トヨタ 専用EV「e-TNGAプラットフォーム」 上海モーターショー2021 初公開

トヨタは上海モーターショー2021(2021年4月21日から28日(公開日))にてスバルと共同開発した新しいEV専用プラットフォーム「e-TNGAプラットフォーム」をベースにした初の新型電気SUVモデルの発表する。

目次

e-TNGAプラットフォーム

新しいe-TNGAプラットフォームの詳細とともに、様式化されたシルエットを示す別の画像を発表しました。

RAV4と同様のサイズであるが、ホイールベースが長く、オーバーハングが短い、まったく新しい電動トヨタSUVは、世界中で販売されるように設計されており、日本のトヨタのZEV工場で生産される。同社は、今後数か月以内に新しいEVの最終生産バージョンをプレビューする。

e-TNGAプラットフォームは、前輪、後輪、および四輪駆動に対応するように設計されており、さまざまなセグメントのモデルに合わせてさまざまなサイズのバッテリーパックと電気モーターをホストできる。並行して個々のモデルの開発。新しいSUVモデルは、新しいアーキテクチャを使用する6つの新しいEV。

新しいe-TNGAベースのモデルには、小型のクロスオーバー、大型のSUV、セダン、MPVが含まれます。新しい電気トヨタSUVはまた「Evoltis(エヴォルティス)」と名付けられていると噂されているスバルから兄弟モデル。

トヨタZEVファクトリーの副最高責任者である豊島浩二氏は「トヨタは、今後数か月以内にまったく新しい中型SUVを最初にプレビューすることで、次のバッテリー電気ポートフォリオの展開の次のステップを間もなく開始します。「e-TNGAテクノロジーの多様性と柔軟性により、バッテリー駆動であるだけでなく、運転するのがエキサイティングで見た目も美しい車両を設計および作成することができます。」

あわせて読みたい
スバル 新型 EVOLTIS(エヴォルティス)EV SUVタイプ 2022年内発売 スバルはSUVタイプのEV(電気自動車)を2022年内に発売する予定だ。トヨタとスバルは、EVプラットフォームを共同開発する。両社は、共同で開発した車両を、各々のブラン...
あわせて読みたい
トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー TNGA についてまとめ トヨタは2012年4月に「もっといいクルマづくり」の具現化に向けた取り組みの一環として、TNGAの構想が初めて発表された。近年発売されるトヨタ車はトヨタ・ニュー・グロ...

トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー TNGA についてまとめ

トヨタニュースリリース

https://newsroom.toyota.eu/preview-of-toyotas-all-new-battery-electric-suv-confirmed-for-2021-shanghai-motor-show/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる