トヨタ 新型 MIRAI フルモデルチェンジ 2代目は「クラウン」ベースに進化

トヨタは2代目となる新型「MIRAI(ミライ)」のフルモデルチェンジを行い2020年12月9日に発売した。今回はFFからFRモデルに変更されていることや外観のスタイルも大きく変わっており初代は「プリウス」をベースにしたデザインから今回の2代目は「クラウン」のマイナーチェンジモデルをベースにしており、ワンランク上の上質感と走りが期待できる。

目次

新型 MIRAI フルモデルチェンジ

2014年に水素駆動のミライを導入して世界をリードしてきた。約10,000台が販売され、トヨタは世界中の主要市場で水素燃料インフラの開発を積極的に支援。先進のゼロエミッション燃料電池電気自動車(FCEV)技術を第2世代モデルで新たな進化を遂げる。

新型「MIRAI」は燃料電池システムの改善とより大きな搭載水素タンクの使用により、運転範囲の30%増加を目標としている。現在、3つのタンク(1つは長い、2つは短い)があり、現在のモデルと比較して燃料容量を約1キログラム増加させる。結果として航続距離は約850km(G EXECUTIVE Package、G・A Package、G)とした。

新型「MIRAI」には TNGA(Toyota New Global Architecture)FRと呼ばれる新開発の「GL-Nプラットフォーム」を採用することによって、旧型モデルよりも広い室内空間を得る。旧型に比べ全高が若干さがり、更に低重心化をはかることができる。結合剛性を高める「レーザースクリューウェルディング(LSW)」や構造用接着剤の接着範囲拡大により、走行性能、ボディ剛性をアップさせることができる。新型「クラウン」とホイールベースがどちらも同じサイズであり同じプラットフォームを採用しており外側のデザインを変更しているが基本的な構造は同じであることがわかる。理想的な重量配分としパワーユニットや高圧水素タンクの最適なレイアウトとフロントオーバーハングを切り詰め重心位置を中央に設定したことで前後の重量バランスを前後50:50の重量配分とした。フロントはハイマウントマルチリング式、リアはローマウントマルチリング式のサスペンションを採用し念入りにチューニングしている。

新型「MIRAI」 新型「クラウン」 エクステリア

低ライン、エレガントなプロポーション、なめらかでぴんと張ったボディワーク、そして力強く独特の外観に直径20インチの大きなホイールを備えたエクステリアデザインとした。ボディの形状を比較すればわかるが基本的なデザイン構造は同じであることがわある。

MIRAI

MIRAI

ヘッドライトには「Bi-Beam LED ヘッドライト(オートレベリング機能付き)+LEDクリアランスランプ(デイタイムランニングランプ機能付き)」。

リアは「LED リアコンビネーションランプ」を採用し横一文字に伸びる、薄くシャープなリアコンビネーションランプが特徴的である。

次期「MIRAI」の開発最終段階のモデルである「東京モーターショー2019」 で披露された「MIRAI Concept」と同様のスペックである。

新型 MIRAI インテリア

インテリアは、暖かく快適な雰囲気のシンプルでモダンなスペースとして運転や旅行が本当に楽しい車であるという感覚に追加。主要な要素には、「12.3インチのセンターディスプレイ」「JBLプレミアムサウンドシステム(14スピーカー)」と「インストルメントパネル」が含まれますドライバーの周り。プラットフォームとインテリジェントパッケージにより、旧型「MIRAI」の4人席から5人席と変更させる。

乗車人数が5名に増えることは大きな変更点となる。インテリアは旧型のクラウンなどと同様の質感を感じながらも大型インフォメーションディスプレイなどを搭載した、新型MIRAI専用デザインを採用している。

トヨタ 新型 MIRAI フルモデルチェンジ 欧州仕様 2020年内発売

あわせて読みたい
トヨタ 新型 MIRAI フルモデルチェンジ 欧州仕様 2020年内発売 トヨタは新型MIRAIのフルモデルチェンジを2020年末に行う。トヨタヨーロッパは2020年1月14日(現地時間)に新型「MIRAI」を2020年内に欧州市場で発売すると発表した。 ...

新型 MIRAI スペック

スペック 新型MIRAI
全長 4,975mm
全幅 1,885mm
全高 1,470mm
ホイールベース 2,920mm
FCスタック FCB130 固体高分子形  圧縮水素:3本
最高出力 128kW(174ps)
モーター最高出力 134kW(182ps)/
6,940rpm
モーター最大トルク 300Nm/(30.6kgm)/
0〜3,267rpm
駆動用バッテリー リチウムイオン4.0Ah
駆動方式 後輪駆動
乗客定員 5名
航続距離 約30%延長
約750km〜850km
(従来型比)

新型「MIRAI」 旧型「MIRAI」スペック 比較

MIRAI_

初代 MIRAI

スペック MIRAI 新型 MIRAI
全長 4,890mm 4,975mm
全幅 1,815mm 1,885mm
全高 1,535mm 1,470mm
ホイールベース 2,780mm 2,920mm
駆動方式 FF 前輪駆動 FR 後輪駆動
乗車定員 4人 5人
JC08モード
航続距離
650km 約30%延長
(従来型比)
あわせて読みたい
トヨタ 新型 燃料電池自動車(FCV) MIRAI(ミライ)2014年12月15日より発売 トヨタは、セダンタイプの新型燃料電池自動車(FCV)「MIRAI(ミライ)」を開発し、トヨタ店ならびにトヨペット店を通じて、2014年12月15日より発売する。 【新型 燃料...

prius S Safety Plus II

prius S Safety Plus II

あわせて読みたい
トヨタ 新型 プリウス 一部改良 第2世代 Toyota Safety Sense搭載 2020年7月1日発売 トヨタは新型「プリウス」の一部改良を行い2020年7月1日に発売する。合わせて特別仕様車「S“Safety Plus II”」を追加設定する。 新型 プリウス 一部改良について 今回の...
あわせて読みたい
トヨタ 新型 プリウスPHV 一部改良 2020年7月1日発売 トヨタは新型「プリウス PHV」の一部改良を行い2020年7月1日発売する。同日「プリウス」も一部改良を行う。 【新型 プリウスPHV 一部改良について】 今回の一部改良では...

新型「MIRAI」 新型「クラウン」サイズ 比較

新型「MIRAI」には TNGA(Toyota New Global Architecture)FRと呼ばれる新開発の「GL-Nプラットフォーム」を採用することによって、旧型モデルよりも広い室内空間を得る。旧型に比べ全高が若干さがり、更に低重心化をはかることができる。これにより走行性能、ボディ剛性をアップさせることができる。

TNGA FRプラットフォーム

TNGA FRプラットフォーム

ホイールベースがどちらも同じサイズであり同じプラットフォームを採用しており外側のデザインを変更しているが基本的な構造は同じであることがわかる。

新型クラウン

スペック 新型クラウン 新型 MIRAI
全長 4,910mm 4,975mm
全幅 1,800mm 1,885mm
全高 1,455mm 1,470mm
ホイールベース 2,920mm 2,920mm
駆動方式 FR 後輪駆動 FR 後輪駆動
乗車定員 5人 5人
あわせて読みたい
トヨタ 新型 クラウン フルモデルチェンジ 15代目 TNGAプラットフォーム採用 2018年6月26日発売 トヨタは15代目 新型クラウンシリーズ(アスリート/マジェスタ/ロイヤル)のフルモデルチェンジを行い2018年6月26日に発売した。今回は車種が1つに統合され、クラウンとし...

新型「MIRAI」 新型「クラウン」インテリア

インテリアは、暖かく快適な雰囲気のシンプルでモダンなスペースとして運転や旅行が本当に楽しい車であるという感覚に追加。

crown

新型クラウン インテリア

主要な要素には、「12.3インチのセンターディスプレイ」と「インストルメントパネル」が含まれますドライバーの周り。プラットフォームとインテリジェントパッケージにより、旧型「MIRAI」の4人席から5人席と変更させる。

MIRAI インテリア

toyota mirai

乗車人数が増えることは大きな変更点となる。インテリアはマイナーチェンジする新型「クラウン」と同様の「12.3インチ大型インフォメーションディスプレイ」などを搭載した、新型MIRAI専用デザインを採用している。

あわせて読みたい
トヨタ 新型 MIRAI フルモデルチェンジ 2020年12月9日発売 トヨタは2代目となる新型「MIRAI」のフルモデルチェンジを行い2020年12月9日に発売した。 【新型 MIRAI について】 エモーショナルなスタイリングとしスタイリングで選...
あわせて読みたい
トヨタ 新型 クラウン マイナーチェンジ 2020年11月2日発売 トヨタは「クラウン」のマイナーチェンジを行い2020年11月2日に発売する。 【新型 クラウン マイナーチェンジについて】 エクステリアのデザインはなし、リアコンビラン...

CRAWN

あわせて読みたい

MIRAI

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる