アウディ 新型「A6」 マイナーチェンジ「A6セダン」「A6アバント」 日本モデル 2023年12月7日発売

当ページのリンクには広告が含まれています。
Audi A6 Avant

アウディは新型「A6」のマイナーチェンジを行い、セダンの「A6」とステーションワゴンの「A6 アバント(Avant)」の日本モデルを2023年12月7日発売した。

目次

アウディ 新型 A6 マイナーチェンジ モデル エクステリア について

新型「A6」は、エクステリアに新しいデザインを採用。セダンのボディサイズは全長4,950mm、全幅1,885mm、全高1,450mm、ホイールベース2,925mmとした。「S line」と「advanced」グレードを新設定し、シングルフレームグリルをRSスタイルのハニカムパターンに変更することにより、スポーティな印象をさらに高めた。シングルフレームグリルとともに、リヤディフューザーのデザインを刷新。スポーティな18インチホイールも装備。

S lineは、プラチナグレー19インチ5アームダイナミックデザインのアルミホイール、スポーツサスペンション、HDマトリクスLEDヘッドライト、ダイナミックインディケーター付きLEDリアコンビネーションライト、S lineロゴ付きバルコナレザースポーツシート、マットブラッシュトアルミニウムデコラティブパネル等の装備。

advancedは、18インチ5ダブルアームデザインアルミホイール、ハイビームアシスト付きLEDヘッドライト、ダイナミカレザースポーツシート、バーチャルコックピットプラス等を装備。

スポーツグレード「Audi S6 」「S6 Avant」も、クロームトリム付きRSスタイルのハニカムパターンのシングルフレームグリルを新たに採用。

アウディ 新型 A6 マイナーチェンジ モデル インテリア について

2024年には、顧客が選択した外装パッケージとは別に、両モデルの内装をオプションで選択できる。たとえば、S ラインのインテリアでは、ダッシュボード、ルーフライン、インテリアがすべてブラックで仕上げられ、マルチファンクションステアリングホイールにはコントラストのあるステッチとパンチングレザーが施されています。ステンレス製のペダルとフットレストもインテリアにスポーティなタッチを加えています。S ライン パッケージには、A6用の「Sequenz」ファブリックとレザー張りも付属。

アウディ 新型 A6 セダン マイナーチェンジ モデル 価格について

「S line」と「advanced」グレードを新設定。

モデルエンジントランス
ミッション
駆動
方式
価格
(10%)
A6 40 TDI
quattro advanced
2.0L 直列4気筒
ディーゼル ターボ
7速
Sトロニック
4WD
(quattro)
7,950,000円
A6 40 TDI
quattro S line
8,460,000円
A6 45 TFSI
quattro advanced
2.0L 直列4気筒
ガソリン ターボ
8,350,000円
A6 45 TFSI
quattro S line
8,860,000円
A6 55 TFSI
quattro S line
3.0L V型6気筒
ガソリン ターボ
11,400,000円
Audi S62.9L V型6気筒
ガソリン ターボ
8速
ティプトロニック
14,040,000円

アウディ 新型 A6 アバント マイナーチェンジ モデル 価格について

モデルエンジントランス
ミッション
駆動
方式
価格
(10%)
A6 Avant 40 TDI
quattro advanced
2.0L 直列4気筒
ディーゼル ターボ
7速
Sトロニック
quattro8,320,000円
A6 Avant 40 TDI
quattro S line
8,830,000円
A6 Avant 45 TFSI
quattro advanced
2.0L 直列4気筒
ガソリン ターボ
8,720,000円
A6 Avant 45 TFSI
quattro S line
9,230,000円
A6 Avant 55 TFSI
quattro S line
3.0L V型6気筒
ガソリン ターボ
11,710,000円
Audi S6 Avant2.9L V型6気筒
ガソリン ターボ
8速
ティプトロニック
14,360,000円

アウディニュースリリース

https://www.audi-press.jp/press-releases/2023/pdhl9j0000001a1v.html

Audi A6 Avant

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次