 rpm〜4,500 rpm、最大トルク590 lb-ft(800 Nm)。アウディは、0-100 km / h(62 mph)は3.8秒、200 km/h(124.3 mph)へのスプリントは13.7秒。RS Q8は電子的に制限された250 km/hの最高速度まで加速、顧客がDynamicパッケージを選択した場合、305 km/hとなる。、シリンダーオンデマンドシステムによりハイギヤの低中負荷域。駆動システムには8速ATと組み合わせる。

Audi RS Q8

ドイツニュルブルクリンクでのタイムアタックで7:42.253を記録。ニュルブルクリンク最速SUVとなった。

New SUV Record Nordschleife | Audi RS Q8

乗り心地を90mm変えることができる適応型エアサスペンションシステムが標準装備。高速コーナリング中の車体のロールを最小限に抑えるための電気機械式アクティブロール安定化システム。8つの異なる運転モードが利用可能。コンフォート、オート、ダイナミック、効率、オールロード、オフロード、および個別に構成可能なRS1とRS2。ブレーキは、フロント420mmおよびリア370mmのディスクによって提供されます。オプションで、フロントが440mm、リアが370mmのカーボンセラミックブレーキディスク。

通常は前後の車軸に40:60の比率で動力を分配する8速ティプトロニックトランスミッションに接続されたクワトロパフォーマンスの全輪駆動システムを介して送信されますが、必要に応じて最大70%の動力が可能です前輪に向けられ、最大85%が後輪に向けられます。アウディはまた、SUV向けにオプションのクワトロスポーツディファレンシャルを開発し、必要に応じて後輪にトルクを配分して、ハンドリングを改善。

新型 RS Q8 エクステリア

Audi RS Q8

Audi RS Q8

RS Q8のエクステリアデザインは、他のバリエーションよりもはるかにアグレッシブ。10スポークデザインの22インチアルミホイールが標準装備、顧客が希望する場合は、より大きな23インチリムも提供。新しいSUVは前部に、拡大された空気取り入れ口と光沢のある黒のアクセントを備えた威ac的な新しいフェイシアを採用し、後部にはアウディスポーツの馴染みのある楕円形のテールパイプがあります。お客様は、オプションで色付けされたRS Matrix LEDヘッドライトを含む、2つの異なるLEDヘッドライト構成から選択。

新型 RS Q8 インテリア

ソース

https://www.carscoops.com/2019/11/2020-audi-rs-q8-is-a-sexy-suv-with-600-hp-and-mild-hybrid-tech/

アウディ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019