レクサス 新型 LCシリーズ SC後継ラグジュアリークーペとして生まれ変わる 2016年発売

レクサス

レクサスは新型LCシリーズをSC後継として開発を進めており、ラグジュアリークーペとして2017年3月の発売を目指している。

新型 LCシリーズについて

2016年1月に開催予定のデトロイトモーターショー 2016でコンセプトカーを正式発表される予定である。既に、カモフラージュカーをテスト走行しており、スパイショットも撮影されている。レクサスSCはトヨタソアラであり2005年8月からは日本でもレクサス事業がスタートすると同時に「LEXUS SC」へ以降された。1991年から2010年にかけて販売されていたクーペ(初代モデル)、もしくはコンバーチブル(2代目モデル)である。

ガソリンモデルは5.0L V型8気筒エンジン、最高出力477ps、最大トルク530Nmトランスミッションはアイシンが開発した10速オートマチックトランスミッションが組み合わせされる。気になる発売日だが、2016年内に発売を目指している様子だ。

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

ソース

https://www.automobilemag.com/news/lexus-progressive-luxury-concept-teased-for-the-first-time/

レクサス
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報をフォローする。
最新自動車情報

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。

最新自動車情報をフォローする。
最新自動車情報