MENU

欧州トヨタ 新型商用車「プロエース マックス」EV化された「プロフェッショナル」シリーズ 2023年11月15日発表

2024 Toyota Proace Max

欧州のトヨタが主に欧州市場で商用車を展開する「トヨタ・プロフェッショナル」シリーズに、新たに電動化された新型「プロエース」ファミリーが「プロエース」は、大型商用車クラスの「プロエース・マックス」で、さまざまな用途に合わせて異なるホイールベース・全長・全高を組み合わせた計6つの車両パッケージがラインナップ。

目次

欧州トヨタ 新型商用車「プロエース マックス」

トヨタは、ステランティスのプラットフォームをベースにした「プロエース マックス」を発表した。同社のヨーロッパ大型バン市場への参入を示すものです。プロエース マックスは、フェイスリフトされたプロエースおよびプロエース シティに続く3番目のバンで、すべて完全電動パワートレインを搭載。「プロエース マックス」は、フィアット デュカト、シトロエン ジャンパー、プジョー ボクサー、オペル モヴァーノ、ラム プロマスターの兄弟車です。トヨタ独自の要素はエンブレムと再設計されたノーズだけです。ボディワークは、フルLED照明ユニットや 16インチのリムを含む、他のステランティス大型バンと共有される。インテリアも、最新のインフォテインメント、ADAS、コネクテッドサービスの恩恵を受けている。

トヨタ「プロエース マックス」バンは、ホイールベースの長さ、長さ、高さの3つの組み合わせで、最大17m3の荷物容量を提供します。ダンプカーやドロップサイドのほか、シャーシ、プラットフォーム、乗務員キャブのレイアウトも用意されます。110kWhのバッテリーを搭載した「プロエース マックス」の航続距離は、WLTPで最大420kmです。Fiat E-Ducatoやその他のステランティス製バンと同様に、最大150kWの急速充電に対応し、0~80%まで1時間以内に充電できます。トヨタは、大型バンにディーゼル車の設定も検討しているとのことですが、現時点では明らかにされていません。

主な変更点は、バンパーとヘッドライトのデザインが刷新されたことです。ボディワークはフィアット、シトロエン、プジョー、オペルの兄弟車と共有されますが、新しいノーズがトヨタらしさを演出しています。LCVモデルの貨物容量は、プロエースが6.6m3、プロエース シティが4.4m3と、従来と変わりません。乗用車バージョンの「プロエース ヴェルソ」と「プロエース シティ ヴェルソ」にも、同じアップデートが施されています。電気バージョンのバンでは、航続距離が前モデルから増加。プロエース(中型バン)はWLTPで最大350km、プロエース シティ(コンパクトバン)は最大330kmの走行が可能になりました。トヨタは、ガソリンエンジンやディーゼルエンジンの設定については言及していませんが、兄弟車にはこれらのパワートレインが用意。

トヨタニュースリリース

https://newsroom.toyota.eu/new-toyota-proace-max-completes-a-full-and-electrified-toyota-professional-line-up/

2024 Toyota Proace Max

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次