MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

BMW 新型 7シリーズ BEV車 新型「i7」ラグジュアリーセダン 2022年4月20日発表

BMWは、新型「7シリーズ」を2022年4月20日発表する。BEV(バッテリ電気自動車)ラグジュアリーセダンの「i7」である。2022年3月16日(現地時間)に次期「i7」のティーザ画像を公開。

目次

BMW 新型「i7」について

エクステリアにはBMWクリスタル・ヘッドライト「アイコニック・グロー」を採用。ライト・エレメントに最高級のクリスタル・ガラスを採用し、格別なラグジュアリーを表現。

インテリアは、コックピット全体に水平に伸びる「BMWインタラクション・バー」を採用。後部座席の乗客用の31.3インチ(8Kパノラマ・ディスプレイ)の「BMWシアター・スクリーン」で外出先での娯楽のためのプライベートシネマラウンジとなっている。

これは、ライバルのメルセデスベンツEQSのダッシュボードにある56インチのハイパースクリーンとは異なるアプローチであり 、BMWは後部座席の乗客に重点を置いていいる。BMWシアタースクリーンはi7専用であるだけでなく、自動車メーカーが「新しい最高級モデル」に搭載される。最新世代のiDriveインフォテインメントを備えたダッシュボード上のBMWカーブドディスプレイ、およびBMWインタラクションバーが含まれます。インストルメントパネルとドアの「新しいタイプのライトと機能ストリップ」であり、「視覚的で触覚的な品質」を提供。i7には、LEDライトスレッドを備えたスカイラウンジパノラマガラスルーフも装備され、BMWシアタースクリーンとどのように組み合わされるかを見るのは興味深い。ドライバーは新しい「マイモード」機能にアクセスできるようになります。この機能を使用すると、さまざまな運転モードにアクセスしながら、それに応じて室内の雰囲気を変えることができる。

BMW i7の推定範囲と消費電力を明らかにし。WLTPによると580-610kmからEPAの見積もりによると最大305マイル(491 km)の範囲を提供。WLTPの合計消費電力は 19.7〜18.9kWh / 100km。BMW i7は噂さでは120kWhのバッテリーを搭載し、高性能のバリエーションは、合計740 hp(552 kW / 750 PS)を生成すると言われている。

BMW

https://www.bmw.co.jp/ja/index.html

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる