レクサス 新型 LX フルモデルチェンジ 2022年10月発売

レクサスは新型「LX」のフルモデルチェンジを行い2022年10月に発売する。

目次

レクサス 新型 LX について

2015年12月9日に発売が開始された新型プリウスに採用されていTNGA(Toyota New Global Architecture)GA-Fプラットフォーム)と呼ばれる新開発のプラットフォームをベースにラダーフレームを採用することによって、旧型モデルよりも広い室内空間を得ることが可能。高い空力性能を実現するなど、新開発のプラットフォームを採用により「低重心化」「ボディ剛性がUP」し旧型モデルから大幅な進化を果たす。

新型「NX」を日本時間2021年6月12日(土)午後12時にオンラインで発表、世界初公開した、同時に「LX」を横に並べている。

あわせて読みたい
レクサス 新型 NX フルモデルチェンジ 2代目 2021年6月12日世界初公開 レクサスはフルモデルチェンジした新型「NX」を日本時間2021年6月12日(土)午後12時にオンラインで発表、世界初公開した。 【 2代目 新型 NX フルモデルチェンジ...

エクステリア

エクステリアデザインはもちろんキープコンセプトであるがより現代らしいデザインとなりより豪華なデザインとなる。2018年1月14日(日)~1月28日(日)に開催される北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)2018でクロスオーバーのコンセプトカー「Lexus LF-1 Limitless」を世界初公開した。コンセプトカー「Lexus LF-1 Limitless」は未来の新たなフラグシップSUVとして作成されており。別物ではあるがいくつかのデザイン要素などは取り入れられる可能性が高い。

Lexus LF-1 Limitless エクステリア

Lexus LF-1 Limitlessは、米国・南カリフォルニアに拠点を置くCALTY DESIGN RESEARCH, INC.がデザインを担当。新しいラグジュアリーの方向性を表現したフラッグシップ・クロスオーバーである。2018年1月14日(日)~16日(火)のデトロイトモーターショー・プレスデー期間中に開催する、LEXUSのプレスカンファレンスにて世界初公開する。

インテリア

インテリアは旧型に比べ現代風へと進化しメーターなどには液晶パネルを採用する。室内灯をLED、電動パーキングブレーキ (ホールド機能付き)を採用。「大型ワイドタッチスクリーンT-Connect SDナビゲーションシステム」「JBLプレミアムサウンドシステム」を採用。更に「カラーヘッドアップディスプレイ」を搭載。花粉、アレルギー物質、ニオイ、カビ菌、菌・ウイルス、PM2.5などを除去するパナソニックの「ナノイーX」が標準装備。

Lexus LF-1 Limitless インテリア

あわせて読みたい
レクサス 新型 LEXUS LQ クーペSUV 2021年発売 レクサスは新型クーペSUVの「LQ」を2021年に発売する。2018年5月7日(現地時間)に米国にて「自動車とその構造部品」として「LQ」を商標登録した。クロスオーバーのコンセ...

レクサス 新型 LX デジタルアウターミラー採用

2018年10月24日に発売したLEXUS ES300hに量産車に世界初採用されたデジタルアウターミラーをLQシリーズに採用。車両のフロントドア外側のカメラで撮影した車両左右後方の映像を、フロントピラー部に設置された5インチディスプレイに表示。カメラ部を雨滴が付着しにくい形状としたほか、ディスプレイを室内に搭載することで、天候の影響を受けにくい優れた視認性を確保している。

LEXUS ES300h デジタルアウターミラー
LEXUS ES300h デジタルアウターミラー
あわせて読みたい
レクサス 新型 ES300h フルモデルチェンジ FF高級セダン 日本2018年10月24日発売 レクサスは新型 LEXUS ESシリーズのフルモデルチェンジを行い「ES300h」を日本で2018年10月24日に発売した。日本で先行発表は9月12日に行われた。「デジタルアウターミ...
Lexus LF-1 Limitless concept デジタルアウターミラー
Lexus LF-1 Limitless concept デジタルアウターミラー

新開発LEXUSプラットフォーム「GA-L(Global Architecture for Luxury)」を採用

LEXUS_LS GA-L(Global Architecture for Luxury)
LEXUS_LS GA-L(Global Architecture for Luxury)

更に、新しいLEXUSプラットフォーム「GA-L(Global Architecture for Luxury)」 と呼ばれる新開発のプラットフォームを採用し完全刷新する。高い空力性能を実現するなど、旧型モデルから大幅な進化を果たす。またボディのねじり剛性が先代モデル比でかなり向上している。新開発GA-Lプラットフォームにより、低く構えたスタイリングを実現する。

LX600 

スペック新開発V型6気筒
3.5L ツインターボ
エンジン
最高出力421ps/5,200~6,000rpm
最大トルク61kgm/1,600~4,800rpm
トランス
ミッション
10速AT

LX600h

スペックV型6気筒 3.5Lエンジン
+モーター
最高出力299ps(220kW)/6,600rpm
最大トルク348Nm/4,900rpm
トータル最高出力358ps(264kw)
トランス
ミッション
電気式
無段階変速機
あわせて読みたい
トヨタ 新型 ランドクルーザー 300 フルモデルチェンジ 2021年8月2日発売 トヨタは新型ランドクルーザーのフルモデルチェンジを行いLC300系として2021年8月2日に発売した。2021年6月9日(UAE現地時間)にワールドプレミアした。2021年8月1日に...

レクサス LX について

LXはレクサスのフラッグシップ クロスオーバーSUVある。

初代 LX450 1996年レクサス初のプレミアムSUVとして主に北米で発売された。トヨタ「ランドクルーザー(80系)」をベースにフロントグリル、ヘッドライト、フロントバンパー、アロイホイールをLX専用のデザインとした。

2代目 LX450 1998年トヨタのランドクルーザーのモデルチェンジに伴いLXも2代目を発売。

3代目 LX570 海外では旧型は3代目で2007年から販売を開始。LX450からLX570となりV型8気筒エンジンは新開発の5.7L 3UR-FE型を搭載。

2012年にマイナーチェンジされスピンドルグリルを採用。 日本のSUV人気が高く需要が出ており、ついに日本でもレクサス LX を2015年8月20日に日本で発表することが決定した。

2015年2度目のマイナーチェンジを行い日本では9月14日販売開始。スーパーチャジャーモデルはラインナップから外れ通常モデル5.7L V8モデルのみ販売。新スピンドルグリル、LEDヘッドライト、LEDテールランプ、フロントバンパー、リアバンパーのデザインを一新した。 20インチ10スポークホイールを採用した。(21インチもオプションあり)安全パッケージ「Lexus Safety System+」標準装備。旧型3代目は2007年から販売を開始しており、すでに丸10年が経過している。丸12年目となる2019年にフルモデルチェンジを行う予定である。

スペックLX570
全長5,080mm
全幅1,980mm
全高1,910mm
ホイールベース2,850mm
エンジン5.7L V型8気筒エンジン
最高出力277kW (377ps)/
5,600rpm
最大トルク534Nm(54.5kgm)/
3,200rpm
最大トルク8速AT
(Drive Mode Select
機構付き)
駆動方式4WD
JC08モード燃費6.5km/L

今後、新しい情報が入り次第お伝え致します。

レクサスニュースリリース

あわせて読みたい
Access Denied
あわせて読みたい
Access Denied

レクサス

あわせて読みたい
Access Denied

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる