トヨタ 新型 AVANZA(アバンザ)フルモデルチェンジ 7人乗りSUV インドネシアにて2021年11月10日発売

トヨタはBセグメント、7人乗りコンパクトMPV「AVANZA(アバンザ)」を10年ぶりにフルモデルチェンジし2021年11月10日(現地時間)発売した。同日姉妹車となる「VELOZ(ヴェロッツ)」も発売された。

目次

トヨタ 新型 AVANZA(アバンザ)フルモデルチェンジについて

アバンザ(AVANZA)」は、トヨタ自動車とダイハツ工業が共同開発した7人乗り小型ミニバン(MPV)である。ダイハツの新世代のクルマづくり「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」によるインドネシア第2弾商品で、ダイハツモデルは「XENIAセニア)」となる。

プラットフォームを一新し、「 アバンザ(AVANZA) 」として初めてFFレイアウトを採用、高効率パッケージングを実現、広くて使いやすい室内空間をさらに進化。従来型から室内長を160mm拡大し、大人7人がゆったり乗れて荷物も充分に積載できる広くて使いやすい室内空間をさらに進化させながら、取り回しの良いコンパクトボディを実現するとともに、多彩なシートアレンジを設定。

D-CVTを採用、燃費性能を向上、快適な走行性能を実現。インテリア・エクステリアデザインはよりスポーティな印象に仕上げる、従来型より大きな大径タイヤを採用するとともに、インドネシア好みを反映した、よりスポーティなインテリア・エクステリアデザインへ進化使い勝手の良さも向上させながら、求めやすい価格。安全性能は予防安全装備「Toyota Safety Sense&Advance Safety Feature」を導入。

ダイハツ XENIA(セニア)・トヨタ AVANZA(アバンザ)について

トヨタ自動車とダイハツ工業が共同開発した7人乗り小型ミニバン(MPV)である。インドネシアで生産が行われ、主に新興国市場で販売が行われている。ダイハツから「セニア」(XENIA)として「アバンザ」 (AVANZA) 販売されている。

初代は インドネシアにて 2003年12月発表、2004年1月販売開始。プラットフォームは新開発で、ダイハツ・ビーゴ/トヨタ・ラッシュはこれをベースに開発。中国でも2007年6月から第一汽車グループの一汽吉林汽車と販売を開始。

2代目はインドネシアにて2011年11月7日発表、9日から発売開始。プラットフォームは先代のものを流用。2015年8月にマイナーチェンジしスポーティーグレードとなる「ヴェロッツ」を追加。

あわせて読みたい
ダイハツ 新型 XENIA(セニア)フルモデルチェンジ 7人乗りSUV インドネシアにて2021年11月11日発売 ダイハツはインドネシアの現地法人であるアストラ・ダイハツ・モーター社はDNGA初のBセグメント、7人乗りコンパクトMPV「XENIA(セニア)」を10年ぶりにフルモデルチェ...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
トップへ
目次
閉じる