MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

正式発表 ランチア 新型「イプシロン」EVモデル ブランド 復活!1,906台限定モデル「カッシーナ」2024年2月14日発表

当ページのリンクには広告が含まれています。
2024 Lancia Ypsilon

ステランティスは「ランチア」ブランド 復活となる新型EVモデル「イプシロン(Ypsilon)」を2024年2月14日に公式発表した。EV専用の限定版グレード「ランチア イプシロン カッシーナ」を発表。ランチアは、ブランド創立年を記念して「番号が付けられ認定されたユニット」を1,906台製造する。

目次

ランチア 新型「イプシロン」 について

同じくステランティスの傘下のプジョー「208」とオペル「コルサ」と兄弟車となる、ステランティス グループの(CMP/eCMP)プラットフォームを採用。しかし、2台と大幅にエクステリア、インテリアデザインを変え、他と一線を画し、イタリアのセンスをたっぷりと加えている。製造番号付きの1,906台限定EV専用モデル「ランチア イプシロン カッシーナ」を合わせて発売。Easy Wallbox 家庭用充電システムと、購入ごとに 3 年間または30,000kmをカバーする保証が含まれている。

イプシロンは、ランチアが新たに打ち出したスタイリング言語を具現化した最初の量産モデル。象徴的なランチア ストラトスからインスピレーションを得た「カリス」グリルと丸型テールライトの照明付きバージョンが特徴です。これらの要素は、Pu+Ra HPE コンセプトで初めて紹介され、今後発売予定のガンマ クロスオーバーやデルタ ハッチバックを含む全てのモデルに標準装備される予定。

ランチア 新型「イプシロン」エクステリア について

新型「イプシロン」エクステリアは、従来のモデルとは一線を画す革新的なデザインが特徴。フロントバンパーに低く配置された多角形のヘッドライト、隠されたリアドアハンドル、光沢のあるブラックアクセントなど、目を引く要素が随所にちりばめられている。

サブコンパクトセグメントに再参入を果たした。全長4,080mm、全幅1,760mm、全高1,440mmのボディサイズは、旧型モデルと比較して、全長が240mm、幅が120mm増加し、一方で高さは70mm低くなりました。これは、現代のBセグメントモデルのサイズに合わせた変更となる。

1,906台限定モデル「ランチア イプシロン カッシーナ」

ランチア・イプシロン 限定版カッシーナは2024年2月14日以降にすぐに注文を受け付ける予定。同社はイタリアのファンに対し、公式ウェブサイトを通じて「拘束力のない」関心表明フォームを提出することで「1906年の1年」キャンペーンに参加するよう奨励している。13年前に発売されたランチア「イプシロン」はイタリアでのみ販売、新世代はブランドのディーラー ネットワークの拡大に伴い、より多くのヨーロッパ市場で販売される予定。

ランチア 新型「イプシロン」インテリア について

ランチアによれば、キャビンがイタリアのリビングルームに似ているように、高品質の素材とユニークなデザイン機能に重点が置かれています。高品質な素材とユニークなデザインによって、まるでイタリアのリビングルームにいるような雰囲気を演出しています。これは、イタリアの高級家具ブランド、カッシーナとのコラボレーションによって実現されました。カッシーナは、素材や色の選択に貢献し、ノスタルジックな「カネロニ」モチーフのベルベット張りのシートやコーヒーテーブルのような円形のセンターコンソールなど、独特な空間を作り上げました。

ランチアのSALA (Sound Air Light Augmentation) インフォテインメントシステムを搭載した最初のモデル。このシステムは、今後発売されるすべてのランチア車に搭載される予定。デジタルコックピットには2つの10.25インチスクリーンが搭載され、ダッシュボード上部の球体はAIで強化された仮想アシスタントとして機能。

ランチア 新型「イプシロン」にレベル2自動運転と充実したADASを搭載

イプシロンは、このセグメントでレベル2の自動運転機能を標準搭載した唯一のモデルです。ランチアは、ADAS技術にも自信を持っており、照明や駐車支援システムなど、クラス最高レベルの機能を備えている。

ランチア 新型「イプシロン」 スペック について

イプシロン EV

新型イプシロン EVは、フロントに154hp(115kW)/ 260Nmのトルクを発生する電気モーターを搭載。51kWhバッテリー パックを搭載し、WLTP航続距離、1回の充電で403kmとなる。互換性のあるDC充電器を使用すると、バッテリーは24分で20%から80%まで充電できる。プジョー「e-208」やオペル 「コルサ Electric」さらにはジープ「アベンジャー」など、他の多くのステランティス車と(CMP/eCMP)プラットフォームを共有。

イプシロン ハイブリッド

電気ハッチバックに続いてハイブリッドバージョンを投入する予定でランチアがEV専用ブランドとなる前に発売される最後のICE搭載モデルである。現時点では、イプシロン ハイブリッドのスペックに関する詳細は発表されていません。イプシロン ハイブリッドは、ジープ「アベンジャー」や「フィアット 600 SUV」にも搭載されている、48Vシステムを備えたターボチャージャー付き 1.2L 3 気筒エンジンを搭載すると予想されている。

ランチア「Lancia Pu+Ra HPE コンセプト」について

ランチアは新しいスタイリング言語の最初の量産モデルとして機能する新型「イプシロン」には、「カリス」グリルの照明付きバージョンと、象徴的なランチア ストラトスからインスピレーションを得た丸いテールライトが組み込まれている。「Lancia Pu+Ra HPE コンセプト」によってプレビューされ、今後「ガンマGamma 」 クロスオーバーや「デルタ(Delta)」 ハッチバックを含む将来のすべてのモデルに共通したコンセプトである。

「Pu+Ra」という名前は、同社の新しい純粋で急進的な設計言語に由来し「HPE」は「High Performance Electric」の略で、元々は「High Performance Estate」を意味していた 1970年代の Beta HPE への敬意を表している。

ランチア イプシロン カッシーナ

https://www.lancia.it/mondo-lancia/ypsilon-elettrica-cassina

2024 Lancia Ypsilon

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次