MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ルノー カジャー後継 新型SUV「オーストラル」パリモーターショー2022公開

ルノーは、新型SUV「Austral(オーストラル)」を2022年3月8日(現地時間)発表した。欧州では2022年秋に納車を開始する。フランス パリで開催されているパリモーターショー2022で「オーストラル」が公開された。

目次

ルノー 新型「オーストラル」エクステリアについて

ルノー・日産ア​​ライアンスによる共同開発した「CMF-CDプラットフォーム」を用いた全長4,510mm、全幅1,825mm、全高1,618mm、ホイールベース2,667mmの2列シート、5人乗りCセグメントSUV。「アスレチックSUV」とし「SENSUAL TECH」と呼ぶ新しいデザイン言語を用いて、曲線的で官能的なフォルムを構築。17インチアルミホイール (20インチはオプション) を採用。

ルノー 新型「オーストラル」インテリアについて

インテリアは、12.3インチのデジタルゲージパック、12インチの垂直コンソールタッチスクリーン、および 9.3 インチのヘッドアップ ディスプレイの組み合わせのおかげで、少なくともトレンドに合っているように見えます。インフォテインメント システムには Google が組み込まれており、特注の Harman Kardon Hi-Fi システムをオプションで選択できる。

前後に走る物理的なドライブシャフトがないにもかかわらず、ルノーはドライバーとパッセンジャーを分離する大きなコンソールを作成することを選択。その理由の1つは、コントロールを収容するタッチスクリーンを操作しやすくするためにアームレストを作成すること。

ルノー 新型「オーストラル」パワートレインについて

前輪駆動のみで、3つのパワートレインから選択できる、ベースエンジンは、1.3L 4気筒ガソリンエンジンに12Vのリチウムイオンバッテリーを組み合わせた旧式のマイルドハイブリッド。マニュアル トランスミッションを注文した場合は 最高出力138hp (140PS)、オートマチックを選択した場合は最高出力158 hp (160 PS) を発揮し、136 g/km の CO2 を排出。

マイルド ハイブリッド アドバンスト エンジンは、より新しく、より環境に優しく、ヨーロッパで急速に人気が低下しているディーゼルの真の代替品であるとルノーは述べている。1.2L 3気筒エンジンに48vのリチウムイオンバッテリーを組み合わせ、最高出力128hp(130PS)を発生し、123g/kmの空気中の泥を排出。

E-Tech フルハイブリッドパワートレイン、1.2L 3気筒ガソリンエンジンから、ルノーは車を駆動するための 1 つの電気モーターと、内燃モーターを始動してバッテリーを充電するための高電圧スターターオルタネーターを追加。最高出力158hp (160PS) または最高出力197hp (200PS) のいずれかで利用可能であり、Austral E-Techは全電気モードで都市道路で 80% の時間を費やすことができるため、消費電力が40%少なくなります。従来の ICE クロスオーバーよりも燃料が少なく、105g/km の CO2 定格を達成。

あわせて読みたい
ルノー カジャー後継 新型SUV「オーストラル」欧州 2022年春発売 ルノーは、新型SUV「オーストラル」2022年春に欧州で発売すると発表した。2022年にカジャーに取って代わる次のC-SUVに関するいくつかの詳細を明らかにするビデオティー...

ルノー

https://www.renault.jp/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次