ついに市販化へ テスラ 新型「サイバートラック」 EVピックアップトラック 2023年11月30日発売

当ページのリンクには広告が含まれています。
Cybertruck

テスラはEV4ドアピックアップトラック新型「サイバートラック(Cybertruck)」を2023年11月30日発売する。予定より約2年遅れて発売となる。車両価格は後輪駆動 (RWD)モデルが39,900ドル、全輪駆動 (AWD)モデルが49,900ドルと発表された。

テスラは「サイバートラック」を2019年11月22日(現地時間)から開催させるロサンゼルスモーターショー2019にて世界初公開した。エクステリアデザインは正に「斬新」番人受けを狙っていないデザインのこの車種はどの様なモデルなのか?

目次

テスラ 新型「サイバートラック」について

ボディサイズは全長5,885mm、全幅2,027mm、全高1,905mm、ホイールベース3,807mm。地上高約400mm。ステンレス鋼のモノコック構造を採用。サイバートラックのエクステリアは殆どが直線で構成されている。ボディパネルに「ウルトラハード 30X コールドロール ステンレススチール」というステンレス合金を使用している。また、ガラスには超強力ガラスとポリマーレイヤー複合材による「テスラ アーマーガラス」を採用。エアサスペンションを採用。ピックアップトラックをポルシェの様に扱えるとし、ポルシェ「911」を超える加速性能、35度の進入角度で立派なオフロード能力。28度の出発角度と最大16インチの地上高。フォード「F-150」よりもパワフルなけん引力を持つ。ドライブトレインには以下の3つのタイプを設定シングルモーター後輪駆動モデル 航続距離400km、3,400kgの牽引定格、6.5秒で0-60mph/h。全輪駆動モデル、航続距離482 km、けん引定格4,535kg、4.5秒で0-60mph/h。フラッグシップモデルは、航続距離804 kmを超える、6,350kgの牽引定格、2.9秒で0-60mph/h。 2022年後半から発売。価格は39,900ドルから開始。

エアーサスペンションは車高調整が可能で荷台を下げが可能。ACアウトレット(100-220V)、電動バイク用の充電ポートも採用されている。

テスラ 新型「サイバートラック」エクステリア

サイバートラックのエクステリアは殆どが直線で構成されている。

テスラ 新型「サイバートラック」インテリア

サイバートラックはフロント3席、リア3席の6人乗りで、後席の下に収納スペースを設けている。フロントの中央シートは可倒式センターアームレストとすることもできる。ダッシュボードにはステアリングホイールと17インチのタッチスクリーンのみが設置されている。ステアリングホイールはレーシングカーのようなヨークステアリングを採用している。ダッシュボードは大理石のような外観をしており、紙・木部繊維・天然木顔料・非石油系樹脂から作られた紙複合材料で作られている。

cybertruck

テスラ 新型「サイバートラック」プロモート動画

テスラ 新型「サイバートラック」プレゼンテーション アクシデントについて

マスクはテスラの従業員にサイバートラックをテスラに強いことを証明するために、ハンマーで体を叩き、窓に金属製ボールを投げた。ステンレス製のボディは素晴らしいボディであることが証明されたが、窓は2回とも粉砕されてしまいました。

テスラ

https://www.tesla.com/ja_jp/models

https://www.tesla.com/ja_jp/cybertruck

Cybertruck

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次