トヨタ 新型アルファード 発売延期 2023年6月21日発売予定へ 使用変更がありそうだ

当ページのリンクには広告が含まれています。
アルファード
  • URLをコピーしました!

トヨタは新型「アルファード」のフルモデルチェンジを行い2023年6月21日発売予定である。半導体不足や、部品生産などの変更により当初は6月7日であったが延期となった。ディーラーでも通常の情報としてみることもできない状況の様だ。

目次

トヨタ 新型アルファード 発売延期の背景

ディーラーの方によれば、後席モニターに採用予定であった、「ノア・ヴォクシー」と同様の14.1インチ有機ELディスプレイが生産終了(生産会社が倒産)したこと、更にここにきて再度半導体不足が影響しだしていると話していました。筆者も購入する予定であり、注文を入れたいのですが現時点ではもちろん注文を受け付けできないそうです。

もう発売日まで1カ月切っていると思いきや、6月21日は延期になり、7月にということでずらしてきてますね。更に、懸念としては「アルファード」「ヴェルファイア」の生産に対して受注数が多くなり、「ランドクルーザー300」の様に4年待ちなんてことももちろん想像できるとのこと。

あわせて読みたい
トヨタ 新型 ランドクルーザー 300 納期が約4年程度と公式発表 トヨタは新型ランドクルーザーのフルモデルチェンジを行いLC300系として2021年8月2日に発売した。丸13年でのフルモデルチェンジを果たした。しかし、2022年1月19日時点...

新型 アルファード について

TNGA(Toyota New Global Architecture)新開発「GA-Lプラットフォーム」を採用。

新型エンジン「2.5L 直列4気筒 直噴エンジン(Dynamic Force Engine)+ハイブリッドシステム」と「2.4L直噴ターボエンジン」を搭載。

最新バージョン「Toyota Safety SenseTSS3)」搭載。高度運転支援技術 Toyota Teammate[Advanced Drive]搭載。

前席はメーター12.3インチ大型フル液晶デジタルメーター14インチディスプレイオーディオ、T-Connect SDナビゲーションシステム+ヤマハプレミアムサウンドシステム (各上級グレード) に、リヤシートエンターテインメントシステムには、14.1インチディスプレイを採用。「JBLプレミアムサウンドシステム(15スピーカー)」「Apple CarPlay」と「Android Auto」を採用する。DCM車載通信機を標準装備。

パワーバックドア(挟み込み防止機能付) (各上級グレード) を採用。

ハンズフリースライドドア(各上級グレード)を採用。

Advanced Park (HVはリモート機能付き) 画面表示や音声・ブザー音による操作案内および、ハンドル、シフトポジション、アクセルとブレーキ操作を行うことにより、画面上で確認した目標駐車位置付近への後退駐車や縦列駐車からの出庫のアシスト。更に専用スマホアプリを用意されており車外から遠隔操作をして駐車を行うことが可能。

旧型同様にキープコンセプトではあるが、エクステリアデザイン変更、前後バンパーデザイン変更。 2015年12月に発売された新型プリウスから採用された、「TNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる新開発のプラットフォーム」を採用。エンジンモデルには新型カムリと同じ最大熱効率40%以上を実現したエンジン「2.5L 直列4気筒 直噴エンジン(Dynamic Force Engine)」搭載 が搭載される。ハイブリッドモデルにもこのエンジンを採用し、より小型・軽量化されたハイブリッドシステム「高性能マルチステージTHSⅡ」を採用し燃費向上を果たす。新型アルファード /ヴェルファイア ハイブリッドはカムリハイブリッドと同様の2AR-FXE 2.5L 直4 DOHC+モーターを採用しの燃費はJC08モード燃費:18.4〜19.4km/Lとなる。

新型 アルファード インテリアは大幅に進化

前席は、最新のステアリングホイールと新型「プリウス」「クラウン」と共通化により最新デザインのシフトノブを採用。電動パーキングブレーキ&ホールドボタンの位置は非常に押しやすく、ドリンクフォルダーと置くだけ充電の位置もとても使い勝手の良い場所に設置されている。メーター12.3インチ大型フル液晶デジタルメーター14インチディスプレイオーディオ、T-Connect SDナビゲーションシステム+「JBLプレミアムサウンドシステム(15スピーカー) に、リヤシートエンターテインメントシステムには、14.1インチディスプレイを採用。「Apple CarPlay」と「Android Auto」を採用する。DCM車載通信機を標準装備。(Executive Loungeは標準装備)

更に、後席には「ツイン調光パノラマルーフ」を採用「LEDルーフカラーイルミネーション」も先代同様に採用されている。最上級グレードの「Executive Lounge」の後席にはシートリクライニングやテレビなどの様々な快適装備を直感的に操作できる“集中コントロールタッチパネル”を2つ採用。両側には「ユニバーサルステップ」を採用(オプション)する。3列目のシートは跳ね上げ式であはあるが2段階機構により先代よりも2列目の移動幅を増やしシートアレンジのバリエーションが増えた。

新型 アルファード ガソリン車用 2.5L 直列4気筒 直噴エンジン D-4S 搭載

高速燃焼技術、可変制御システムの採用。世界トップレベル最大熱効率40%(HV専用で41%)を実現する直列4気筒 2.5リッター直噴エンジンDynamic Force Engineと呼ぶ。同時に、緻密な制御による高レスポンス化と全速度域での高トルク化など、多くの新技術の採用により全面的に見直し、大幅に進化した。

スペックDynamic Force Engine
エンジン2.5L 直列4気筒
直噴エンジン
最高出力205ps/6,600rpm
最大トルク250Nm/4,800rpm
トランスミッションDirect Shift-CVT
駆動方式2WD/4WD
あわせて読みたい
トヨタ 新型 直列4気筒2.5L直噴エンジン 新型 8速・10速AT ミッション TNGAにより一新 2016年12月6日発表 トヨタ自動車は今後、新型パワートレーン搭載車を2017年以降拡大していくと2016年12月6日発表した。 【新型 直列4気筒 2.5リッター直噴エンジン】 2.5Lガソリン車用エン...

新型 アルファード ハイブリッド車用 2.5L 直列4気筒 直噴エンジン D-4S

2.5Lエンジン用 ハイブリッドシステムを一新するとともに、高性能マルチステージTHSⅡを新開発。 2.5LのTHSⅡは、小型・軽量・低損失化技術と、TNGAによる新型エンジンの高い燃焼効率と 高出力とのシナジー効果により、優れた動力性能・低燃費を高次元で追求している。 マルチステージTHSⅡは、ハイブリッド車の走りのイメージを一新する高い発進加速性能と ダイレクト感溢れる走りを実現。高速走行時のシステム効率の向上に加え、高車速域でも エンジン間欠運転を可能にすることで高速燃費を向上している。

スペックD-4S +モーター(THSⅡ)
エンジン2.5L 直列4気筒 直噴
エンジン
+モーター
最高出力131kW(178ps)/
5,700rpm
最大トルク221Nm(22.5kgm)/
3,600-5,200rpm
フロントモーター
最高出力
88kw(120ps)
フロントモーター
最大トルク
202Nm(20.6kgm)
リヤモーター
最高出力
40kw(54ps)
リヤモーター
最大トルク
121Nm(12.3kgm)
システム最大出力160kw(218ps)
163kw(222ps)
トランスミッション電気式無段階変速機
駆動方式2WD/4WD(E-Four)

新型 ヴェルファイア 専用 2.4L直噴ターボエンジン D-4ST

新開発した「2.4L直噴ターボエンジンD-4ST」+Direct Shift-8ATを採用

スペック2.4 ターボ エンジン
エンジン直列4気筒 2.4L
直噴ターボエンジン
D-4ST
最高出力200kW(272ps)/
6,000rpm
最大トルク460Nm(46.9kgm)/
2,000-3,000rpm
トランスミッションDirect Shift-8AT
駆動方式2WD/4WD

新型 アルファード ヴェルファイア Direct Shift-CVT 搭載

toyota_FR_10AT

噛み合う時のエネルギー伝達ロスを削減し、クラッチは、機構内の摩擦材形状を最適化し、 回転時のクラッチの損失トルクを約50%低減(従来型6速AT比)するなど世界トップレベルの 伝達効率を達成。 さらに小型軽量化により車両燃費を向上させるとともに、低重心化により直進および コーナリングの走行安定性を向上。ギヤをワイド化するとともに、高性能・小型トルクコンバーターを新開発し、 ロックアップ領域を拡大。これにより、アクセル操作に素早く、滑らかに反応することで、ドライバーの思いどおりに反応するダイレクト感あふれる走りを追求。

目次に戻る

最新バージョン Toyota Safety Sense (TSS3) 搭載

最新の「衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ」に対応、「交差点での検知」「低速時加速抑制機能」「緊急時操舵回避支援機能」にも対応。

歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS) ミリ波レーダーとカメラを用いて前方の車両や歩行者を検出し、警報、ブレーキアシスト、自動ブレーキで衝突回避支援および被害軽減を図る。自動ブレーキは、歩行者に対しては10~80km/hの速度域で作動し、例えば、歩行者との速度差が30km/hの場合には、約30km/h減速し、衝突回避を支援。また、車両に対しては、10km/h~最高速の幅広い速度域で作動し、例えば、停止車両に対し自車の速度が40km/hの場合には約40km/hの減速が可能。更に「低速時加速抑制機能」「交差点右折時の対向直進車、歩行者検知」「緊急時操舵回避支援機能」を追加。

  1. 低速時、自車直前の歩行者や自転車運転者、車両を検知し加速を抑制する低速時加速抑制機能。
  2. 交差点右折時の対向直進車、ならびに右左折時の対向方向から横断してきた歩行者も検知可能。
  3. 緊急時のドライバー回避操舵をきっかけに操舵をアシストする緊急時操舵回避支援機能。

新型 アルファード ヴェルファイア 価格・グレードは?

新型「アルファード」のグレードはなんと最上級グレード「Executive Lounge」中級グレード「Z」エントリーグレード「G」の3種類から選択することになる。(先代モデルは8種類「X」「S」「SC」「SR」「G」「GF」「SC」「Executive Lounge」)新型「ヴェルファイア」のグレードはなんと「Executive Lounge」「Z Premium」の2種類から選択となる。

ディーラーでの情報では中級グレードの「Z」では数多くオプション装備の選択ができる様子だ。購入を考えると「Z」を考えたいところだが、最上級グレード「Executive Lounge」を視野に入れることも必要だと思われる。これは地域の販売ディーラーや系列によって違うかもしれないが、自分が購入を検討しているディーラーによると、以前は先着順であったが、抽選となる可能性が高い、更に「下取り車を出す」「トヨタの割賦」を選択している人が優先的に納車されることになるということでした。

アルファード

グレードエンジン駆動方式価格
G2.5 L 直列4気筒
直噴エンジン
+Direct Shift-CVT
2WD-
G2.5 L 直列4気筒
直噴エンジン
+Direct Shift-CVT
4WD-
Z2.5 L 直列4気筒
直噴エンジン
+Direct Shift-CVT
2WD-
Z2.5 L 直列4気筒
直噴エンジン
+Direct Shift-CVT
4WD-
G2.5 L 直列4気筒
直噴エンジン
+モーターTHSⅡ
(ハイブリッド)
2WD-
G2.5 L 直列4気筒
直噴エンジン
+モーターTHSⅡ
(ハイブリッド)
4WD-
Z2.5 L 直列4気筒
直噴エンジン
+モーターTHSⅡ
(ハイブリッド)
2WD -
Z2.5 L 直列4気筒
直噴エンジン
+モーターTHSⅡ
(ハイブリッド)
4WD-
Executive
Lounge
2.5 L 直列4気筒
直噴エンジン
+モーターTHSⅡ
(ハイブリッド)
2WD -
Executive
Lounge
2.5 L 直列4気筒
直噴エンジン
+モーターTHSⅡ
(ハイブリッド)
4WD-

新型アルファードについて思うこと

最大の違いは全てのエンジンを新型エンジンに変更した点である。世代変更したことで高速燃焼技術、可変制御システムの採用しており、燃費効率は格段にあがっており、今まで実燃費での走行で驚く燃費がでることは今までの採用車種たちを見ればまず間違いない。更にユーザーとして要望が特に高い、ハイブリッド車に待望の2WDモデルを追加する。これにより、価格と共に燃費にも貢献したグレードがラインナップされることになる。更に、V6エンジンモデルが廃止となることは残念に思うユーザーもいるかもしれないが、それを超えて燃費と走りを両立した新開発「2.4L直噴ターボエンジン」を採用することで走りを求める人達の要望にも応えている。

2023年7月に発売が開始されるが、およそ1か月前からディーラーでは情報と共に販売店内で事前予約が開始されることが予想される。2023年6月にトヨタディーラーの担当者とよく話ておく必要がありそうだ。今回は大人気車種、約8年半ぶりのフルモデルチェンジ、半導体不足による納期の長期化により納期が相当延びることが予想されるためそれなりの覚悟を持って注文する必要がありそうだ。

あわせて読みたい
トヨタ 新型 アルファード / ヴェルファイア フルモデルチェンジ TNGA 採用 2023年6月21日発売 トヨタは新型「アルファード」「ヴェルファイア」のフルモデルチェンジ(40系)を行い2023年6月21日に発売する。(当初は6月7日であったが延期となった。)トヨタ販売店...

アルファード

https://toyota.jp/alphard/

アルファード

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次