スバル 新型 BRZ おすすめグレードは? 注意点などをまとめてみた

スバルは新型「BRZ」のフルモデルチェンジを行い日本では2021年7月29日発表、発売。先代モデルは2012年3月28日発売を開始しており、丸9年でのフルモデルチェンジとなる。ディーラーにて話を色々と聞いた上で今回はおすすめグレードは何か、注意点などは何か?を徹底分析して解説します。購入時の参考にして頂ければ幸いです。

目次

新型 BRZ グレード選択について

ベースグレード「R」で上級グレードが「S」の2グレード構成。差額が187,000円である。

モデル エンジン トランス
ミッション
駆動
方式
価格
(10%)
R 2.4L 水平対向
4気筒エンジン
6MT 2WD(FR) 3,080,000円
6AT 3,2450,00円
S 6MT 3,267,000円
6AT 3,432,000円

グレード「R」と「S」の違いは?

大きな装備の違いは「フロントシートヒーター」「215/40R 18パフォーマンスタイヤ & 18インチアルミホイール」「8スピーカー」「ウルトラスエード・本革シート(レッドスティッチ)」多数のの加飾を採用している。「R」グレードで十分と言える装備ではあるが、「18インチアルミホイール」によるエクステリアの違いや、インテリアの多少の違いにより金額差があるが187,000円であれば決して「S」を選んで損はなさそうです。

新型 BRZ には メーカーオプションなし ディーラーオプションのみ

オプションを調べてみると新型「BRZ」には「メーカーオプション」がラインナップがなく「ディーラーオプション」のみが用意されている。「SUBARU ナビパック」「ベースキット(LEDアクセサリーライナー)」のみ。最近では各社「ディスプレイオーディオ」が標準化されだしているが、新型「BRZ」はナビレスが基本構成となる。

新型 BRZ は「MT車」と「AT車」で装備や仕様に違いがある

「MT車」の場合には「アイサイトコアテクノロジー(プリクラッシュブレーキ/後退時ブレーキアシスト/AT誤発進抑制制御/AT誤後進抑制制御/全車速追従機能付クルーズコントロール/定速クルーズコントロール/車線逸脱警報/ふらつき警報/先行車発進お知らせ機能)」「ハイビームアシスト」「アクティブ制御付トランスミッション」「パドルシフト&スポーツ・スノーモード」が付いていない。「AT車」と「MT車」では165,000円の差額がある理由である。

MT車では「アイサイトコアテクノロジー(アイサイト)」が不採用となります。AT車でないと制御できないということですが、これは大きな違いです。クルーズコントロールは「定速クルーズ」となる。安全装備も重要だと考える人は「MT車」を購入する場合にはよく検討して下さい。

あわせて読みたい
スバル 新型 BRZ フルモデルチェンジ 2代目「アイサイト」搭載 日本 2021年7月29日発売 スバルは新型「BRZ」のフルモデルチェンジを行い日本では2021年7月29日発表、発売する。新型「GR 86」もフルモデルチェンジを果たす。先代モデルは2012年3月28日発売を...
あわせて読みたい
トヨタ 新型 GR 86 フルモデルチェンジ 2代目 日本 2021年10月28日発売 トヨタは新型「GR 86」のフルモデルチェンジを行い日本モデルを2021年10月28日に発売する。旧型モデルは2012年3月28日発売を開始しており、丸9年でのフルモデルチェンジ...

「BRZ」新型・旧型 違いについては次へ

1 2

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
トップへ
目次
閉じる