トヨタ 新型 タンドラ 2022モデル フルモデルチェンジ 世界初公開

トヨタは2022フルサイズピックアップトラック「Tundra(タンドラ)」をフルモデルチェンジを行い米国にて2021年9月19日(現地時間)に世界初公開した。2021年後半から米国をにて販売開始予定。

目次

新型 タンドラ 2022モデル

2022年モデルのフルモデルチェンジした 「タンドラ」は 大胆なエクステリアスタイリングが印象的である。新しい高強度ボックス型スチールラダーフレーム、アルミニウム強化複合ベッド、完全に再設計されたマルチリンクリアサスペンションなど、改善と機能強化がたくさんある。開発努力の結果、頑丈な新しいタンドラは、最大12,000ポンドの印象的な最大牽引能力と1,940ポンドの最大積載量を実現。

新型 タンドラ 2022モデル インテリア

モダンなデザインは、より高品質の素材と改良されたデザインを備えたハイテクコックピットがあるため、キャビンでも継続。まったく新しいステアリングホイールの後ろに座り、アナログゲージと4.1インチのマルチインフォメーションディスプレイまたは12.3インチのデジタルインストルメントクラスターを採用。ドライバーはスタートアップ時に国立公園をフィーチャーした5つのアニメーションの1つで迎えられる。

デジタルインストルメントクラスターは、牽引ゲージからピッチアンドロールディスプレイまでのオプションを含むカスタマイズ可能なコンテンツを特徴。クラスターは、選択したドライブモードに応じて変化し、けん引またはオフロードに関する特定の情報を提供。

最終的に他のモデルに広がるトヨタのまったく新しいオーディオマルチメディアインフォテインメントシステム。このシステムは8インチまたは14インチのディスプレイを備えており、以前のインフォテインメントシステムの5倍の処理能力を備えている。ユーザーは、ワイヤレスのAndroidAutoとAppleCarPlayの互換性に加えて、仮想インテリジェントアシスタントとGoogleの興味のあるポイントデータも見つけることができる。 仮想インテリジェントアシスタント は「Hey / Hi / Hello / OK Toyota」などのシンプルなウェイクアップフレーズを使用しこれまでになく高度でパーソナライズされた使いやすい仮想コンパニオンを提供。

ゴム引きのアクセントが付いた高品質のノブを含むまったく新しい開閉装置を備えている。このモデルは、便利なワイヤレススマートフォン充電器と、格納式のフロントトレイを備えたまったく新しいセンターコンソールも備えている。

スタイリッシュなツートンカラーのレザーシートとウッドトリムを備えている。トラックには、加熱/換気されたフロントシートとリアシート、および加熱された革製ステアリングホイールも装備。CrewMaxのバリエーションには、印象的な足元スペースを備えた広々とした後部座席もあり。

新型 タンドラ 2022モデル パワートレイン

i-ForceMaxと呼ばれるまったく新しいハイブリッドパワートレインの追加です。最高出力437 hp(326 kW / 443 PS)および最大トルク583 lb-ft(790 Nm)を発生する。

あわせて読みたい
トヨタ 新しいパワートレイン「iForce MAX」2022年型 タンドラ搭載 トヨタは、新型パワートレーン「iForce MAX」を2021年6月15日(現地時間)公開した。 【新しいパワートレイン「iForce MAX」】 2022フルサイズピックアップトラック「Tu...

