MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

日本再導入あるか?トヨタ 新型 ハイラックスサーフ 6代目 フルモデルチェンジ 2025年頃発売を予想

当ページのリンクには広告が含まれています。
2024-toyota-hiluxsurf

トヨタは新型「ハイラックスサーフ(HILUX SURF)」のフルモデルチェンジを行い、6代目として2025年頃に発売すると予想されています。北米では実際に「4Runner」(フォーランナー)として販売されており、日本国内では2009年8月まで販売されていました。その後、海外ではモデルが継続し、現行の5代目が2009年から販売されています。これにより、約16年ぶりのフルモデルチェンジとなる見込みです。日本特許庁によると、「ハイラックスサーフ」の特許は2026年6月27日まで存続することが予定されており、2016年5月10日に更新されています。これからの展開が楽しみですね! 米国モデルの「4Runner」をベースにした新型「ハイラックスサーフ」がどのようなモデルになるのか、詳細をお伝えします。

参考

よく一緒に読まれている記事

»海外モデルの「4Runner」について New!

目次

日本モデルとして「ハイラックスサーフ」復活あるのか?!

これまで、トヨタは海外でのみ販売されていた「ランドクルーザー70」「ハイラックス」を次々に日本モデルとして復活させてきました。さらに、海外モデルでしか販売されていなかったレクサスブランドの「GX」も日本で発売されることになります。今回の「4Runner」は実は日本モデルでは「ハイラックスサーフ」として販売されていました。現行の5代目は2009年のフルモデルチェンジの際に日本での販売が終了し、海外専売車となりました。今回の6代目の登場で、「ハイラックスサーフ」の日本再販売も検討される時代になったのかもしれません。

トヨタ 新型 ハイラックスサーフ 6代目 フルモデルチェンジ エクステリア について

「ハイラックスサーフ」のフルモデルチェンジにより、エクステリアデザインが大幅に変更されました。さらに、最新の「Toyota Safety Sense」が全車に標準装備されるほか、シリーズ初となるハイブリッドモデルも登場します。2.4L 4気筒ハイブリッド「i-Force Max」は、最高出力326hpを発生させる高性能なモデルとなる予定です。

ボディサイズは全長4,950mm、全幅1,976mm、ホイールベース2,844mm。先代モデルよりも119mm長く、51mm幅が広く、同時にキャビンスペースを改善するために61mm長いホイールベースとなりました。新しい (北米) ランドクルーザーよりも約28mm長くなっています。アプローチアングルが 32 度、ディパーチャーアングルが 24 度となり、地上高は233mmです。

トヨタ 新型 ハイラックスサーフ 6代目 フルモデルチェンジ インテリア について

「ハイラックスサーフ」はフルモデルチェンジにより、インテリアデザインを大幅に変更、メーターには12.3インチ大型フル液晶デジタルメーター大型の「14.0インチのインフォテインメントシステム」が搭載。これらは大幅な改善であり、「Android Auto」と「Apple CarPlay」との互換性を備えている。その他の機能には、「電動パーキングブレーキ (ホールド機能付き)」を採用。オフロード走行時の全方位における視認性などの機能性に配慮しつつ、使い勝手に優れた様々な機能を備え、利用可能なワイヤレススマートフォン充電器と多数の USB-C 充電ポートを採用。

トヨタ 新型 ハイラックスサーフ 6代目 フルモデルチェンジ 安全装備 について

安全装備では、最新のToyota Safety Senseは、全製品に標準装備されています。 プロアクティブ運転支援、衝突前検知、歩行者検知、車線逸脱警報、アダプティブクルーズコントロール、車線追跡支援、緊急ブレーキが含まれます。

ハイラックスサーフの歴史

大型SUVである。開発と生産は日野とトヨタの共同となる。北米などへは「4Runner」(フォーランナー)という名称で輸出され。日本国内では、2009年8月まで販売、それ以降は逆輸入車として一部のショップなどで販売。かつてはその名の通りハイラックスをベースとしていたが、最終モデルはハイラックスの後継のタコマのグループとなり、フレームの基本部分をはじめ、サスペンション、エンジン、ドライブトレーンなど、下回りの多くをタコマやランドクルーザープラドと共用。

初代 N60系

  • 1984年5月 日本国内で販売開始。
  • 1986年8月 マイナーチェンジ。日本国内のハイラックスサーフでは、5ナンバー登録、ATの設定、共に初となるワゴンが追加される。

2代目 N130系

  • 2代目 N130系 1989年5月 - フルモデルチェンジ。、従来からの2ドアに加え、4ドアボディをラインナップ。
  • 1993年5月 マイナーチェンジ。日本国内のディーゼルエンジンを3.0Lの1KZ-TE型に変更。バンおよび日本向け2ドアモデルは廃止。
  • 1995年11月 生産終了。

3代目 N180系

  • 1995年12月 フルモデルチェンジ。
  • 1999年8月、一部改良。180系、フューエルフィルターを軽量化。
  • 2000年(平成12年)7月 マイナーチェンジ。ディーゼルエンジンを1KZ-TE型から1KD-FTV型へ変更。同時に、MTモデルが廃止される。
  • 2001年12月 一部改良。
  • 2002年9月生産終了。

4代目 N210系

  • 2002年11月フルモデルチェンジ。
  • 2005年7月マイナーチェンジ。V6 3.4L ガソリンエンジンの5VZ-FEは、V6 4.0Lの1GR-FEに変更され、5速ATもセットで設定。グリルデザインの変更を行う。
  • 2007年6月一部改良。フロントシート・リヤシート内突対応、後席アームレスト形状変更。特別仕様車「リミテッド」を発売。
  • 2009年7月販売終了。

5代目 N280系

  • 2009年8月にモデルチェンジとなったが、日本市場からは離脱し、海外専売車(4Runner)となった。日本で製造されたにもかかわらず、左ハンドルのみで生産され、日本や他の右ハンドル市場では販売されなかった。
  • 2013 年 (2014 年モデル) 一部改良に、4Runner はフェイスリフトを受け、プロジェクター ヘッドランプとクリアレンズの LED テールランプを備えたフロントとリアの外装の変更、およびその他の外観のマイナーな変更で構成されています。インテリアも更新される。
  • 2014年(2015年モデル)、 TRD Proシリーズの一部として、フロントにトヨタのバッジとオフロードパッケージを備えたTRD Proトリムレベルが米国で導入されました。
  •  2016 年 (2017 年モデル)、米国では 4Runner Trail および Trail Premium が TRD Off-Road および TRD Off-Road Premium に名前変更されました。これらのトリム レベルは、以前の Trail エディションと同じ機械的機能を共有していましたが、ベース モデルと区別するために美的な違いと TRD バッジが追加されました。
  • 2018年(2019年モデル)、トヨタはバッジ、フロントとリアの下部フェイシア、ホイール、インテリアの一部をブラックアウトするリミテッドトリムをベースにした「ナイトシェード」パッケージの提供を開始した。
  • 2019年(2020年モデル)、トヨタはすべての4RunnerトリムにToyota Safety Sense-P(TSS-P)規格と、後部座席用USBポートを2つ追加すると発表した。 TRD Proは、TSS-P用のフロントレーダーセンサーに対応する。
  • 2021年(2022年モデル)、トヨタはプッシュボタンを備えたスマートキーシステムを全トリムに標準装備した。新たにTRDスポーツトリムもラインアップに追加されました。
  • 2022年(2023年モデル)には、40周年記念スペシャルエディションが北米市場向けに4,040台生産される限定モデルで、外装色は3色、標準四輪駆動を採用する。ソーラー オクタン ペイントは 2023 年モデル TRD Pro 専用です。
  • 2023年(2024年モデル)では、Terraペイント(オレンジブラウン色)がTRD Proの専用色となる。

今後、新しい情報が入り次第お伝えします。

あわせて読みたい
米国 トヨタ 6代目 新型「4Runner」(ハイラックスサーフ)2025年モデル 正式発表へ 米国のトヨタは新型「4Runner(4ランナー)」(日本名:ハイラックスサーフ)のフルモデルチェンジを行い2024年4月9日に世界初公開しました。米国での発売は2024年秋を...
2024-toyota-hiluxsurf

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次