トヨタ 後付けの踏み間違い加速抑制システム プリウス 30系 アクア 用 12月5日発売

後付けの踏み間違い加速抑制システム トヨタ
後付けの踏み間違い加速抑制システム

トヨタは後付けの踏み間違い加速抑制システムを2018年12月5日に発売を開始。

対応車種

  • プリウス30系の2009年5月18日~2015年12月8日に販売されたモデル。(除く、G’s、ウェルキャブ全車)
  • アクア10系の2011年12月26日~2018年4月2日に販売されたモデル。(除く、G’s、GR-SPORT、X-URBAN、Crossover、ウェルキャブ全車)

中古のプリウスやアクアを購入後に安全システムが付いていたら安心だなと思ったことはありませんか?

安全システムの「インテリジェントクリアランスソナー(ICS)[パーキングサポートブレーキ(静止物)]」を後付けしたいと思っていた方には非常にありがたい後付けシステムです。

後付けの踏み間違い加速抑制システム

車両前後に取り付けた超音波センサーにより、前方または後方約3m以内にある壁などの障害物を検知し、ブザー音で注意喚起をします。それでもブレーキと間違えてアクセルを強く踏み込んでしまった際には、加速を抑制し、衝突被害の軽減に貢献。

また、後退時は、障害物を検知していない状態でも、約5km/h以上でアクセルを踏んだ場合、速度が出過ぎないよう加速を抑制。

後付けの踏み間違い加速抑制システム

後付けの踏み間違い加速抑制システム

後付けの踏み間違い加速抑制システム

https://youtu.be/_6WLTYTiDKk

踏み間違い加速抑制システム 価格

価格:55,080円

トヨタニュースリリース

https://newsroom.toyota.co.jp/jp/toyota/25619410.html

トヨタ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019