MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ランドローバー 初の電気自動車 新型 「レンジローバー」 EVモデル は 2025年に登場 2030年までに完全電動化

当ページのリンクには広告が含まれています。
Range Rover

ジャガー・ランドローバー(Land Rover)は、初の電気自動車(EVモデル) 「レンジローバーEV( Range Rover EV)」 が 2025年に発売する。予約受注は今年2023年後半に開始。ランドローバーは「2030年までに完全自動化のモダンな高級車メーカー」に変身する。2032年までに、ジャガーとランドローバーブランドのすべてのモデルにEVを設定。

目次

ランドローバー 新型 「レンジローバー EV」 について

電気の航続距離や価格設定などのその他の詳細は不明ですが、EMA (電動モジュラー アーキテクチャ) プラットフォームを採用する。レンジローバーがマージーサイドの英国ヘイルウッド工場で製造されることはわかっている。ヘイルウッド工場は、EMA プラットフォーム専用の完全電気生産施設となり、ウォルバーハンプトンにある JLR のエンジン製造センターは電気推進製造センターに改名される。

ランドローバー 新型 レンジローバー フルモデルチェンジ 2022年モデルについて

新型「レンジローバー」は新しいアーキテクチャー「MLA-Flex(flexible Modular Longitudinal Architecture)」を中心に構築を採用。今回のフルモデルチェンジでパワートレーンを「MHEV(マイルドハイブリッド)」「PHEV(プラグインハイブリッド)」「BEV(電気自動車)」が展開する。ボディタイプはスタンダードホイールベース(SWB)とロングホイールベース(LWB)の2種類用意。

ランドローバー 新型 レンジローバー フルモデルチェンジ インテリアについて

13.7インチのデジタルゲージクラスターと13.1インチのPivo Proインフォテインメント画面があり、初めて触覚フィードバックを備えている。11.4インチのタッチスクリーンのオプションがある。その他のガジェットの見出しには、Amazon Alexa音声AI、無線更新機能、FirstEditionを含む高トリムグレードに付属するMeridianサウンドシステムを介したアクティブノイズキャンセリングが含まれる。

あわせて読みたい
ランドローバー 新型 レンジローバー フルモデルチェンジ 2022年モデル 2021年10月26日世界初公開 ランドローバーは第5世代となる新型「レンジローバー」のフルモデルチェンジを行い2022年モデルとして2021年10月26日午後3時40分(EST 現地時間 )発表した。ラン...

ランドローバー レンジローバー

https://www.landrover.co.jp/vehicles/new-range-rover/index.html

https://www.landrover.co.jp/index.html

Range Rover

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次