MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

シボレー 新型「コルベット E-Ray」2024年モデル コルベット誕生70周年記念 電動4WDモデル 世界初公開

当ページのリンクには広告が含まれています。
Corvette E Ray hybrid

シボレーは、2024年モデルとなるコルベット史上初となる電動4WDモデル「コルベット E-Ray」を2023年1月17日(現地時間)世界初公開。2023年後半に北米で発売予定、日本導入時期については未定。

目次

シボレー 新型「コルベット E-Ray」2024年モデル

「コルベット E-Ray」にはV型8気筒 6.2リッターエンジンと電動4WDシステムを採用、最高出力495HP、最大トルク470lb.ftのトルクを発生する。シート間のフロアトンネルに電気モーターを設置して、1.9kWhのバッテリーパックを介して、前輪に最高出力160HPと最大トルク125lb.ftを供給。システム全体は、最高出力655HP/481kWを発生、0-60mph加速2.5秒、1/4マイル10.5秒で、史上最速の市販コルベットとしている。

電気駆動モード「ステルスモード」は、始動時に選択された場合、通常の走行のためにエンジンがオンになる前の一定期間、全電動走行を可能。近所を静かに出るように設計されており、最高速45mph(約72km/h)。車両の速度が制限を超えた場合、ドライバーが追加のトルクを要求した場合、または E-Ray のバッテリー パックが消耗した場合、エンジンは自動的に作動。電化推進システムを活用してトラックのパフォーマンスを向上させる場合、E-Ray の eAWD コントロール システムは、必要に応じてフロント アクスルにトルクを適用します。Charge+ 機能を使用して、長時間のラップでバッテリーの充電状態を最大化できる。カスタム設計されたパフォーマンス トラクション マネージメント (PTM) モードは、eAWD 推進システムと連携して最適化。

2024年のコルベット E-Rayは2023年に発売され、メーカー希望小売価格は1LZ クーペが104,295ドル、1LZ コンバーチブル モデルが111,295ドルで、製造はケンタッキー州にあるGMのボウリンググリーンアセンブリー施設で行われ、米国および世界中から調達する。

あわせて読みたい
シボレー 新型 コルベット (C8)初のハードトップコンバーチブル 2020年8月27日発表 シボレー のハイパフォーマンス・スポーツカー、新型「シボレー コルベット」コルベット史上初のハードトップを採用した「シボレー コルベット コンバーチブル」を2020...
あわせて読みたい
シボレー 新型 コルベット Z06 究極 最高性能モデル 2021年10月26日発表 シボレー のハイパフォーマンス・スポーツカー、新型「シボレー コルベット」最高性能の「シボレー コルベット Z06」を2021年10月26日発表した、2022年夏に生産が開始予...

シボレー ニュースリリース

https://media.chevrolet.com/media/us/en/chevrolet/home.detail.html/content/Pages/news/us/en/2023/jan/0117-eray.html

シボレー

https://www.chevroletjapan.com/

Corvette E Ray hybrid

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次