ジープ 新型 グランド ワゴニア・ワゴニア フラッグシップSUV 2021年3月11日発表

ジープはフラッグシップSUVとなる新型「グランド ワゴニア」「ワゴニア」を2021年3月11日(現地時間)デジタルワールドプレミアした。「グランドワゴニア」は1984年-1991年に発売されていたがその後廃盤となっており実に30年ぶり復活をしフルモデルチェンジとなる。

目次

新型グランド ワゴニアについて

フルサイズのプレミアムSUVは様々なテクノロジーを搭載した3列シートプラグインハイブリッドで、SUVに業界初の乗客用インフォテインメントスクリーンを備えている。ワゴニアもグランドワゴニアも3列シートで、ラダーフレームシャーシを採用。

新型グランド ワゴニア エクステリアについて

エクステリアデザインは、7つのスロットのそれぞれが複雑な軽量格子構造を特徴とする、広いオブシディアンブラックをアクセントにしたグリル。スロット上部とスロット間のスペースが照らされ、グリル上部の「ワゴニア」の文字。グリルに隣接するのは、本物のチーク材で支えられた2機能のLEDプロジェクターヘッドライト。フロントエンドには、アクセント付きフロント牽引フックの横にLEDフォグライトとObsidian Blackアルミニウムスキッドプレートが付いている。

24インチマルチスポークのアルミホイール、サイドアクセントが付いた浮き彫りのアルミ文字は、ドアの下3分の1に米国の旗と共に「GRAND WAGONEER」の文字。

LEDテールライトが薄い照明付きのストリップで一体化され、微妙なリアディフューザーがパワーテールゲートの下に配置。

新型グランド ワゴニア インテリアについて

インテリアは7人の乗客を収容する3列の座席を提供。FCAグループの最新インフォテインメントシステム、Androidベースである「Uconnect 5」が採用。助手席側のスクリーンはガラス上のプライバシーフィルムによって運転者から保護されており、12.1インチのセンターコンソールディスプレイと12.3インチのデジタルインストルメントパネルを搭載。さらに、中央ディスプレイの下に10.25インチの水平快適タッチスクリーンがあり、シートと4ゾーンの温度調節を制御できる。

2列目後部座席には2つの10.25インチの画面により、メディアを見たり、インターネットを閲覧したり、目的地を見つけてドライバーに送信したりできる。センターコンソールの間に配置された3番目のディスプレイは10.1インチ画面を採用し空調や照明などの調節が可能だ。

Dinamica製のフルスエードヘッドライナー、Thriveファイバー製のプレミアムカーペット、座席、コンソール、ドア、インストルメントパネルの表面用のPUR張りが含まれる。24チャンネルのアンプに接続された23スピーカーの「マッキントッシュオーディオシステム」です。これは、クラシックなアメリカの高級ブランドのハイエンドホームオーディオシステムを搭載した唯一の車載オーディオシステムを搭載。

新型グランド ワゴニア スペックについて

プラグインハイブリッドパワートレイン、高性能4×4システム、Quadra-Liftエアサスペンション、独立式サスペンションを採用。

ワゴニアとグランドワゴニアはどちらも、8速オートマチックトランスミッションを備えたV8エンジンを搭載。ただし、パワートレイン自体は異なり、ワゴニアには5.7L  V8エンジンの最高出力は392hp(292 kW)、最大トルクは404 lb-ft(548 Nm)。グランドワゴニアは6.4L V8エンジン最高出力471 hp(351 kW)最大トルク455 lb-ft(617 Nm)、6秒フラットで0-60mph(0-96km / h)を実行。

ワゴニアは最大10,000ポンド(4,536 kg)を牽引できますが、グランドワゴニアの重量は9,860ポンド(4,472 kg)しか牽引できない。

ジープ 新型 グランド ワゴニア フラッグシップSUV コンセプトモデルを 2020年9月3日発表

あわせて読みたい
ジープ 新型 グランド ワゴニア フラッグシップSUV コンセプトモデルを 2020年9月3日発表 ジープはフラッグシップSUVとなる新型「グランド ワゴニア」の量産モデルに近いコンセプトカーを2020年9月3日発表した。発売は2021年頃になる。「グランドワゴニア」は1...

ジープ

あわせて読みたい
Jeep Japan 公式サイト ジープジャパン公式サイト。SUVのパイオニアとして歴史を積み重ねてきたジープのラインアップ、ご購入サポート情報やキャンペーン情報、資料請求、試乗予約、お見積もり、...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる