MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

【2024年】かわいい車 女性におすすめの軽自動車をまとめてみた

当ページのリンクには広告が含まれています。
2024-light-car-for-women

2024年(令和6年)現在、新車購入可能な「女性におすすめのかわいい軽自動車」を独断と偏見で紹介します。2024年最近では女性をターゲットにした車種が多数販売されている、その中でもおすすめと特徴をまとめてみました。かわいい車にターゲットを絞って、おすすめの車種を紹介する、購入時の参考にしていただければ幸いです。

目次

女性におすすめのクルマは?

女性にとってのおすすめのクルマとはどの様な点があげられるか考えてみました。

1.運転のしやすさ(小回りが利く、視界がいいなど)

運転のしやすさは、車を選ぶ際に重要なポイントの一つです。特に、初心者や女性ドライバーにとっては、小回りが利く、視界が良いなど、運転しやすい車は安心感を与えてくれます。ここでは、運転のしやすさを左右する要素をいくつかピックアップし、それぞれのポイントを詳しく説明します。

小回りの利きやすさ

小回りが利く車は、狭い道でのUターンや駐車などがしやすく、街乗りでの運転が楽になります。

小回りの利きやすさを左右する要素
  • 最小回転半径:車のハンドルを一杯に切った時に、車体中心が描く最小の円の半径。数値が小さいほど小回りが利きます。5m以下だと、コンパクトカーでは小回りがいいと思います。
  • 車体サイズ:全長、全幅、全高が小さいほど、小回りが利きやすくなります。
  • ホイールベース:前輪と後輪の間隔。ホイールベースが短いほど、小回りが利きやすくなります。

視界の良さ

視界が良い車は、周囲の状況を把握しやすく、安全運転につながります。

視界の良さを左右する要素
  • アイポイント:ドライバーの目の位置。アイポイントが高いほど、視界が広くなります。
  • ピラー:車体の骨組み。ピラーが細いほど、死角が小さくなります。
  • ガラスエリア:窓の面積。ガラスエリアが広いほど、視界が広くなります。

2.クルマのボディサイズが大きすぎない。

ボディサイズが大きすぎない車は、小回りが利き、視界が良いので、運転がしやすいというメリットがあります。特に、初心者や女性ドライバーにとっては、狭い道でのUターンや駐車などが楽になり、安心感を与えてくれます。

3.可愛らしい。ファッション的な要素。

車を選ぶ際に、性能や燃費だけでなく、デザインやカラーリングなど、見た目も重要な要素となります。特に、可愛らしい・ファッション的な要素を求める人も増えてきています。

デザイン

  • 丸みを帯びたフォルム:柔らかい印象を与え、可愛らしさを演出します。
  • レトロなデザイン:近年、レトロなデザインが流行しており、おしゃれな雰囲気を演出できます。
  • ツートンカラー:ボディの上下で異なる色を組み合わせることで、個性的な可愛らしさを演出できます。
  • パステルカラー:ピンクやブルーなど、淡い色合いのカラーは、可愛らしい印象を与えます。

インテリア

  • シート素材:ファブリックやベロアなどの柔らかい素材は、可愛らしい印象を与えます。
  • シートカラー:ピンクやベージュなど、淡い色合いのカラーは、可愛らしい印象を与えます。
  • インパネデザイン:丸みを帯びたデザインや、可愛らしいモチーフを取り入れたデザインは、可愛らしさを演出できます。
  • アクセサリー:ステアリングカバーやシフトノブなどのアクセサリーを可愛らしいデザインのものに変えることで、車内を華やかにすることができます。

可愛らしい・ファッション的な車の選び方

  • 自分の好きなデザインやカラーを選ぶ
  • 実際に試乗して、自分に似合う車を確認する
  • 予算やライフスタイルに合った車を選ぶ

4.便利、スライドドアや収納など

スライドドア

スライドドアは、ヒンジドアと比べて開口部が広いため、荷物の積み下ろしや子供の乗り降りがしやすいというメリットがあります。また、狭い駐車場でもドアを開け閉めしやすいので、駐車の際にも便利です。

スライドドアのメリット
  • 荷物の積み下ろしがしやすい
  • 子供の乗り降りがしやすい
  • 狭い駐車場でも駐車しやすい
  • 雨の日でも濡れにくい
  • 車内空間が広々使える
スライドドアのデメリット
  • ヒンジドアよりも重たい
  • 開閉に時間がかかる
  • 車両価格が高くなる
  • 電動式の場合、故障リスクがある

収納

車は、荷物をたくさん載せることができる収納スペースが充実していることも重要です。

5.安全性

車に乗る場合、安全性が最も重要です。チャイルドシートがしっかり取り付けられる車を選びましょう。また、衝突被害軽減ブレーキや誤発進抑制機能などの安全装備が充実している車を選ぶと安心です。

  • 安全装備が充実している車を選ぶ
  • チャイルドシートがしっかり取り付けられる車を選ぶ

上記の点を重視されている車種をメインに選んでいます。

【2024年】かわいい車 女性におすすめの車種をまとめてみた 軽自動車編 5選

メーカー車種
スズキワゴンR スマイル
ダイハツムーヴキャンバス
スズキアルトラパン
スズキハスラー
ホンダN-BOX

これらの車は、デザイン、性能、価格のバランスが良く、女性に人気があります。

スズキ ワゴンR スマイル

わたしらしく乗れるスライドドアワゴン「マイスタイル マイワゴン」をデザインテーマとし、エクステリアは四角いボディーのフォルムと丸目ヘッドランプなどにより、シンプルで愛着のわくデザインとした。インテリアは柔らかな造形のインパネカラーパネルにカッパーゴールドのアクセントを組み合わせるなど、居心地の良さと質感の高さを感じられるデザインとした。両側スライドドアを採用。最新の「夜間の歩行者も検知するデュアルカメラブレーキサポート」の採用により、スズキ セーフティ サポートをより充実させた。経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」に該当する。

スズキ ワゴンR スマイル スペック

スペック新型ワゴンR SMILE
ハイブリッドモデル
新型ワゴンR SMILE
全長3,395mm3,395mm
全幅1,475mm1,475mm
全高1,695mm1,695mm
ホイールベース2,460mm2,460mm
エンジン660cc 直列3気筒
エンジン
+ モーター
660cc 直列3気筒
エンジン
エンジン最高出力36kW(49ps)/
6,500rpm
36kW(49ps)/
6,500rpm
エンジン最大トルク58Nm(5.9kgm)/
5,000rpm
58Nm(5.9kgm)/
5,000rpm
モーター最高出力1.9kW(2.6ps)/
1,500rpm
モーター最高トルク40Nm(4.1kgm)/
100rpm
バッテリーリチュウムイオン
電池
駆動方式2WD(FF)
4WD
2WD(FF)
4WD
WLCTモード燃費25.1km/L(2WD)
23.6km/L(4WD)
23.9km/L(2WD)
22.5km/L(4WD)
乗車定員4名4名
関連記事

詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
スズキ 新型 ワゴンR SMILE 追加 2021年8月27日発表 9月10日発売

ここをクリックすると元に戻ります。

ダイハツ ムーヴキャンバス

ダイハツ社内で軽自動車の市場構成の中で多くを占める女性の中で「近年の女性の行動特性」に着目し、普段の暮らしに少しの変化を与えることで、自身のライフスタイルを楽しむ若年の女性ユーザーを対象に企画され、近年では親との同居世帯の増加に伴い、世帯内で自家用車を共有する傾向が増えているといった使用実態にも視野を向け、当車種の中核となる若年の女性ユーザーのみならず、幅広い世代で使いやすく、デザイン性と機能性を両立した軽トールワゴンとしてライフスタイルを楽しむ女性ユーザーに寄り添う車種として開発された。

ダイハツは「ムーヴキャンバス」フルモデルチェンジを行い2022年7月5日発表、7月13日発売する。初代のかわいらしさを継承しつつ時代に合わせて進化させた「ストライプス」、上質で落ち着いた世界観で“大人の価値観・持論を表現できるクルマ”とした「セオリー」の、異なる2つの世界を創出。「タフト」「タント」同様に停車中にブレーキペダルから足を離しても停車状態を保って、アクセルを踏むと解除されるので渋滞時などで活躍してくれる「電動パーキングブレーキ&ホールド」を新たに採用。安全装備ではターボ車のみであった「全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール」をNA車にも採用、「コーナリングトレースアシスト(CTA)」を採用。今回、「ムーヴキャンバス」に新たにターボモデル、直3 DOHC 660ccターボ、最高出力47kW(64PS)/6,400rpm、最大トルク100Nm(10.2kgfm)/3,600rpmを設定し、バリエーションを追加した。

エクステリアはキープコンセプト。フロントデザインを変更、バンパー、グリル、エアロのデザインを変更したが、ヘッドライトの形状を丸目としているため同様に女性ターゲットとしている。

インテリアは大幅な変更があり、先代モデルまで採用されていたセンターメーターを不採用とし、新型「ムーヴ」などに近いインパネデザインを採用する。先代同様に両側スライドドアを採用。

ダイハツ ムーヴ キャンバス スペック

スペックムーヴキャンバス
(NA)
ムーヴキャンバス
(ターボ)
全長3,395mm3,395mm
全幅1,475mm1,475mm
全高1,655mm1,655mm
ホイールベース2,455mm2,455mm
エンジン直3 DOHC
660cc
直3 DOHC
660ccターボ
最高出力38kW(52PS)/
6,900rpm
47kW(64PS)/
6,400rpm
最大トルク60Nm(6.1kgfm)/
3,600rpm
100Nm(10.2kgfm)/
3,600rpm
駆動方式2WD/4WD2WD/4WD
WLTCモード燃費22.9km/L(2WD)
21.6km/L(4WD)
22.4km/L(2WD)
20.9km/L(4WD)
車両重量910-920kg(2WD)
960-970kg(4WD)
910-920kg(2WD)
960-970kg(4WD)
価格1,496,000円〜
1,798,500円
1,793,000円〜
1,919,500円
関連記事

ここをクリックすると元に戻ります。

スズキ アルト ラパン

スズキで「コンパクト」+「かわいいし」車種でおすすめなのはアルト ラパンである。「アルトラパン」のマイナーチェンジ(一部改良)を行い2019年6月17日発売。単眼カメラ+赤外線レーザーレーダー方式で前方を検知するシステム「デュアルセンサーブレーキサポート」を採用した。誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能を標準装備する。

スズキは軽自動車「アルトラパン」のマイナーチェンジを行い2022年6月17日に発売する。マイナーチェンジを行い、「デュアルセンサーブレーキサポート」から夜間の歩行者も検知する「デュアルカメラブレーキサポート」を全車に標準装備。「7インチのディスプレイオーディオ」を採用し、バックアイカメラ映像の表示や様々な車両情報の確認を可能。USB電源ソケット[Type-A/Type-C]を全車に標準装備、Xにメッキフロントグリルや「ナノイーX搭載フルオートエアコン」「360°プレミアムUV&IRカットガラス」を追加し、L、XにはLED「LEDヘッドランプ」を採用。専用のメッキフロントグリルガーニッシュやメッキヘッドランプガーニッシュ、メッキバックドアガーニッシュ[LCエンブレム付]などを採用した新たに設定した「アルト ラパン LC」を追加。

スズキ アルト ラパン スペック

スペックアルトラパン
全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,510mm
ホイールベース2,460mm
エンジン直3DOHC 660cc
最高出力38kW(52ps)/
6,500rpm
最大トルク 63Nm(6.4kgm) /
4,000rpm
車両重量650kg
タイヤ145/80R13
トランスミッション5AGS
駆動方式2WD/4WD
WLTCモード燃費26.2km/L(2WD)
24.6km/L(4WD)
最小回転半径4.4m
価格110万7,000〜
149万2,560円
関連記事

詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
スズキ 新型 アルトラパン マイナーチェンジ 2022年6月17日発売

ここをクリックすると元に戻ります。

スズキ ハスラー

スズキは「ハスラー」の一部仕様変更を行い2022年5月9日発表 5月23日に発売する。今回の一部仕様変更では、「全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロール」「車線逸脱抑制機能」をNAエンジン車にも新たに採用。ボディカラーには新色を多数採用する。「グレード「HYBRID X」「HYBRID Xターボ」には、USB電源ソケットと時間調整付きフロント間欠ワイパーを装備。更に新たな特別仕様「J STYLE II」を設定する。

スズキは「ハスラー」の一部仕様変更を行い2022年5月9日発表 5月23日に発売する。今回の一部仕様変更では、「全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロール」「車線逸脱抑制機能」をNAエンジン車にも新たに採用。ボディカラーには新色を多数採用する。「グレード「HYBRID X」「HYBRID Xターボ」には、USB電源ソケットと時間調整付きフロント間欠ワイパーを装備。更に新たな特別仕様「J STYLE II」を設定する。

エクステリアデザインはキープコンセプトで、ハスラーのヘッドライトは旧型と同じ丸目となる。ひと目でハスラーと分かる個性的なデザインと、アウトドアアイテムから発想を得て機能性を追求したタフさや力強さを融合させている。ボンネットの高さを20mm上げ、丸みがありながらも厚みと少し角ばったイメージとなり新型「ジムニー」に近いデザインとなった。

hustler

先代モデルに比べ、ホイールベースを35mm延長することで後席乗員の足元空間を確保、前席は左右乗員間距離を30mm拡大することで快適で広い室内空間を実現。延長しながらも最小回転半径4.6mで取り回しの良さを継続させた。

hustler

インテリアデザインは新型クロスビー(XBEE)やに近いデザインとなる。インテリアの質感もかなり高くアウトドアとスポーティな印象を受ける。特にダッシュボードの形状やナビ周りが特徴的である。メーターには「カラー液晶メーター」を採用。新開発9インチHDディスプレイ搭載のメモリーナビゲーション(パイオニア製)を装備。「Apple CarPlay」「Android Auto」「SmartDeviceLink」にも対応。全方位モニターに、周囲を立体的に360°確認できる「3Dビュー」を採用。(メーカーオプション)こもり音や雨音を低減する「高減衰マスチックシーラー」を軽自動車で初めて採用、さらに防音材や遮音材を最適に配置することで静粛性を高めている。

残念ながら電動パーキングブレーキ&ホールドは非搭載である。

hustler

スズキ ハスラー スペック

スペック新型ハスラー新型ハスラー
ターボ
全長3,395mm3,395mm
全幅1,475mm1,475mm
全高1,680mm1,680mm
ホイールベース2,460mm2,460mm
エンジン660cc 直列3気筒
エンジン R06D型
+ モーター
660cc 直列3気筒
ターボエンジン R06A型
+ モーター
エンジン最高出力36kW(49ps)/
6,500rpm
47kW(64ps)/
6,000rpm
エンジン最大トルク58Nm(5.9kgm)/
5,000rpm
95Nm(9.7kgm)/
3,000rpm
モーター最高出力1.9kW(2.6ps)/
1,500rpm
2.3kW(3.1ps)/
1,000rpm
モーター最高トルク40Nm(4.1kgm)/
100rpm
50Nm(5.1kgm)/
100rpm
バッテリーリチュウムイオン
電池
リチュウムイオン
電池
駆動方式2WD(FF)/4WD2WD(FF)/4WD
WLCTモード燃費25.0km/L(2WD)
23.4km/L(4WD)
22.6km/L(2WD)
20.8km/L(4WD)
乗車定員4名4名
価格1,365,100円~
1,652,200円
1,459,700円~
1,746,800円
関連記事

詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
スズキ 新型 ハスラー 一部仕様変更 2022年5月9日発表 5月23日発売

ここをクリックすると元に戻ります。

ホンダ N-BOX

ホンダはトールワゴン型の軽自動車「N-BOX」のフルモデルチェンジを行い2023年10月5日発表2023年10月6日に発売する。価格はN-BOXが164万8900円~188万1000円とした。

新型「N-BOX」のエクステリアは丸穴デザインのフロントグリルを採用。

新型「N-BOX CUSTOM」のエクステリアは立体感のある緻密な造形のフロントグリル、フロントの横一文字ライト、ダイレクトプロジェクション式LEDヘッドライトを採用

ホンダ初「7インチTFT液晶メーター」を採用。

新世代のコネクティッド技術を搭載した車載専用通信モジュール「Honda CONNEECT」をホンダの軽自動車で初めてオプションに設定。

「マルチビューカメラシステム」を採用。

安全装備では新たに「急アクセル制御機能」「近距離衝突軽減ブレーキ」を採用。

エクステリアはキープコンセプトでありながら新しいデザインを採用する。現行に引き続き今やホンダ伝統となる「センタータンクレイアウト」を採用し 「助手席スーパースライドシート」を採用(タイプ別設定)。リヤシートスライドは全車標準装備、ベンチシートではなくセパレートでウォークスルーも可能。「電動パーキングブレーキ」「オートブレーキホールド」を採用。「Honda SENSING(ホンダ センシング)」全モデル標準搭載。フルモデルチェンジによりエンジン改良やプラットフォームの見直しにより軽量化と高剛性化と共に若干燃費アップが期待できる。Honda SENSINGの機能や各種情報を見やすく、分かりやすく表示する「7インチTFT液晶メーター」や荷物をひとまとめにしまえる大型のグローブボックス、後席の大型のサイドポケットなどを採用し、使い勝手を向上した。

新型「N-BOX」のエクステリアは丸穴デザインのフロントグリルや人の瞳を想起させる造形のヘッドライトを使用し、シンプルと親しみやすさを表現。

自宅のリビングで家族や友人と楽しく集うような、居心地の良い空間を実現しました。後席のトランクサイドライニングの一部にグリップ形状のくぼみを設けることで、小さいお子様や高齢の方がしっかりグリップを握ることができ、乗り降りしやすくなりました。ステアリングホイールの内側で視認できるインホイールメーター「7インチデジタルメーター」を装備しインフォテインメントシステムには、コネクテッド技術「Honda CONNECT」に対応する「9インチナビゲーション」を採用。Apple CarPlay」「Android Auto」に対応。更にオプションでは後席で迫力ある映像を楽しむことができる「12.8インチリア席モニター」を採用する。

ホンダ車専用車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダ コネクト)」を搭載。「Honda Total Care プレミアム(ホンダ トータルケア プレミアム)」をご利用可能。スマートフォンによるリモート操作や、事故などの緊急時にクルマ自体が緊急サポートセンターに繋がり、迅速で的確な対応が可能となるトラブルサポートが可能。「自動地図更新サービス」を搭載。スマートフォンがキーの代わりになる「Hondaデジタルキー」「Honda アプリセンター」車内でデータ通信容量を購入し、インターネットに接続して楽しめる「車内Wi-Fi」を採用。

ホンダ N-BOX スペック

スペックN-BOX
全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,790mm
ホイールベース2,520mm
エンジン658cc 直列3気筒DOHC
i-VTECエンジン
最高出力43kW(58PS)/
7,300rpm
最大トルク65Nm(6.6kgm)/
4,800rpm
トランスミッションCVT
駆動方式FF / 4WD
WLTCモード燃費21.6km/L(FF)
19.4km/L(4WD)
価格(10%)1,648,900円~
1,882,100円
関連記事

詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
価格や仕様が判明 新型「N-BOX」フルモデルチェンジ 発売日は2023年10月5日発表 10月6日発売

ここをクリックすると元に戻ります。

結論

インテリア、エクステリアデザインは各社特徴があり好き付きがあるとは思うが、燃費性能、安全性能、居住性で比較するのであれ新型「N-BOX」が群を抜いて性能が高いがデザイン性や女性好みなのは新型「ワゴンR スマイル 」新型「ムーヴキャンバス」となるだろう。かわいい車は、見た目だけでなく、使いやすさや燃費性能なども考慮して選ぶことが大切です。自分の予算や好みに合った車を選ぶことで、運転するたびに気分が上がります。ぜひ、試乗などを通して、自分にぴったりのかわいい車を見つけてください。

2024-light-car-for-women

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次