フォルクスワーゲン 新型 T-Cross 上級モデル「TSI R-Line」追加設定 2021年5月13日発売

フォルクスワーゲンは新型「T-Cross」の上級モデル「TSI R-Line」追加設定し2021年5月13日発売した。

目次

新型 T-Cross 上級モデル「TSI R-Line」

追加設定となる新グレードの「TSI R-Line」は、R-Line専用のエクステリアとインテリアを装備し、新デザイン の18インチアルミホイールを採用。さらに「TSI Active」「TSI Style」などの他のグレードではオプション装備で あるレーンキープアシストシステム“Lane Assist”や駐車支援システム“Park Assist”などの運転支援 システムがセットとなったセーフティパッケージを標準装備。パワートレインは、他のグレード同様に1.0L 3気筒の TSIエンジンに7速DSGを組み合わせ、運転支援システムや 快適装備を多く採用。

新型 T-Cross スペックについて

サイズ T-Cross
グレード TSI Active TSI Style TSI R-Line
全長 4,115mm 4,125mm
全幅 1,760mm 1,785mm
全高 1,580mm
ホイールベース 2,550mm
エンジン 1.0L 3気筒ターボエンジン 
1.0 TSI
最高出力 85kW(116PS)/
5,000rpm-5,500rpm
最大トルク 200Nm(20.4kgm)/
2,000rpm-3,500rpm
トランスミッション 7速DSG
JC08モード燃費 19.3km/L
WLTCモード燃費 16.9m/L
価格 2,780,000円 3,030,000円 3,450,000円

新型 T-Cross について

フォルクスワーゲン生産モジュールMQBプラットフォーム(モジュラー・トランスバース・マトリックス)を採用、堅牢かつ設計自由度の高いシャシを使用し、ボディサイズは全長4,115mm、全幅1,760mm、全高1,580mmとコンパクトなボディサイズとした。また、コンパクトなサイズでありながら広々とした居住性に加えて、クラストップレベルの455Lの荷室、さらに後席のシートバックを倒すと最大1,281Lという広大な空間を得る。また、2,550mm のホイールベースにより、最大5人の乗員がリラックスでき
る広々とした室内を実現。

フォルクスワーゲン 新型 T-Cross 導入記念特別仕様「T-Cross TSI 1st」2020年1月27日発売

あわせて読みたい
フォルクスワーゲン 新型 T-Cross 導入記念特別仕様「T-Cross TSI 1st」2020年1月27日発売 フォルクスワーゲン 新型「T-Cross」の日本導入を記念して、導入記念特別仕様の「T-Cross TSI 1st」、装備の充実を図った「T-Cross TSI 1st Plus」の受注を2019年11月27...

T-Cross

あわせて読みたい
T-Cross | SUV | フォルクスワーゲン公式 フォルクスワーゲン「T-Cross」のご案内。ギャラリー、ハイライト、カラーなどクルマの詳細をご覧いただけます。

フォルクスワーゲン ニュースリリース

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる