MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

スバル 新型 クロストレック(XV) VS ホンダ 新型 ZR-V 徹底比較

スバルは「クロストレック(旧日本モデル名:SUBARU XV)」のフルモデルチェンジを行い日本仕様プロトタイプを2022年9月15日世界初公開した。2023年に発売する。ホンダはシビックベースのミドルサイズSUV、新型「ZR-V」を日本にて2023年4月発売する。競合車種となるスペックを元に競合比較してみた。

目次

スバル 新型「クロストレック」仕様について

「SUBARU XV」の後継として車名を、グローバルで「CROSSTREK(クロストレック)」に統一。新型SUV「CROSSTREK(クロストレック)」は従来型の個性的なデザインをさらに際立たせ、動的質感にもより磨きをかけた。新世代アイサイトに加え、広角単眼カメラも日本仕様として初めて採用する、高い安全性能を実現。従来型でも評価の高かったスバルグローバルプラットフォームの衝突安全性のポテンシャルをさらに引き上げ、フルインナーフレーム構造の採用や、構造用接着剤の適用拡大、サスペンション取り付け部の剛性向上など、最新の知見や技術を盛りこんだ。対前面衝突では、バンパービームを車両外側まで拡大する、衝突サブフレームを追加。対車両の衝突事故において自車の衝突安全性だけでなく、相手側の乗員を守る性能(コンパティビリティ)も高めました。レガシィ アウトバックと同様、実際の正面衝突事故を想定して、コンパティビリティを評価する新たな前面衝突試験「MPDB(Mobile Progressive Deformable Barrier)」を導入。先代XVにはないコネクテッド機能「SUBARU STARLINK」を採用。

スバル 新型「クロストレック」エクステリアデザイン

厚みを感じさせる高いフード位置により、逞しさを表現。さらにシャープさを感じさせるフロントグリルバーやLEDヘッドランプにより、軽快かつ精悍なイメージのフロントマスクに仕立てた。「フルLEDハイ&ロービームランプ+LEDコーナリングランプ」をスバル初採用。上級グレードには、18インチアルミホイールを採用。新色のオフショアブルー・メタリックとオアシスブルーを含む、全9色のエクステリアカラーを設定。

スバル 新型「クロストレック」インテリアデザイン

マルチマテリアルの多層構造とすることで、各素材の風合いを活かした、シンプルでありながら表情豊かなインパネデザインとしました。センターコンソール上面の位置を高くして包まれ感と上質感を表現するとともに、操作性も向上させました。さらに工夫を凝らした収納も充実させて使い勝手の良さを感じさせるインテリアに仕立てました。上級グレードには、ファブリック(シルバーステッチ)。標準グレードには、トリコット(シルバーステッチ)を採用。メーカー装着オプションとして本革シートも設定。新たに11.6インチセンターインフォメーションディスプレイの大画面を採用、スマートフォンとの連携機能を大幅に強化。スバル初4つのカメラ映像を合成して車両周囲360°を映し出す「デジタルマルチビューモニター」を採用

スバル 新型「クロストレック」新世代アイサイト採用

トリプルカメラ(ステレオカメラユニット+広角単眼カメラ)を採用し、性能を向上。新型ステレオカメラユニットは画角を従来型の約2倍と大幅に拡大。画像認識ソフトや制御ソフトを改良し、より広く遠い範囲まで認識できるようにした。フロントガラス取り付け式に変更するとともに、レンズフードを採用し、レンズに誤って触れることがないようにした。広角単眼カメラ(SUBARU日本市場初)は、低速での走行時に、新型ステレオカメラよりも広角で、二輪車/歩行者を認識できる単眼カメラを新採用。プリクラッシュブレーキで対応できるシチュエーションを拡大し、歴代アイサイトとして最高の性能を実現。

スバル 新型「クロストレック」スペックについて

XVまで採用されていたガソリンモデル1.6L 水平対向 4気筒DOHC エンジンを廃止。2.0L 水平対向4気筒DOHC直噴エンジン「FB20型」+モーターアシスト「e-BOXER」モデルの一本化。

新型「クロストレック」の情報はこちら

あわせて読みたい
スバル 新型「クロストレック」として「XV」をフルモデルチェンジ 2022年9月15日発表 スバルは、新型「CROSSTREK(クロストレック)」の日本仕様プロトタイプを2022年9月15日世界初公開した。第3世代となる新型では、これまで市場によって使い分けていた「...

新型 「ZR-V」 仕様について

エクステリアは、フロントからリアにかけて、ボリューム豊かで滑らかな面が特徴的な流麗なプロポーションとした。フロントは、周囲の形状と連続性を持たせたバーチカル(垂直)グリルと、横長でシャープなヘッドライトにより、上質でありながら凛々しく存在感のある表情。リアは、ボディの下まわりにボリュームを持たせつつ、上に向かってなめらかに絞り込むことでワイドトレッドを強調した造形。車体の大きさは、週末のレジャーなどさまざまなアクティビティーを楽しむのに充分な室内空間の広さや実用性を備えながらも、街中でも軽快に運転できる扱いやすいサイズとした。ボディサイズは全長4,580mm、全幅1,800mm、全高1,630mm、ホイールベース2,735mm。

インテリアは、左右に伸びやかに広がるインストルメントパネルを採用することで、広々とした空間を演出しました。また、細部にわたる部品の仕立ても、機能的で緻密な仕上げによって造形の美しさを際立たせ、1クラス上の上質な室内空間を目指した。ハイデッキセンターコンソールによって運転席と助手席を分けることでパーソナルな空間を創出。

インテリアは「オートブレーキホールド」機能を搭載し停車中にブレーキペダルから足を離しても停車状態を保って、アクセルを踏むと解除されるので渋滞時などで活躍してくれるパーキングブレーキシステム」を採用する。新世代コネクテッド技術を搭載した車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダコネクト)」を通じて、より安心・快適なカーライフが楽しめるコネクテッドサービス「Honda Total Care プレミアム(ホンダ トータルケア プレミアム)」を提供。センターディスプレイには「9インチHonda CONNECTホンダディスプレイ」を採用。「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応。ホンダ車専用車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダ コネクト)」を搭載。「Honda Total Care プレミアム(ホンダ トータルケア プレミアム)」をご利用可能。スマートフォンによるリモート操作や、事故などの緊急時にクルマ自体が緊急サポートセンターに繋がり、迅速で的確な対応が可能となるトラブルサポートが可能。「自動地図更新サービス」を搭載。スマートフォンがキーの代わりになる「Hondaデジタルキー」「Honda アプリセンター」車内でデータ通信容量を購入し、インターネットに接続して楽しめる「車内Wi-Fi」を採用。

新型「ZR-V」の情報はこちら

あわせて読みたい
ホンダ 新型 ZR-V e:HEVの実車を見てきた 日本で売れるのか?気になる仕様と考察をまとめてみた ホンダはシビックベースのミドルサイズSUV、新型「ZR-V」を2022年9月8日に先行予約受付を開始、同時にZR-Vに関する新情報を特設サイトで公開。日本にて2023年4月発売す...
あわせて読みたい
超カッコいい 魅力的な「ZR-V」シビックベースのミドルサイズSUV 2023年4月発売 ホンダはシビックベースのミドルサイズSUV新型「ZR-V」 を日本にて2023年4月発売する。2022年9月8日に先行予約受付を開始。数多くあるホンダのSUVとして一体どんな進化...
あわせて読みたい
ホンダ 新型 ZR-V シビックベースのミドルサイズSUV 日本 2023年4月21日発売 ホンダはシビックベースのミドルサイズSUV新型「ZR-V」 を日本にて2023年4月21日発売する。2022年9月8日に先行予約受付を開始。「ZR-V」は2020年10月12日に日本の特許庁...

スバル 新型 「クロストレック」 VS  ホンダ 新型 「ZR-V」ボディサイズ比較

「ZR-V」の方が大きく、全長+100mm、全幅+0mm、全高-50mmとなる。ホイールベース+65mmとなっている

スペック新型ZR-V新型クロストレック
全長4,580mm4,480mm
全幅1,800mm1,800mm
全高1,630mm1,580mm
ホイールベース2,735mm2,670mm
最小回転半径5.3~5.5m5.4m

スバル 新型 「クロストレック」 VS ホンダ 新型「ZR-V」 ハイブリッドモデル比較

スペック新型ZR-V新型クロストレック
エンジン2.0L 直4 DOHC
i-VTEC
+モーター
(e:HEV)
2.0L 水平対向4気筒DOHC
直噴エンジン「FB20型」
+モーターアシスト「e-BOXER」
最高出力107kW(145ps)/
6,200rpm
107kW(145ps)/
6,000rpm
最大トルク175Nm(17.8kgm)/
4,000rpm
188Nm(19.2kgm)/
4,000rpm
モーター
最高出力
135kW(184PS)/
5,000-6,000rpm
10kW(13.6ps)
モーター
最大トルク
315N・m(32.1kgf・m)/
0-2000rpm
65Nm(6.6kgm)
トランス
ミッション
電気式
無段階変速機
CVT(リニアトロニック)
駆動方式2WD/4WDAWD
WLTCモード
燃費
-km/L(2WD)
-km/L(4WD)
15.0km/L(4WD)
価格(10%)3,298,900円
4,119,500円
約280万円~
330万円

スバル 新型 「クロストレック」 VS ホンダ 新型「ヴェゼル」 安全技術 比較

安全装備ではどちらもクラスを超えた多くの機能を備えており、運転者をサポートしてくれる。

システム 装備新型ZR-V新型クロストレック
衝突軽減ブレーキシステム
誤発進抑制機能
歩行者事故低減ステアリング
路外逸脱抑制機能
渋滞追従機能付ACC
車線維持支援システム
先行車発進お知らせ機能
標識認識機能
後方誤発進抑制機能
オートマチックハイビーム
近距離衝突軽減ブレーキ
ブラインドスポットモニター

※最新自動車情報調べ 発売前の情報も含まれているため間違えもあります。

スバル 新型 「クロストレック」 VS ホンダ 新型「ヴェゼル」 装備 比較

システム 装備新型ZR-V新型クロストレック
オートブレーキ&ホールド
ディスプレイオーディオ
マルチビューカメラシステム
ヒルスタートアシスト
コネクティッドサービス

※最新自動車情報調べ 発売前の情報も含まれているため間違えもあります。

最後に一言

新型ZR-Vはハイブリッド(e:HEV)を搭載しWLTCモード燃費では素晴らしい燃費を兼ね備えている、新型クロストレックがWLTCモード燃費15.0km/LとZR-V軍配があがる。価格面では「クロストレック」の方がスタートは安い。デザインは好き好きがあるのでなんとも言えないが「クロストレック」のライバル車種となることは間違いなさそうだ。

あわせて読みたい
価格や仕様が判明 新型「ZR-V」発売は2023年4月 ホンダは2023年4月に「ZR-V」を発売する。事前予約が2022年9月8日にスタートしており、実際にディーラーにて価格や仕様を確認してきたので内容についてまとめてみた。一...
あわせて読みたい
ホンダ 新型 ZR-V VS トヨタ 新型 カローラ クロス  徹底比較 ホンダはシビックベースのミドルサイズSUV、新型「ZR-V」を日本にて2023年4月発売する。競合車種となるトヨタは新型カローラに新型コンパクトSUV「カローラ クロス」を...

ホンダ ZR-V

https://www.honda.co.jp/ZR-V/new/

スバル クロストレック

https://www.subaru.jp/crosstrek/crosstrek/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次