パワートレインは大量のトルクを発生させることに重点を置いているため、同社はハイブリッドルートを採用し。TRXバリアントを除外すると、エンジニアは、大量の出力がシルバラードのエンジンベイのすべてに最適であり、Ram 1500に対して同じことを行うため、ミッションが達成されたと宣言できます。また、F-150のすべての主流エンジンを打ち負かし、ラプターより13 hp(10 kW / 13 PS)少なく、73 lb-ft(99 Nm)多くなっている。モーターは、後部座席の下にあるニッケル水素電池で駆動。これにより、トラックは低速で電気だけで動作することができますが、本当の利点は、エンジンと電気モーターが連携してそれらを組み合わせた出力を生成すること。2022年のタンドラは最大12,000ポンド(5,443 kg)をけん引でき、これは、17.6%の増加です。最大ペイロード容量も1,940ポンド(880 kg)に増加し、これは11%以上のup。

さらに、2つの牽引/運搬モードがあります。標準モードはスロットルレスポンスを向上させ、小型トレーラーや小型ボートなどの軽度から中程度のアイテムを牽引するのに理想的です。一方、Tow / Haul +モードは、大型ボックストレーラー、ボート、キャンパーを牽引するために設計された、より積極的なスロットル応答を備えています。ハイブリッドパワートレインを搭載したモデルでは、Tow / Haul +モードにより、電気モーターが連続運転され、応答性が向上します。また、エンジンの停止/始動機能が無効になり、最大のパフォーマンスが得られる。

けん引にこだわるツンドラには、インフォテインメントシステム上のトラックのトップダウンビューを提供するパノラマビューモニターがあります。また、トラックの荷台、トレーラーの両側にあるものを示す分割ビュー、およびトレーラーの接続を支援するヒッチビューも表示されます。

視野を拡大する新しいパワーエクステンディングトウミラー。LEDトレーラーライトが組み込まれており、夜間にトレーラーをバックアップするときに後方に光る。トレーラーバックガイダンスとストレートパスアシスト機能もあり、トラックとトレーラーが直線的に後退することを保証。統合されたトレーラーブレーキコントローラーとブラインドスポットモニターによって結合される。

新型 タンドラ 2022モデル プラットフォーム

まったく新しいトラックにはまったく新しいプラットフォーム、トヨタはランドクルーザーと共有される完全にボックス化されたスチール製のはしごフレームを選択。リアフレームメンバーの幅を広くし、安定性と牽引力を向上させ、シャーシ全体に高張力鋼を採用して剛性を高めている。軽量化のためにアルミニウムを使用していますが、フレームクロスメンバーは、追加の剛性と補強を提供するためにサイズが2倍以上になっています。エンジニアはまた、ステアリングボックスに新しいフロントクロスメンバーを追加しました。これにより剛性が増し、ステアリング入力とハンドリングの強化も約束されている。

2022年式タンドラの最も注目すべき点の1つは、板ばねを捨て、コイルばねを備えたマルチリンク式リアサスペンションを採用していることです。トヨタは、この変更により乗り心地、直線安定性、ハンドリング、牽引能力が向上すると述べている。ショックアブソーバーもフレームレールの外側に再配置され、効率とロールダンピングが向上。

新型 タンドラ 2022モデル Toyota Safety Sense2.5 採用

2022年のすべてのツンドラにはToyota Safety Sense2.5スイートの運転支援システムを採用。歩行者とサイクリストの検出機能を備えたプリコリジョンシステムと、緊急ステアリングアシストが含まれている。その他のハイライトには、動的レーダークルーズコントロール、車線逸脱警報、車線追跡支援(車線中央維持)、自動ハイビームなどがあります。これらの機能には、ブラインドスポットモニター、道路標識アシスト、後部座席のリマインダーが加わります。このモデルは、低速衝突が差し迫っている場合にトラックに自動的にブレーキをかけることができるリアクロストラフィックアラートとパーキングサポートブレーキも提供。

新型 タンドラ 2022モデル グレード

新型「タンドラ」2022モデル のグレード構成は「SR」「SR5」「Limited」「Platinum」「1794」「TRD Pro」となる。

トヨタニュースリリース

Toyota USA Newsroom
Absolute Powerhouse: Next-Generation 2022 Toyota Tundra - Toyota USA Newsroom PLANO, Texas (September 19, 2021) – With a plethora of adventure-ready, go-anywhere, been-anywhere vehicles cementing its foundation, the all-new 2022 Toyota Tu...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる