MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

BMW 新型 3シリーズ マイナーチェンジ 2022年5月18日 発表

BMWは、3シリーズのセダン / ツーリングのマイナーチェンジを行い、2022年5月18日(現地時間)発表した。

目次

BMW 新型 3シリーズ マイナーチェンジ エクステリアについて

新しいデザインのヘッドライトとBMWキドニーグリルを採用。ダイナミックなライン、大きなエアインテークを備えたフロントエプロンは、新型「BMW3シリーズセダン」と「BMW3シリーズツーリング」のスポーティな外観をさらに強調。

再設計されたヘッドライトとキドニーグリルも、車に強い視覚的存在感を与える。標準のフルLEDヘッドライトは今でははるかにスリムになり、明確な輪郭と日中走行用ライトが逆L字型に配置され、調和のとれたモダンな外観を作り出している。アダプティブLEDヘッドライトはオプションで利用可能で、カバー内の青いアクセントで識別。ヘッドライトユニットの下の青い光の効果はまた、暗闇の時間帯にフロントエンドに印象的で高級な外観を与えます。アダプティブLEDヘッドライトの機能範囲には、コーナリングライトと眩しくないマトリックスハイビーム、動的ヘッドライト範囲制御と可変配光が含まれる。軽く変更された輪郭と新しいダブルバーは、BMWキドニーグリルにさらにパワフルな外観を与え、キドニーグリルの下に配置されたブラックのハイグロスのエアインテークは、ブレーキシステムを冷却し、洗練されたタッチを追加。エクステリアデザインに織り込まれたダイナミズムとモダニティへのこだわりは、再構築されたモデルの範囲にも反映されています。ニューBMW3シリーズは、標準仕様ですでに大胆にスポーティな外観を備えています。現在標準となっているMハイグロスシャドウライントリムによってさらに強調された視覚的品質です。これに加えて、セダンモデルの標準仕様には、17インチのアルミホイールが含まれている。

BMW 新型 3シリーズ マイナーチェンジ インテリアについて

BMWカーブドディスプレイを備えた新設計のコックピットを採用した。インテリアは、包括的なアップデートが施されています。ブランドの典型的なドライバーフォーカスの新しい解釈は、標準装備のBMWカーブドディスプレイによって具現化。ステアリングホイールの後ろにある12.3インチディスプレイと、画面の対角線が14.9インチのコントロールディスプレイが、1つの完全にデジタル化された高解像度のユニットに統合されている。最先端のコックピットの設計は、その中心に進歩的なデジタル化があり、タッチと音声の制御を優先してボタンとコントロールの数を大幅に減らす。

最新世代のBMWオペレーティングシステム8を搭載した多感覚車両体験BMWiDriveは、強力な接続性とデータ処理機能に加えて、ドライバーと車両間の直感的な対話により、デジタルの未来への道を切り開く。この中心となるのは、BMWカーブドディスプレイとBMWインテリジェントパーソナルアシスタントの拡張機能。

My BMW Appは、ドライバーと車両の間のユニバーサルデジタルインターフェースとして機能し、プラグインハイブリッドモデルの高電圧バッテリーの充電プロセスを制御します。新しいBMW3シリーズセダンと新しいBMW3シリーズツーリングの内部で、顧客は5Gモバイルテクノロジーで動作するように設計された「Personal eSIM」、ユーザーエクスペリエンスを個別化するためのBMW ID、および「AppleCarPlay」とのスマートフォン統合をさらに改善することができます。 「AndroidAuto」。一方、「BMW ConnectedDrive Upgrades」機能は、新しいBMW3シリーズを最新のソフトウェアで最新の状態に保ちます。アップグレードの内容は、新しいサービスから改善された車両機能。

8速ステップトロニックトランスミッションのセレクターレバーも新しいデザイン。センターコンソールのコントロールパネルに、スタート/ストップボタン、iDriveコントローラー、ドライビングエクスペリエンスコントロールボタン、パーキングブレーキ、その他の車両機能とともに配置されている。3ゾーン調整機能を備えた自動気候制御システムが標準装備。自動調光バックミラー、拡張ストレージパッケージ、およびフロントとリアにセンサーを備えたパークディスタンスコントロール(PDC)が含まれる。すべてのモデルには、BMWマップナビゲーションシステムを含むBMWライブコックピットプラスも付属。

BMW 新型 3シリーズ マイナーチェンジ 運転支援システムについて

新型「BMW3シリーズ」の快適性と安全性を別の新しいレベルに引き上げるために、多数の自動運転および駐車システムが利用可能。標準装備には、サイクリスト、車両、歩行者の存在を検出するブレーキ介入付きのフロント衝突警告、ブレーキ機能付きのクルーズコントロール、追い越しインジケーター付きの制限速度表示、手動速度制限アシスト、車線復帰付きの車線逸脱警告が含まれる。オプションには、車線変更警告、BMWヘッドアップディスプレイおよびドライビングアシスタントプロフェッショナルが含まれる。ステアリングおよびレーンコントロールアシスタントと、Stop&Go機能、自動制限速度アシスト、ルート監視機能、信号機検出機能を備えたアクティブクルーズコントロールシステムで構成。

あわせて読みたい
BMW 新型 3シリーズ フルモデルチェンジ 最新世代ドライバーアシスタントシステム搭載 2019年1月30日発売 BMWは新型3シリーズのフルモデルチェンジを2018年に行い発売する。日本では2019年1月30日発売を開始した。クリーンディーゼルエンジン搭載モデル「320d xDrive」2019年5...

BMW ニュースリリース

https://www.press.bmwgroup.com/global/article/detail/T0388273EN/the-new-bmw-3-series-sedan-and-the-new-bmw-3-series-touring

BMW 3シリーズ

https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/3-series/sedan/2021/3-series.html

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる