MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

トヨタ 新型 EV「スポーツクロスオーバーコンセプト」が新型「プリウス」のSUVモデルにしか見えない

当ページのリンクには広告が含まれています。
Toyota Sport Crossover Concept

欧州トヨタは、新型バッテリEV(電気自動車)のコンセプトカー「スポーツクロスオーバーコンセプト」を2024年12月4日(現地時間)欧州初公開した。2025年に欧州導入予定である。「スポーツクロスオーバーコンセプト」の、デザインとボディサイズを見る限り、新型「プリウス」とそっくりに見える。そこで実際の画像やサイズを比較して検証してみた。

目次

「スポーツクロスオーバーコンセプト」「プリウス」の比較

「スポーツクロスオーバーコンセプト」の、デザインを比較してみたが全体的な横からのシルエットを見てもリアフェンダーの形やバックドアの角度などから同様のコンセプトであることもハッキリと伝わってくる。

「スポーツクロスオーバーコンセプト」

「プリウス」

「スポーツクロスオーバーコンセプト」エクステリア について

「スポーツクロスオーバーコンセプト」のエクステリアにはトヨタの共通のデザイン「ハンマーヘッド」をモチーフとした機能性とデザイン性を高次元で両立したフロントデザインを採用。

これは、新型「プリウス」「クラウン」や日本では未発売の新型「カムリ」「C-HR」などに採用されており、今後発売するトヨタの新型モデルの多くはこの「ハンマーヘッド」をモチーフとしたデザインが採用されることは間違いない。唯一必ず違うと言えば、「スポーツクロスオーバーコンセプト」はEVモデルのためフロントグリルがないEV独特のデザインであるが、ここはハイブリッド車やガソリンモデルとなれば通常のグリルと同じようなデザインを採用してくるだろう。

更に全体的な横からのシルエットを見てもリアフェンダーの形やバックドアの角度などから同様のコンセプトであることもハッキリと伝わってくる。

「スポーツクロスオーバーコンセプト」も「プリウス」両車両ともトヨタマークを下に置LEDテールライトを完全な「横一文字」としており、同じような雰囲気となっている。

関連記事

詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
レクサス 新型「LBX」VSトヨタ 新型「ヤリスクロス」 違いについて 徹底比較してみた

まとめ

「スポーツクロスオーバーコンセプト」は上記の内容を考えると極めて「プリウス」をベースにしたデザインコンセプトであることは間違いないだろう。「プリウス」自体ももともと先進的な初代発売当時、世界初の量産ハイブリッド専用車として発売されており、EVモデルとなっても「プリウス」と名前を残すか、全く新しいEVモデルとするかが難しい選択となるはずだ。トヨタの傾向として名車の名前を残す続けていく可能性が高く、これまで、「カローラ」「クラウン」「センチュリー」など名車達はシリーズ化しており、トヨタにとって特別な存在である「プリウス」もまた同様にシリーズ化される可能性もあるだろう。

Toyota Sport Crossover Concept

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次