BMW 新型 X5、X6、X7 ディーゼルモデル 48Vマイルド・ハイブリッド 採用 2021年2月24日発表

BMWは、「X5」「X6」「X7」のクリーン・ディーゼル・エンジン搭載モデルに、48Vマイルド・ハイブリッド・テクノロジーを搭載すると2021年2月24日発表した。

目次

新型 X5、X6、X7 ディーゼルモデル 48Vマイルドハイブリッド

搭載される「48Vマイルド・ハイブリッド・テクノロジー」は、特に高い能力で制動エネルギー回生を行う48Vスターター・ジェネレーターと、それによって発電された電気を蓄積する追加のバッテリーで構成。48Vバッテリーは電気で作動する機能に電力を供給するだけでなく、電力をスターター・ジェネレーターに戻し、スターター・ジェネレーターが電気駆動システムとして作動することで、追加の駆動力の発生のためにもエネルギーを供給し、内燃エンジンの負荷を軽減すると共に、効率を最適化。さらに、ジェネレーターは電気を使って加速をブースト(最大8kW/11PS)することで、発進時および加速中にダイナミックな出力特性をサポート。また、コースティング機能も採用することによっても、燃費効率を高めている。モデルによって異なるが、燃料消費率は、WLTCモードで最大1.1km/L向上。

BMW X6

BMW X7 xDrive40d

BMW X7 xDrive40dは、48Vマイルド・ハイブリッド・システムの搭載と共に、BMWツインパワー・ターボ・テクノロジー採用の新開発の直列6気筒クリーン・ディーゼル・エンジンが搭載。直列6気筒エンジンに初めてマルチ・ステージ・ターボチャージャーを採用、ピエゾ・インジェクションによる最新のコモン・レール・ダイレクト・インジェクションを採用。最高出力は旧型モデルのxDrive35dより75PS(55kW)アップの340PS(250KW)最大トルクは同80Nmアップの700Nmとなり、パフォーマンスと効率性を大幅に向上。

BMW X7

BMW X7

BMW ニュースリリース

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる