MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

インフィニティ 新型 QX80 フルモデルチェンジ 北米 2025年モデル 新世代モデルに進化 ねじり剛性300%向上「3.5L ツインターボ」「プロパイロット2.1」搭載

当ページのリンクには広告が含まれています。
2025 Infiniti QX80

インフィニティは2024年3月20日(現地時間)に新型「QX80」2025年モデルを正式発表(ワールドプレミアム)した。「VR35DDT 3.5L ツインターボエンジン」や「プロパイロット2.1」を搭載する。新しいフレームはのおかげで運転体験の向上。なんと横方向の剛性が57%向上し、ねじり剛性が300%向上した。2025年型インフィニティQX80は今夏市場に投入される予定、価格は82,450ドル(約1240万円)から

目次

インフィニティ 新型「QX80」エクステリア について

2025 QX80 は、Infiniti QX Monographコンセプトによってプレビューされたインフィニティの合理化された「Artistry in Motion」デザイン言語を採用。その結果、新鮮で印象的なデザインが生まれ変わった。

最大の変更点のいくつかは前面に発生し、同社のダブルアーチグリルが新たに追加。竹林の有機的な形状からインスピレーションを得ており、ライトアップされたインフィニティのロゴが特徴的です。グリルの両側には分割された照明ユニットと垂直のエア カーテンが配置されており、レンガのような空力特性の向上に貢献。進化したデザインはさらに後方に続き、長くて平らなボンネットが張りのあるボディワークに取って代わります。流線型の外観は、新しいフラッシュマウントのドアハンドルと最新化されたフロントフェンダーベントによって強化されている。D ピラーもトリミングされ、波のような要素がアクセントになっており、この特定のモデルが最高級のオートグラフであることを示している。

進化したデザインは後部にも引き継がれており、全幅のライトバーを備えたモダンなリフトゲートが備わっている。300個を超えるLEDで構成され、「水面に映る静かな光の反射」を思い起こさせるように設計されている。照明には、QX80 はルカム シーケンスの一部として新しい Light Path システムを提供します。オーナーが車両に近づくと、ドアハンドルが自動的に伸び、インフィニティのロゴが点灯し、その後デイタイムランニングライトが点灯します。次に、Light Pathシステムは印象的な翼のようなデザインを地面に投影し、忘れられない印象を与える。

新たな「QX80」に採用される、ドアパネルに格納される方式のドアハンドル「フラッシュマウントドアハンドル」は一部の高級車(レンジローバー、テスラなど)に採用されるものだ。リモコンキーを持った人が車に近づくとドア表面からハンドルが自動的に出てくる。

インフィニティ 新型「QX80」インテリア について

インテリアは「QX80」には、日本の「雅」の原則を採用。ソフトタッチのアクセントとデュアル 14.3インチ ディスプレイを備えたレイヤード デザインが実現。インフォテインメント システムは、 Google が組み込まれている。つまり、ユーザーは Google マップ、Google アシスタント、Google Play ストアをつかいう。

ダッシュボードは、ランプ状のセンターコンソールに配置された新しい9インチのディスプレイです。ドライブ モード セレクター、空調設定、およびフロント シート コントロールにアクセスできます。スクリーンはともかく、レザー、ウッド、メタルを贅沢に組み合わせたモデルとなっている。ソフトタッチのアクセントがふんだんに使われており、ダッシュボードには、流れるようなラインだけでなく、イルミネーション付きのインフィニティバッジが特徴です。その他のハイライトには、プッシュ ボタン シフター、64色のアンビエント照明システム、および利用可能なセンター コンソール クーラー ボックスが含まれている。

暖房と換気を備えた 1 列目と 2 列目のシートに加え、暖房付きの3列目シートを利用できる。また、最前列と2列目にマッサージシートを初採用。QX80 には、ヘッドライナーの赤外線センサーを使用して 2 列目の乗客が暑いかどうかを検出する、新しい生体認証冷却システムを装備することができる。空調システムが自動的に作動して乗客を「急速に冷やす」ことにな。インるフィニティによると、テストの結果、乗客は50%短い時間で快適な温度に到達できるという。

カメラを使用して車両周囲の 170度のビューを 14.3インチ ディスプレイに表示する新しいフロントワイドビューもある。Invisible Hood View もあり、車両の真前にあるもののビデオを「エンジン ベイを通して見ているかのように」表示します。これらに、改良された AroundView モニターとアップグレードされたデジタル バックミラーが加わった。

カメラに関しては、前面カメラから写真やビデオをキャプチャできる新しいジャーニーダイアリーが追加されました。このモデルには車載カメラも搭載されており、ソーシャルメディアへの投稿、車両の遠隔監視、2列目乗員の覗き見などに使用できる。

QX80 Pure と Lux には、600Wの電力を備えた 14 スピーカーのKlipsch オーディオ システムが付属。Sensory と Autographのバリエーションは、チタン ツイーター、8インチ TriPower サブウーファー、24 チャンネル アンプを備えた 24 スピーカー システムを備えています。このシステムには、ルーフに取り付けられた 4 つのスピーカーと、フロントのヘッドレストに取り付けられた金属でトリムされたスピーカーも備えている。

2025 QX80 は 3 列目の後ろの荷室が30%多いため、より広々としている。また、このモデルは 2 列目後方に18% の余裕があり、これらの改良はより平らなフロアとわずかに25mm)長くなった。

インフィニティ 新型「QX80」エンジン について

インフィニティ新型「QX80」は、3.5L ツインターボエンジンを搭載し、最高出力450hp (336kW/456PS) と最大トルク515lb-ftを発揮。これは現行モデルよりも50hp、102lb-ftの向上。さらに、9速オートマチックトランスミッションとアクティブグリルシャッターにより、加速性能と燃費を向上。ちなみに最大のライバルとなる「LX600」「ランドクルーザー300」は3.5L V型6気筒ガソリンエンジンで最高出力305kW(415ps)なので「QX80」がエンジンスペックでは上回ったことになる。インフィニティによれば、「応答性の高い加速と効率的な高速道路走行」の両方が可能になるという。この SUV には、オフロード走行用に車高を71mm)下げることも、車高を61mm上げることもできるエア サスペンションも備わっている。新しいフレームはのおかげで運転体験の向上。なんと横方向の剛性が57%向上し、ねじり剛性が300%向上した。

インフィニティ 新型「QX80」安全装備 について

安全面では、前方衝突予測警報、歩行者検知機能付き自動緊急ブレーキ、死角警報などの標準運転支援システムが多数搭載されています。これらに、リアクロストラフィックアラート、死角介入および車線逸脱防止、トレーラー死角警告が加わる。「プロパイロットアシスト 1.1 」が標準装備されており、アダプティブクルーズコントロールと車線センタリング機能を組み合わせて、長距離走行をよりリラックスさせます。上位モデルには、特定の高速道路でのハンズフリー操作を可能にするレベル 2 の半自動運転システムである「プロパイロット アシスト 2.1」 が搭載。

あわせて読みたい
インフィニティ「Infiniti QX Monograph」を発表 2025年モデルの「QX80」をプレビュー インフィニティは2023年8月17日(現地時間)に「Infiniti QX Monograph」を発表し、再設計された「QX80」を予告した。インフィニティは新型「QX80」のフルモデルチェン...

INFINITI

https://www.infinitiusa.com/

2025 Infiniti QX80

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次