トヨタ

prius

トヨタ

2021/6/19

トヨタ 世界でプリウスを約190万台リコール

2014年2月12日、ハイブリッドシステムの制御ソフトに不具合があるとして、ハイブリッド車「プリウス」のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。 リコールするのは2009年3月から2014年2月に生産した車体ZVW30で、世界で190万台に上る。これまでに事故の報告はない。 ソース https://jp.reuters.com/article/t9n0kp02k-toyota-prius-recall-idJPTYEA1B04D20140212 トヨタ自動車リコール https://toyota ...

no image

トヨタ

2019/3/13

トヨタ メーカー初の世界生産年間1000万台達成 2年連続過去最高更新

トヨタ自動車は2014年1月29日、2013年の世界生産(ダイハツ工業、日野自動車含む)が前年比2.1%増の1011万台だったと発表した。 世界の自動車メーカーで初めて年間生産台数が1000万台を超えた。14年の生産台数も過去最高の1043万台を計画している。生産の内訳は、国内が同2.9%減の429万台、海外は6.1%増の582万台。メーカー別の生産台数はトヨタが1.8%増の889万台、ダイハツは4.9%増の104万台、日野が2.1%増の17万台だった。 トヨタは13年の世界販売が2.4%増の998万台を ...

no image

トヨタ

2021/6/19

トヨタ 2014年の世界販売台数を1032万台計画 2013年1位

トヨタ自動車は2014年1月23日、ダイハツ工業と日野自動車を含めた2014年の世界販売台数を、前年比4%増の1032万台とする計画を発表した。 2013年の販売実績は2%増の998万台で、世界2位の米ゼネラル・モーターズ(GM)と3位の独フォルクスワーゲン(VW)を抑えて2年連続の首位となり、世界の自動車メーカーで初の1000万台超えが目前となっている。好調な米国と中国での販売増で、頭打ちの国内分を補う考えだ。 2014年の世界生産計画は1043万台とした。これまでで最高だった13年実績の1012万台を ...

NOAH

トヨタ

2021/6/19

トヨタ 新型ヴォクシー ノア フルモデルチェンジ 2014年1月20日発売

トヨタは、新型「ヴォクシー」「ノア」をフルモデルチェンジし、ヴォクシーは全国のネッツ店、ノアは全国のトヨタカローラ店を通じて、2014年1月20日に発売した。トヨタ自動車によるとすでに3万台の事前注文が入っているとのこと。 新型ヴォクシー ノア フルモデルチェンジ 新型ヴォクシーならびにノアは、家族の夢を丸ごと載せる広々とした室内空間を実現し、Fun(快適性)、Utility(使用性)、Nenpi(燃費)を高次元で融合する「Spacious FUN Box」をキーワードに開発した、次世代のスペースミニバン ...

トヨタ

2020/5/1

BMWとトヨタが共同スポーツカーのプラットフォーム共同開発に最終的に合意

フランクフルト(ロイター) - BMWとトヨタはスポーツカーの共同プラットフォームを開発することで合意した。 BMWとトヨタはスポーツカーの共同プラットフォームを開発 トヨタ社長「豊田章男」とBMW最高経営責任者(CEO)「ノルベルト·ライトホーファー」は、長期的なコラボレーションのための結合の協定を締結しました。BMWの開発責任者ハーバートDiessはドイツの新聞に語った。"我々は、スポーツカーのために共同アーキテクチャに合意しました。重要なことは2ブランドに本格的な2つの異なる車両があることである、「 ...

harrier

トヨタ

2021/6/19

トヨタ 新型 ハリアー目標台数8倍の2万台受注

新型ハリアーの受注台数は、2013年11月13日の発表から、およそ1カ月にあたる2013年12月11日時点で約20,000台と、好調な立ち上がりとなっている。 受注台数 受注台数 約20,000台 参考:月販目標台数 2,500台 受注台数内訳 ガソリン車 約12,000台、ハイブリッド車 約8,000台 主な好評点  「流麗で力強い」エクステリアや、「高級感ある洗練された」インテリアなど、ハリアー独自のブランドイメージを継承しつつ進化させたデザイン 国内専用車として、取り回しやすさと室内空間の拡大を両立 ...

