ジープ

ジープ 新型 コンパス ビックマイナーチェンジ 最新技術を多数搭載 2021年4月6日発表

ジープは、新型「コンパス(Compass)」のビッグマイナーチェンジを行い2021年4月6日(現地時間)発表した。FCAとGroupe PSA、合併後の新グループ「ステランティス」として初めて発売される。ジープ誕生80周年記念した特別モデルも設定する予定。

新型 コンパス ビックマイナーチェンジ エクステリア

新しいフロントと新しいフルLEDヘッドライトは、より洗練された技術的な外観を提供。

中央の単一の広い線形開口部に統合されており、フロントの「レイヤード」構造になっており、水平方向の要素はデザインの直線性を強調し、彫刻された表面と7スロットグリルの3次元効果はそのダイナミズムを強調し。伝説的なジープグリルの外観を刷新し、垂直位置を上げて2つの水平セクションに分割。それは、より薄く、なめらかなプロファイルを特徴とする新しいフルLEDヘッドライトを統合。微妙な細長い形状でマークされた「デイタイムランニングライト(DRL)」も再配置され、メインヘッドライトに組み込まれている。下部の開口部とスキッドプレートも幅が広く、目立つ。

新型 コンパス ビックマイナーチェンジ インテリア

インテリアは新しいダッシュボードパネルとブランドのUconnect 5インフォテインメントシステムでワイヤレスAppleCarPlayとAndroidAutoスマートフォン統合を備えたAndroidオペレーティングシステム、インタラクティブな3D TomTomナビゲーションと自然な音声認識。を採用。下位バージョンでは「8.4インチのタッチスクリーンディスプレイ」上位仕様では「10.1インチのスクリーン」を備えている。スマートフォンの統合、TomTomナビゲーション、音声認識に加えて、「10.25インチのデジタルメーター」も含まれている。再設計により、セントラルコンソールの新しい配置と収納コンパートメントスペースの増強し+4.4Lとした。

新型 コンパス ビックマイナーチェンジ レベル2の半自動運転システムを搭載

レベル2の半自動運転を提供するブランド初のモデル最新世代のADASが標準装備。道路標識を読み取って解釈する交通標識認識。インテリジェントスピードアシスト、宣伝されている制限速度内に車を自動的に維持します。Drowsy Driver Alertは、注意力が低下した場合、またはドライバーが一時的に落ちた場合にドライバーに警告します。歩行者とサイクリストの認識を備えた自動緊急ブレーキは、発生する可能性のある事故を回避(または軽減)するために、車両を完全に停止するまで減速。新機能は、アダプティブクルーズコントロールとレーンセンタリングを組み合わせて、車両の速度と軌道を自動的に調整するハイウェイアシストを採用、車両は自動的に車線の中央に留まる。

新型 コンパス ビックマイナーチェンジ スペック

新型コンパスは「Sport」「Longitude」「Limited」「S」「Trailhawk」と5つのグーレドを設定。1.3L 4気筒ターボガソリンエンジン搭載車は、最高出力130HPの6速MT、最高出力150HPのDDCTの2種類の設定で前輪駆動。1.6Lマルチジェットディーゼルエンジンは、最高出力130PS/3,750rpm、最大トルク320Nm/1,500rpm、6速MTが組み合わせ前輪駆動のみの設定。

プラグインハイブリッドモデル「4xe」は1.3Lターボエンジン+電気モーターに11.4kWhのバッテリーを搭載。エンジンは最高出力130PSと180PS/270Nmの2種類の出力を持つ、モーターは60PS/250Nmを加えた合計最高出力190PSまたは240PSを発揮する。駆動方式は0-100km/h加速は約7.5秒。EV走行最高速度が130km/h、ハイブリッドモード200km/h。

ジープニュースリリース

https://www.media.stellantis.com/em-en/jeep/press/new-jeep-compass-born-to-surprise-pr

コンパス

https://www.jeep-japan.com/compass.html

ABOUT ME
最新自動車情報
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。