トヨタの挑戦が自動車の未来を変えるかもしれない 水素GRカローラ で「空気​​中からCO2を吸収する」新技術をテスト

当ページのリンクには広告が含まれています。
Toyota Corolla Hydrogen

トヨタは、「水素GRカローラ レースカー(GR Corolla H2 concept)」を使いさらに「走れば走るほどCO2を回収する」新しい技術への挑戦を始めた。

目次

従来の電気自動車への移行とは異なる、トヨタのユニークな取り組み 車載フィルターで二酸化炭素を吸収

トヨタは、全ての車種を電気自動車に置き換えることに慎重な姿勢を取っています。一方、環境への影響を減らすための革新的な技術を積極的に開発しており、その一つが二酸化炭素を吸収する車です。この車は、車体に搭載されたフィルターで大気中の二酸化炭素を吸収し、エンジンからの廃熱で二酸化炭素を液体に変換します。この液体は、その後廃棄することができます。トヨタは、車両のフロントに組み込むことができる二酸化炭素吸収フィルターを開発しています。この技術は、水素燃焼の「GR カローラ レースカー」で実証実験中です。

カーボンニュートラルを超えた、カーボンネガティブへ

トヨタによると、初期テストでは、この技術革新により、自動車が単なるカーボンニュートラルではなく、カーボンネガティブになる可能性があることが示唆されています。

  • 車が走行するだけで二酸化炭素を吸収し、環境への負荷を減らすことができる
  • 電気自動車だけでなく、従来のガソリン車にも搭載できる
  • 追加の電力が必要ない

つまり、この技術が実用化されれば、環境への負荷を大幅に削減できる可能性があります。

電力不要、廃熱利用で環境負荷軽減

この技術の利点は、動作に電力が必要ないことです。車の前部にある円形フィルターが二酸化炭素を捕捉し、エンジンからの廃熱を利用して二酸化炭素を溶解し、廃棄可能な液体にします。つまり、この技術は水素エンジンだけでなく、従来のガソリンエンジンにも適用できる可能性があります。

トヨタの挑戦が、自動車の未来を変える

トヨタの二酸化炭素吸収車技術は、自動車の環境への影響を大きく減らす可能性を秘めています。今後の開発と実用化に期待が高まります。この技術が実用化されれば、自動車の環境への影響を大きく減らすことができ、地球環境保護に大きく貢献する可能性があります。

トヨタの水素エンジン 技術開発の取り組み

カーボンニュートラルなモビリティ社会実現に向けて「水素エンジンHYDROGEN DRIVE」の技術開発に取り組んでいる。「水素」と聞くと「FCV(燃料電池車)」の「MIRAI」を想像する方も多いかもしれないが今回の「水素エンジン」はガソリンの代わりに水素を燃料として使用する内燃機関のエンジンシステムである。「FCV」は同じく「水素」を使用しているがこちらは水素を使って電気を発生させモーターで駆動する仕組みである。「HYDROGEN DRIVE」を日本の特許庁に2021年2月9日に商願している。商願2021-15419。

カローラ スポーツをベースとした競技車両に水素エンジンを搭載し、2021年5月21日から23日に行われた「スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook 第3戦 NAPAC 富士SUPER TEC 24時間レース」から、「ORC ROOKIE Racing」の参戦車両として投入。完走を果たしている。

パワーレーンの種類についてのまとめ

「水素エンジン」の話をする上で現在自動車に使われているパワーレーンの種類をまとめてみた。

種類仕様
ガソリンエンジンガソリンを使ってエンジンを動かす。
ディーゼルエンジン軽油を使ってエンジンを動かす。
電気自動車(EV)電気を使ってモーターを動かす。
ハイブリッド(HV)ガソリンを使ってエンジンを動かし
発電させモーターも動かす。
燃料電池車(FCV)水素を使ってモーターを動かす。
水素エンジン水素を使ってエンジンを動かす。

水素エンジンの必要性

ガソリンや軽油などの化石燃料を使わず、更に排出ガスも0と出るのは水だけという仕組みの「水素エンジン」。既に海外では内燃機関のエンジンを使用しない「電気自動車(EV)」にシフトし出しており、2021年1月18日の通常国会での施政方針演説で菅首相は国内販売車の電動化について「2035年までに新車販売で電動車100%を実現する」と表明。自動車メーカーによる電気自動車等のゼロエミッション車の開発・販売が急がれている。更に菅首相は2020年10月26日、臨時国会の表明演説にて「2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指す」と宣言。約10,000点の部品は多くの中小零細企業が関与し雇用に影響を及ぼす。豊田章男氏は「日本には自動車関連企業で働く人たちが550万人いる、世の中すべてのクルマがEVになったら100万人が職を失う。強みを生かしてエンジンを残しながら日本のカーボンニュートラルに向かう道があってもいいのではないか?」ということで「水素エンジン」に目を向けた。今までトヨタが培ってきた内燃機関の技術を使った化石燃料を使わない仕組みを浸透させていけば、雇用と他社に負けないトヨタの技術を継承できるという考えだ。更に「FCV」に比べ低コストで作成できるため車両価格を下げることもできる。

ここからは筆者の考えだと思って頂きたいが、海外でこれだけ電気自動車(EV)が流行っているのにはもう一つ理由が隠されており、仕様するパーツの少なさとモーターとバッテリーを揃えれば作れてしまうことで自動車業界に新たに参入を果たす新しい会社やIT関連企業まで業界に参入することができる。内燃機関の仕組みは日本車が他を寄せ付けない出来栄えだけに勝てないので他社は電気自動車に力を入れて排出ガスや地球温暖化を盾にEVエンジンを普及させたい考えである。トヨタはどちらかと言うと電気自動車に対しては遅れておりそこに勝機を感じている会社も少なくないだろう。もちろんトヨタとしても「電気自動車(EV)」へシフトする世界的な背景に黙っているわけではなく最近では積極的に電気自動車のコンセプトモデルなど量産化に向けて動き出している。

水素エンジンのメリット・デメリットは?

水素エンジンにおけるメリットは水素の燃焼の速さは、ガソリンよりも速く、応答性が良いという特徴がある。優れた環境性能を持つと同時に、クルマが持つ、音や振動を含めた「クルマを操る楽しさ」を実現する可能性を秘めている。電気自動車やFCVに比べ価格を安くできる。デメリットは燃焼の速さによる異常燃焼により点火プラグで火花を飛ばす前に火が付くことによりエンジンが壊れる。燃費。水素ステーションの不足。輸送コストで割高。

トヨタイムズ

https://toyotatimes.jp/report/hpe_challenge_2023/011.html

Toyota Corolla Hydrogen

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次