MENU

ハイラックスキャノピーはダサいのか?魅力とデメリットと価格

トヨタの人気ピックアップトラック、ハイラックス。ハイラックスキャノピーは、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」の荷台を覆うカバーです。その機能性とスタイリッシュなデザインから、多くのハイラックスオーナーに愛されています。「キャノピーを装着するとダサくなるのでは?」という声も耳にします。今回は、ハイラックスキャノピーの真の魅力とデメリット、そして気になる価格について詳しく解説していきます。

あわせて読みたい
【2024年 最新】ハイラックス 維持費 年間ランニングコストを算出 現行モデルのハイラックスは2017年9月12日に発表し販売を開始。「ハイラックス」にグレード「Z」をベースにした特別仕様車「Revo Rocco」2023年12月22日発表、2024年5月...
あわせて読みたい
【2024年】「ハイラックス」の値引き 相場や合格ラインは? 決算時期や交渉術について まとめ トヨタは新型「ハイラックス」にグレード「Z」をベースにした特別仕様車「Z“Revo ROCCO Edition”」2023年12月22日発表 2024年5月発売を開始する。一体どのタイミングで...
あわせて読みたい
【2024年6月】新型「ハイラックス」納期情報 納車まではどれぐらいなのか 今回は2024年6月現在の新型「ハイラックス」の納期について調べました。納期がいつになるのか?気になる人が多いのではないでしょうか。購入を検討されている方はタイミ...
目次

ハイラックスキャノピーの魅力やメリットとは?

ハイラックスキャノピーの最大の魅力は、その優れた耐久性と機能性です。アウトドア愛好者や仕事で頻繁に荷物を運ぶ人々にとって、キャノピーは重要なアイテムです。防水性が高く、悪天候でも中の荷物をしっかりと保護してくれるため、どんな状況でも安心して使用できます。また、キャノピーは荷物の整理整頓に役立つだけでなく、プライバシー保護の観点からも優れています。荷台が常に見えない状態に保たれるため、貴重品の盗難リスクを軽減します。さらに、キャノピーはカスタマイズが可能で、用途や好みに応じてさまざまなオプションを選ぶことができます。

ハイラックスキャノピーの人気の理由は、その多機能性とデザイン性の高さにあります。アウトドアや仕事など、様々なシーンで活躍できる実用性を持ちながら、ハイラックスのスタイリッシュな外観を損なわないデザインが魅力です。

ハイラックスキャノピーが選ばれるポイント

  1. 積載物の保護: キャノピー最大のメリットは、雨風や直射日光から積載物を守れることです。アウトドア用品や仕事道具などを安心して運べます。
  2. 防犯性向上: 鍵付きのキャノピーは、荷物の盗難防止に効果的です。車上荒らし対策としても有効です。
  3. 車中泊: キャノピーがあれば、荷台を居住空間として活用できます。車中泊やキャンプなど、アウトドアレジャーの幅が広がります。
  4. 個性的なスタイリング: キャノピーのデザインによっては、ハイラックスのワイルドな雰囲気をさらに強調できます。自分だけのオリジナルカスタムを楽しめます。

ハイラックスキャノピーの基本特長

  • 積載物の保護: 雨風や直射日光から荷物を守る
  • 防犯性向上: 荷物の盗難防止に貢献
  • 車中泊: 荷台を居住空間として活用可能
  • 実用性: 荷物の保護や防犯性向上など、実用的なメリットが多い
  • デザイン性: ハイラックスのデザインにマッチするスタイリッシュな外観
  • カスタム性: 様々なオプションパーツで自分好みのカスタマイズが可能
  • ステータス: ハイラックスオーナーとしてのステータスを向上

ハイラックスキャノピーのデメリット

一方で、ハイラックスキャノピーにはいくつかのデメリットも存在します。まず、キャノピーを装着すると車両の外観が変わり、そのデザインが「ダサい」と感じる人も少なくありません。特に、シンプルでスタイリッシュな外観を好む人々にとっては、キャノピーが車両の美観を損なう要因となることがあります。また、キャノピーの重量が増加することで、燃費に影響を与える可能性もあります。さらに、キャノピーの取り付けと取り外しには時間と労力がかかるため、頻繁に装着を変更するユーザーには不便です。

  1. 価格: キャノピーの価格は、素材や機能によって異なりますが、数万円から数十万円と高額です。
  2. 重量増加: キャノピーを装着すると、車両重量が増加します。燃費が悪化したり、走行性能に影響が出る可能性があります。
  3. 高さ制限: キャノピーを装着すると、立体駐車場や高さ制限のある場所に入れなくなる場合があります。
  4. デザインの好み: キャノピーのデザインは好みが分かれるため、装着することで「ダサい」と感じる人もいるかもしれません。

ハイラックスキャノピーはダサいのか?

キャノピーのデザインは好みが分かれるため、「ダサい」と感じる人もいるかもしれません。しかし、近年ではスタイリッシュなデザインのキャノピーも増えており、ハイラックスの外観をさらに引き立てるものもあります。

ピックアップの荷台にキャノピーを付けるなら最初からバン・ワゴンを買ったら良いと思いますか。yahoo知恵袋

ハイラックスキャノピーの使い勝手と問題点

  • 重量増加: キャノピーを装着すると車両重量が増加し、燃費が悪化したり、走行性能に影響が出る可能性があります。
  • 高さ制限: 立体駐車場など、高さ制限のある場所に入れなくなる場合があります。
  • 価格: キャノピーは比較的高価なオプションパーツです。

デメリットを克服する方法

  • 軽量な素材のキャノピーを選ぶ: FRP製やアルミ製のキャノピーは軽量で、車両への負担を軽減できます。
  • 高さの低いキャノピーを選ぶ: 高さ制限のある場所でも利用できるよう、低めのキャノピーを選ぶことも可能です。
  • 中古キャノピーを検討する: 新品よりも安価な中古キャノピーも選択肢の一つです。

ハイラックスキャノピーの価格相場

ハイラックスキャノピーの価格は、素材や機能、メーカーによって大きく異なります。

ハイラックスの純正オプションとして販売されているのがTRDパーツとしてキャノピー本体の価格が388,000円(税込)ディーラ取り付けの場合、一例として、取り付けが1.5時間なので工賃14,580円で、合計402,580円(税込)となります。

参考:TRD

しかし、純正オプションとしては現行モデルはラインナップされておらず、サードパーティーから購入をすることになります。

  • FRP製: 比較的安価で軽量ですが、耐久性に劣る場合があります。価格相場は10万円~20万円程度です。
  • アルミ製: 軽量で耐久性が高いですが、価格が高くなります。価格相場は20万円~40万円程度です。
  • スチール製: 強度が高く、頑丈ですが、重量があります。価格相場は30万円~50万円程度です。

ハイラックスキャノピーはダサいのか?

キャノピーの装着が「ダサい」かどうかは、個人の主観による部分が大きいです。しかし、キャノピーは実用性が高く、アウトドアレジャーや仕事で活躍するアイテムです。機能性とデザイン性を兼ね備えたキャノピーを選ぶことで、ハイラックスの魅力をさらに引き出すことも可能です。

まとめ

ハイラックスキャノピーは、積載物の保護や防犯性向上、車中泊など、様々なメリットがあります。一方で、価格や重量増加、高さ制限などのデメリットも存在します。キャノピーを装着するかどうかは、自分のライフスタイルや好みに合わせて慎重に検討しましょう。

この記事が、ハイラックスキャノピーの購入を検討している方の参考になれば幸いです。

あわせて読みたい
トヨタ 新型「ハイラックス」特別仕様車 「Revo Rocco」誕生55周年 2023年12月22日発表 2024年5月発売 トヨタは新型「ハイラックス」にグレード「Z」をベースにした特別仕様車「Revo Rocco」2023年12月22日発表、2024年5月発売を開始する。ハイラックスは発売から誕生55周...
あわせて読みたい
新型 ハイラックス マイナーチェンジ 改良で 2度目の エクステリア 変更! 日本モデル 2024年12月発売 トヨタはピックアップトラック、新型「ハイラックス」のマイナーチェンジを行い、日本モデルを2024年12月頃に発売します。今回の変更はエクステリアデザインが中心で、...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次