MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

BMW 新型 7シリーズ BEV車 新型「i7」 新たに2つの電気自動車モデルを日本モデルに追加 2023年5月29日発売

当ページのリンクには広告が含まれています。
BMW i7

BMWは、圧倒的な存在感を放つ究極の最高峰ラグジュアリー・セダン「BMW 7シリーズ」のラインアップに、新たに2つの電気自動車モデルを追加し、2023年5月29日発売する。納車は、本年第四四半期以降を予定している。BMW 7シリーズには、電気自動車「BMW i7 xDrive60」がラインアップされているが、今回、さらに2つの電気自動車モデルを追加する。

目次

BMW 新型 7シリーズ BEV車 新型「i7」 新たに2つの電気自動車モデル 追加

BMW i7 eDrive50

「BMW i7 eDrive50」は、最高出力455PS(335kW)を発揮する電気モーターにて後輪を駆動するBMW 伝統の後輪駆動モデル。最大トルクは650Nm、0-100km/h加速5.5秒。ボディ床下に収納されているリチウムイオン電池の総エネルギー量は105.7kWh、一充電での走行可能距離は約575-611km。

BMW i7 M70 xDrive

「BMW i7 M70 xDrive」は、最高出力258PS(190kW)を発揮する1つの電気モーターが前輪に、最高出力489PS(360kW)を発揮する1 つの電気モーターが後輪にある、4輪駆動モデルのM ハイ・パフォーマンス・モデルである。システム・トータルでの最高出力は659PS(485kW)最大トルクは1,015Nmであり、0-100km/h加速3.7 秒。ボディ床下に収納されているリチウムイオン電池の総エネルギー量は105.7kWhであり、一充電での走行可能距離は488-560km。

BMW 740i

BMW 740iは、最高出力380PS(280kW)、最大トルク520Nmを発揮する高効率な最新型の3.0L直列6気筒BMWツインパワー・ターボ・ガソリン・エンジンに、ダイナミックな走りを実現する8速オートマチック・トランスミッション、48Vマイルドハイブリッド・システムが組み合わされ、システムトータル最高出力380PS(280kW)、システム・トータル最大トルク540Nm。

BMW 740d

BMW 740dは、最高出力286PS(210kW)、最大トルク650Nmを発揮する高効率な最新型3.0L直列6気筒BMWツインパワー・ターボ・ディーゼル・エンジンに、ダイナミックな走りを実現する8速オートマチック・トランスミッション、4輪駆動システムxDrive、48Vマイルド・ハイブリッド・システムが組み合わされ、システム・トータル最高出力300PS(220kW)、システム・トータル最大トルク670Nm。

BMW i7 xDrive60

BMW i7 xDrive60は最高出力258PS(190kW)1つの電気モーターが前輪に、最高出力313PS(230kW)を発揮する1つの電気モーターが後輪にある、4輪駆動モデル、システム・トータルでの最高出力は544PS(400kW)、最大トルクは745Nmであり、0-100km/h加速4.7秒。リチウム・イオン電池の総エネルギー量は101.7kWhであり、一充電での走行可能距離は約600km。最新の充電テクノロジーが採用されており、普通充電と急速充電(CHAdeMO)に対応している。普通充電においては、自宅で6.4kWのBMWウォール・ボックス(200V/32A)の利用により、約17時間で、充電開始時0%の状態から100%まで充電することが可能。

BMW 7シリーズ 大型キドニー・グリルを採用

フロント・デザインにおいては、ラグジュアリーかつ圧倒的な存在感を放つBMW伝統の大型キドニー・グリルと、BMWデザインの意匠の1つである環状のシグネチャーを2回繰り返す「ツイン・サーキュラー」を進化させたスワロフスキー製のクリスタル・ヘッドライト。夜間においては、キドニー・グリルの縁を点灯させることにより、BMWのラグジュアリー・セダンであることを主張させている。BMW量産モデルにおいては初となる「2トーン塗装」を、新型BMW 7シリーズでは、オプションで装備可能。全てのモデルにおいて、いわゆる、ロング・ホィールベース仕様とすることで、優雅で伸びやかなデザインの実現と後席における圧倒的な居住性能を向上させ、ドア・ハンドルをドア・パネルに内蔵することで、空気抵抗を低減すると共に、すっきりとしたデザインとした。リヤ・デザインにおいては、BMW伝統の水平基調とL字型リヤ・コンビネーション・ライト。

量産車世界初となる31.3インチの8Kパノラマ・ディスプレイ

「THE FIRST EDITION」は、量産車世界初となる31.3インチの8Kパノラマ・ディスプレイを含むリヤ・シート・エンターテイメント・エクスペリエンスに加え、アンプ出力1,965W、40スピーカー、32チャンネルのハイスペックを誇るBowers & Wilkinsダイヤモンド・サラウンド・サウンド・システムを特別に装備し、従来の車内エンターテイメントの期待値を大幅に超えるラグジュアリーなシアター体験が提供。

BMWデジタル・キー・プラス」に対応したiPhoneをキー替わりにドアの施錠解錠、エンジンの始動を行うことが可能。更にリモート・ソフト・ウエアアップグレードを利用し自分でアップデート・プログラムをインストール可能。

BMW 新型 7シリーズ 価格

モデル価格(10%)
BMW 740d xDrive Excellence15,540,000円
BMW 740d xDrive M Sport15,540,000円
BMW 740i Excellence15,880,000円
BMW 740i M Sport15,880,000円
BMW i7 xDrive50 Excellence15,980,000円
BMW i7 xDrive50 M Sport15,980,000円
BMW i7 xDrive60 Excellence17,480,000円
BMW i7 xDrive60 M Sport17,480,000円
BMW i7 M70 M Drive21,980,000円
あわせて読みたい
量産車世界初 31.3インチ 8Kディスプレイ 搭載 BMW 新型 「7シリーズ」 「i7」日本 2022年7月1日発売 BMWは、新型「7シリーズ」のフルモデルチェンジを行い日本モデルを2022年7月1日に発売。2022年第四四半期以降を予定。 【量産車世界初となる31.3インチの8Kパノラマ・デ...

BMWニュースリリース

https://www.bmw.co.jp/ja/press/2023/20230529.html

BMW i7

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次