三菱

三菱 新型 アウトランダー フルモデルチェンジ 2021年2月16日発表 米国2021年4月発売

2021年2月17日

三菱自動車はクロスオーバーSUV「アウトランダー」のフルモデルチェンジを行い2021年2月16日午後3時(日本時間2月17日午前8時)にAmazon Liveにて発表した。2021年4月から米国で最初に発売され、2021年に他の市場に導入される。

新型 アウトランダー フルモデルチェンジについて

新型 アウトランダー フルモデルチェンジ エクステリア

日産のローグプラットフォームに基づいていますが、独自のプラットフォームを提供する。「威風堂々」という商品コンセプトとともに開発された新型『アウトランダー』は、内側からみなぎる力強さを表現した。プロポーションから大きく見直し、次世代の三菱自動車を象徴するクルマへと昇華させ、エクステリアデザインは、次世代へと進化を遂げたフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」による力強く堂々としたフロントフェイスをはじめ、随所にこれからの三菱デザインを象徴するデザインを取り入れ、三菱自動車が目指す新たなるデザインの方向性を具現化した。

アウトランダーは、長さ185.4インチ(468 cm)、幅73.3インチ(186 cm)、高さ68.8インチ(174.7 cm)です。2列目と3列目のシートを折りたたんだときのラゲッジスペースの長さは、前モデルの66.4インチ(168.7cm)から最大80.3インチ(204cm)に増加。

前のモデルより2.0インチ(5.08cm)広いです。ホイールベースも105.1インチ(266.9 cm)から106.5インチ(270.5 cm)に延長され、前席の乗客は1.0インチ(2.54 cm)の足元スペースを確保し、2列目は1.1インチ(2.79)増加しました。

新型 アウトランダー フルモデルチェンジ インテリア

12.3インチのインストルメントクラスターと9インチのセンタースクリーンの2つの画面は、AndroidAutoとワイヤレスAppleCarPlayを採用、更にHVACコントロール専用のボタンがある。

2022アウトランダーには、11個のエアバッグと、複数のUSB-AおよびUSB-C充電ポートが標準装備。提供されている他のグッズ(ただし仕様によって異なります)には、アダプティブクルーズコントロール、レーンキープアシスト、ナビゲーション、フルカラーヘッドアップディスプレイ(HUD)、10スピーカーのBoseオーディオシステムがある。

新型 アウトランダー フルモデルチェンジ エンジン

アライアンスが新たに開発した2.5Lガソリンエンジンを搭載。日産製品のボンネットの下にあるのと同じエンジン、PR25DDを使用している。最高出力181hp(184 PS)/6,000rpm、最大トルク181ft./lb(245 Nm)/3,600rpmで「スーパー全輪制御4WDシステム」を採用。新開発のドライブモードセレクターと組み合わせることで、通常の走行用のノーマル、舗装道路での走行用のターマック、未舗装道路での高いトラクションパフォーマンスと安定性のためのグラベル、スノーフォー雪道などの滑りやすい路面や、泥だらけの路面や深い雪の中での路面処理能力を高める。

新型 アウトランダー フルモデルチェンジ スペックについて

スペック 新型アウトランダー 新型アウトランダー
PHEV
全長 4,710mm
全幅 1,862mm
全高 1,748mm
ホイールベース 2,706mm
エンジン 2.5L直列4気筒
エンジン
2.4L 4気筒
エンジン
MIVEC DOHC
+前後2モーター
最高出力 184ps/
6,000rpm
94kW(128ps)/
4,500rpm
最大トルク 245Nm/
3,600rpm
199Nm(20.3kgm)/
4,500rpm
モーター
最大出力
- 前/後:82ps/95ps
モーター
最大トルク
- 14.0kgm/19.9kgm
トランス
ミッション
8AT CVT
バッテリー - リチウムイオン
バッテリー
13.8kWh
駆動方式 2WD/4WD 4WD
乗車定員 7名 5名
ハイブリッド
WLTCモード燃費
- 16.4km/L
充電電力使用時
WLTCモード
EV走行距離
- 57.6km
EV走行
最高時速
- 135km/h

三菱 新型 アウトランダー フルモデルチェンジ 2021年2月16日発表

amazon live

https://www.amazon.com/adlp/mitsubishioutlander

ソース

carscoops

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-三菱
-, ,

© 2021 最新自動車情報