MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

トヨタ 新型「bZ3」バッテリーEV シリーズ第2弾 BYDと協業 2022年10月24日 中国にて発表

トヨタは、bZシリーズの第2弾となる新型「bZ3」を2022年10月24日(現地時間)発表した。「bZ3」は、トヨタと比亜迪股份有限公司(BYD)が合弁で設立した「BYD TOYOTA EV TECHNOLOGY カンパニー有限会社」と「一汽トヨタ自動車有限会社(一汽トヨタ)」が共同開発した、セダンタイプのバッテリーEVで、一汽トヨタより生産・販売する予定。

目次

トヨタ 新型 「bZ3」について

「bZ3」はトヨタとBYDが合弁で設立した電動車技術会社「BTET」と「一汽トヨタ」の3社連携で開発。トヨタのデザイン、生産、技術、品質管理等の分野から100名以上のエンジニアが参加、BYDや一汽トヨタのエンジニアと一体になった開発体制の下で新たなBEVをご提供。

BYDのリチウムイオンLFP電池(リン酸鉄リチウムを使用)をベースに、トヨタが長年HEV開発を通じて蓄積してきた電動化技術と経験を融合して、電池構造、冷却システム、制御システムと安全監視システムを新たに設計、高品質、高効率、先進的でかつ安心・安全な電動システム。最長航続距離は600kmを超えている。トヨタの電動化技術により、「10年後でも90%の電池容量を維持すること」を開発目標に、電池劣化抑制に努めた。

TOYOTA bZ3はe-TNGAによる、低重心、優れた操縦安定性で意のままに、気持ち良い走りを実現。ドライビングポジションは筋肉への負担が少ない姿勢とし、遠距離運転の疲労軽減に貢献する。「走る」「止まる」「曲がる」という走りの特性には、トヨタの80年以上のクルマづくりの経験や、モータースポーツで培ってきたノウハウを活用。アクセル、ブレーキ、ステアリング作動特性を最適にチューニングし、運転者にも同乗者にも、気持ち良い乗り心地を実現。

トヨタ 新型 「bZ3」スペックについて

スペックbZ3
全長4,725mm
全幅1,835mm
全高1,475mm
ホイールベース2,880mm
Cd値0.218Cd
乗車人数5名
電池種類リチウムイオン電池
(正極にLFPを採用)

「bZ3」の日本発売はあるのか?

「BZ3(ビイゼットスリー)」は2020年9月22日に日本の特許庁に申請(商願2020-116944)しており可能性がないわけではない。更に業務提携している「BYD」も日本市場に2023年から参入を決めており保守的な要素を考えても2023年以降であれば導入が考えられるだろう。

あわせて読みたい
EVとPHEVの合計販売台数世界一「BYD」 バッテリEV 3車種で日本市場へ参入 2023年順次発売 BYDは2022年7月21日、日本の乗用車市場へ参入を決定したと発表。2023年1月より順次、バッテリEV(電気自動車)3車種の販売を開始する。2023年1月に発売予定の「ATTO 3(...
あわせて読みたい
トヨタ 新型 BZ3 セダンタイプの電気自動車 中国モデル 2023年発売 トヨタはセダンタイプの電気自動車新型「BZ3」を中国にて2023年に発売する予定だ。「BZ3(ビイゼットスリー)」は2020年9月22日に日本の特許庁に申請(商願2020-116944...
あわせて読みたい
トヨタ 新型BEV「bZシリーズ」 2021年12月14日発表 トヨタは、バッテリEV戦略に関する説明会を開催。新型BEV(バッテリEV)「bZ」シリーズを2021年12月14日公開した。なんと今回はトヨタとレクサス合わせ一気に16車種のバ...

トヨタニュースリリース

https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/38131640.html

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次