MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ボルボ 新型「EX90」7人乗りEV 2022年11月9日世界初公開

ボルボは、7人乗りEVの新型「EX90」2024年モデルを2022年11月9日(現地時間)世界初公開した。EX90は2023年からアメリカで生産、その後中国でも生産。

目次

ボルボ 新型「EX90」について

最大820フィート(250m)離れた歩行者を検出し、フロントガラスの上に取り付けられたセンサーのおかげでレベル3の自律機能を提供するために、レンジ全体に標準装備されたLidarテクノロジーが付属。

EXは車内にいる人にも気を配り、車内レーダーシステムを備えており、暑い車内に子供や犬が置き去りにされるのを防ぐ。

373 マイル (600 km) の航続距離と顧客が電力網にエネルギーを送り返すことができる双方向充電を提供するデュアルモーター、全輪駆動ドライブトレイン。発売時には 2 つのバージョンが提供され、どちらも 107kWh のバッテリーを搭載しており、250kWのDC充電を使用して 30 分で10~80%を充電できる。標準のEX90が最高出力408 hp (414 PS) と、最大トルク568 lb-ft (770 Nm) に対し、Performance モデルは最高出力510 hp (517 PS) 、最大トルク 671 lb-ft (910 Nm) を発揮。 車両重量は6,213 ポンド (2,818 kg) 。0-100加速4.9秒。

視覚的には、ノーズ (まぶたのように点滅する LED ライトが特徴) とテールは、 2021年のボルボ コンセプト リチャージショーカーがレイアウトしたデザインに近く、SPA2 電気プラットフォームを共有する姉妹ブランドのポールスターの新しい3と類似点がありる。比較的滑りやすい0.29 Cdのデザインは、浅いガラスハウス、先細りのルーフライン、垂直のリアウィンドウが特徴ですが、リアヒンジ式リアドアや4つの独立したシートなど、コンセプトの派手なディテールのほとんどは生産のためにトーンダウンされてる。

物理的なボタンがほとんどないため、ほぼすべての機能を操作するために使用されるセンターコンソールの巨大な14.5インチ縦型タッチスクリーンなど、コンセプトの主要なインテリアデザインテーマはそのまま引き継がれている。ボルボは、このクリーンですっきりとしたレイアウトにより、EX90 をより安全に運転できると言っています。その利点として、 Google の Android Automotive OSが搭載。音声コマンドによく反応し、無線アップデートを受け入れることができる。

タッチスクリーンは、ドライバーの前にある小さなデジタル インストルメント クラスターである、新車に欠かせない他の技術と組み合わされてる。エクステリア デザインと同様に、EX90 と Polestar3の間のビジュアル (およびハードウェア) のクロスオーバーがキャビン内に多く見られ。キャビンの一部は、リサイクル ペットボトル、ウール ベンド シート ファブリックなどの 106 ポンド (48 kg) の持続可能な素材で作られている。後ろから投影された光が表面ににじみ出るようにする木材。

ボルボニュースリリース

https://www.vcj-press.jp/pressrelease/2022-11-09-2/

ボルボ

https://www.volvocars.com/jp

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次