ダイハツ 新型「ラガー」27年ぶりの復活 軽オフロード車 2024年発売

当ページのリンクには広告が含まれています。
Daihatsu Rugger

ダイハツは軽自動車のオフロード車となる新型「ラガー」を車名を27年ぶりの復活させ2024年に発売する。軽の本格クロスカントリー車で現在シェアを取るスズキの「ジムニー」の対向車として発売を計画している。

目次

ダイハツ 新型「ラガー」について

「ラガー」は、本格クロスカントリー車としてサスペンションアレンジ最優先の設計と、曲げ剛性の向上やハイテン材の活用・構造合理化によりボディ構造全体の軽量化が図られた新プラットフォーム「DNGA-プラットフォーム」である。

ダイハツ 新型「ラガー」エクステリア について

「ラガー」は「クロスカントリー車」としてふさわしい、遊び心のある角ばった「タフさ・力強さ」を表現したエクステリアデザインとした。高い最低地上高約200mmの高い最低地上高と大径タイヤに加え、未舗装路でも安心して走行可能なアプローチアングルとなっている。

ダイハツ 新型「ラガー」インテリア について

インテリアも遊び心あるインテリアデザインとしながらも機能に優れたレイアウト、収納装備を充実。ラゲッジの高さを2段階に変えられる「フレキシブルボード」を採用。リアシートバックを倒せばフラットで広いスペースができる、更に汚れにくい樹脂製「シートバック加工」を施している。汚れた荷物を載せても気になりません。

9インチスマホ連動ディスプレイオーディオ」を採用。SmartDeviceLinkとApple CarPlayに対応したアプリをディスプレイ上で操作することが可能。カーナビゲーションとスマートフォンを接続するサービス「ダイハツコネクト」を採用している。「電動パーキングブレーキ&ホールド」を採用。

ダイハツ 新型「ラガー」安全装備 について

安全・安心面では、「先進技術をみんなのものに」という考え方のもと、予防安全機能「スマートアシスト」を進化させ、全車標準装備とした。新開発のステレオカメラを採用し、衝突回避支援ブレーキ機能の対応速度を引き上げるとともに、夜間の歩行者検知を実現。

新型タフト 先進技術「次世代スマートアシスト」標準搭載

「スマートアシストⅢ」は2つのカメラを装備。約3年半振りにステレオカメラを一新し知性能向上や夜間歩行者へ対応。更に「全車速追従機能付ACC」(上位グレードのみオプション)などの機能を追加した「次世代スマートアシスト」を搭載する。ステレオカメラを採用、歩行者対応や従来より作動速度域を拡大。「セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉」(サポカーS〈ワイド〉対象車対象車となる。

新型タフト ダイハツコネクト搭載

新搭載の9インチスマホ連携ディスプレイオーディオに加えて6.8インチスマホ連携ディスプレイオーディオをメーカーオプション設定。「ダイハツコネクト」では、クルマとスマートフォンを連携させることで、手軽にコネクトサービスを提供可能。ダイハツコネクトアプリを インストールすることで、もしもの時の安全・安心を提供する「つないでサポート」、クルマとドライバ ーを見守る「見えるドライブ」、クルマの状況をスマートフォンから確認できる「見えるマイカー」、クルマのメンテナンス管理をサポートする「つないでケア」の4つのサポートを使用可能となる。

TAFT

ダイハツ 新型「ラガー」 スペックについて

スペックラガーラガー
全長3,395mm3,395mm
全幅1,475mm1,475mm
全高1,725mm1,725mm
ホイールベース2,455mm2,455mm
エンジン658cc 直3 DOHC
エンジン
658cc 直3 DOHC
ターボエンジン
最高出力38kW(52ps)/
6,900rpm
47kW(64ps)/
6,400rpm
最大トルク60Nm(6.1kgm)/
3,600rpm
100Nm(10.2kgm)/
3,600rpm
トランスミッションCVTCVT
駆動方式4WD4WD
WLTCモード燃費-km/L-km/L
価格

ダイハツ 新型「ラガー」 について思うこと

現在、軽クロスカントリー車としてスズキの「ジムニー」が大人気であるが、そこにライバルが不在であることも要因の一つとなっている。そこに新たに新型「ラガー」が加わることでユーザーとしても選択しが増え更に、ダイハツとしても販売台数を伸ばせる可能性が高いだろう。何故、ラガーが復活と思われるかもしれないが、既に最近発売されている、「ロッキー」や「タフト」という車名も過去販売終了となった車名である。新しいジャンルとして「ラガー」を新たに加えることに違和感はない。

Daihatsu Rugger

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次