トヨタ 新型 86 フルモデルチェンジ 2代目 東京モーターショー2019 出展か?2021年発売

86 トヨタ
新型86 イメージCG画像

トヨタは新型86のフルモデルチェンジを行い2021年に発売する。

トヨタは2代目となる新型86を2019年に開催予定の東京モーターショー2019でコンセプトモデルを披露する可能性がる。もちろん、姉妹車であるスバルの新型BRZも同時に披露、公開するだろう。現行モデルは2012年3月28日発売を開始しており、丸9年でのフルモデルチェンジとなる。

2代目 新型 86について

既に噂は沢山でてはいるが、トヨタとBMWとの提携により、トヨタは新型スープラBMWは新型Z4を2019年5月に発売を目指していることもありトヨタとの共同開発したスポーツカーであるBRZの時期モデルの開発はないのではと噂されてはいたが・・・富士重工業(株式会社SUBARU)は2005年から現在までもトヨタ自動車が買い取って筆頭株主であり、富士重工業とトヨタ自動車が提携することで合意している。トヨタ自動車およびトヨタグループ(トヨタ傘下)のダイハツ工業との開発部門の交流や部品共通化によるコスト削減などを行っており開発においても変わりなく行っている様子だ。富士重工業(株式会社SUBARU)の社長 吉永 泰之氏は取材でもBRZは1世代で終わらす考えがないこと明らかにしている!!
86とBRZは手頃なスポーツカーとして人気もあり、新モデルの開発は両社の企業イメージ向上につなげる。エクステリアはキープコンセプトでありエンジンなどは新モデルをランナップする予定だ。

Toyota-86_2017_18.jpg
現行86

2代目 新型 86 Subaru Global Platform(SGP)を採用

Subaru Global Platform(SGP)」を採用する。 この新世代プラットフォームSGPを1番最初に採用されるのが、2016年11月に発売予定の新型インプレッサであり、衝突安全性のさらなる向上、軽量化、運動性能の向上、高効率パッケージングによる室内空間の拡大など、1クラス上の「動的質感」を実現すべく開発が続けられている。

Subaru Global Platform

Subaru Global Platform

2代目 新型 86 エンジンについて

86に搭載するエンジンは現在スバルとトヨタで共同開発をしているFA24をベースにした直噴技術「D-4S」を組み込んだモデルだ。詳細についてはわかり次第お伝えします。

86について

86はスバルがトヨタと共同開発したスポーツカー。
トヨタブランドでは兄弟車のトヨタ・86として販売され、
生産は両車とも富士重工業群馬製作所本工場にて行なわれる。
現行モデルは2012年3月28日発売を開始。

2016年3月23日から開催されるニューヨークモーターショー2016でマイナーチェンジを果たした、新型86を公開した!!
エクステリアはバンパーの変更を行い、イメージを一新し2016年7月5日発表、2016年8月1日発売を開始した。

Toyota-86_2017_16.jpg

Toyota-86_2017_17.jpg

Toyota-86_2017_01.jpg

86 スペック

スペック現行86
全長4,240mm
全幅1,775mm
全高1,320mm
ホイールベース2,570mm
エンジン2L 水平対向4気筒 エンジン
最高出力152kW(207ps)/
7,000rpm
147kW(200ps)/
7,000rpm
最大トルク212Nm(21.6kgm)/
6,400rpm〜6,600rpm
205Nm(20.9kgm)/
6,400rpm〜6,600rpm
トランスミッション6速MT6速AT
駆動方式FR
JC08モード燃費11.8km/L12.4km/L

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

ソース

http://www.carscoops.com/2016/12/toyota-confirms-second-gen-gt-86-will.html

トヨタ 86

https://toyota.jp/86/

トヨタ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019