VERSO

トヨタ

2021/6/19

欧州向けトヨタ 新型 バーソBMWのディーゼルエンジン搭載 提携第1弾 2014年1月~

トヨタ自動車は2日、欧州市場向けの小型車「バーソ」に、独BMWのディーゼルエンジンを搭載したモデルを追加投入すると発表した。2年前に合意した両社の技術提携の具体化第1弾。トヨタは2014年1月からトルコ工場で生産し、欧州では低燃費車として広く普及しているディーゼル車の製品群を拡充する。 トヨタ 新型 バーソについて 搭載するのはBMWの排気量1600ccのエンジン。トヨタは従来のモデルに同2000~2200ccのディーゼルエンジンを搭載しているが、小型エンジンの技術にたけたBMWからの調達で開発コストを抑 ...

NOAH

トヨタ

2021/6/19

トヨタ 新型 ノア ヴォクシー フルモデルチェンジ ハイブリッド 23.8km/L 2014年初頃に発売

トヨタが新型ノア・ヴォクシーのフルモデルチェンジを行い2014年1月20日から発売を開始する。もちろん、ハイブリッド車とてリリースする。発売は2014年2月24日より 新型 ノア ヴォクシー フルモデルチェンジについて 仕様はプリウスαと同じ1.8エンジン+モーターでJC08モードで23.8km/Lとなる。気になる価格だが、285~297万円のようだ。ノア・ヴォクシーにより更に進化するTHSⅡ。もちろん、5ナンバーサイズを維持することは間違えないようである。現行でも用意されている大型バンパーもある様だ。( ...

アクア Gs

トヨタ

2019/10/12

トヨタ 新型 アクア G SPORTS 通称「G'sジーズ」を新設定 2013年12月9日発売

トヨタは、アクアを一部改良し、全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店を通じて、2013年12月2日に発売する。 トヨタ 新型 アクア 一部改良について 今回の改良では、エンジンのフリクションを低減するとともに、モーターやインバーターなどの制御を改良しハイブリッドシステムの効率を一段と高めることで、世界トップの低燃費37.0km/L(従来型比+1.6km/L)を実現した。また、サスペンションにチューニングを施すなど乗り心地を向上させたほか、遮音材の追加などにより静粛性を高めている。 さらに ...

premi aqua

トヨタ

2019/10/11

トヨタ 新型 アクア(Premi AQUA)プレミ アクア、クラウンアスリートの様な顔立ち 東京モーターショー2013に出展

2013年11月18日、トヨタ自動車東日本が公式Facebookページで明らかにしたもの。『アクアAIR』、『アクア クロス』、『アクア Gスポーツ』に続いて、4台目の『アクア』のコンセプトカー、『Premi AQUA』(『プレミ アクア』)をワールドプレミアすると発表している。 Premi AQUA Premi AQUAは、アクアをベースに、高級感を追求したコンセプトカー。そのハイライトはフロントマスク。大胆にも、新型『クラウン アスリート』を思わせる大型グリルを装着。さらにヘッドライトやバンパーも変更 ...

トヨタ

2019/10/11

トヨタ 次世代燃料電池自動車「TOYOTA FCV CONCEPT」2015年発売

次世代燃料電池自動車「TOYOTA FCV CONCEPT」(第43回東京モーターショー2013 世界初出展) 次世代燃料電池自動車「TOYOTA FCV CONCEPT」 セダンタイプの専用ボディに、小型・軽量化した自社開発の新型燃料電池(FCスタック)や70MPa高圧水素タンク2本を、床下に配置した高効率パッケージエクステリアは、FCVならではの「空気を吸い水を生成する機能」とモーターによる「力強い走り」の イメージを具現化。フロントは、空気を吸い込む大型サイドラジエーターグリルを強調したデザインを採 ...

トヨタ

2019/10/11

トヨタ 新型 アクア 一部改良 JC08モード37km/L 2013年12月2日発売 首位を取り戻す

トヨタ自動車は2013年12月2日に主力の小型ハイブリッド車(HV)「アクア」を一部改良して全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店を通じて発売する。 アクア 一部改良について 燃費性能をガソリン1リットルあたり37.0km/Lに高める。9月にホンダが発売した新型「フィットHV」からHVの燃費性能トップを奪い返すことで、国内で車種別の販売首位の座を守る。 現行のアクアの燃費はガソリン1リットルあたり35.4km/L。HV制御システムなどを改良し、フィットの36.4km/Lを上回る燃費性能と ...

harrier

トヨタ

2021/6/19

トヨタ 新型 ハリアー ハイブリット すでに1万台受注

トヨタ自動車は2013年11月13日、多目的スポーツ車(SUV)「ハリアー」を全面改良し、2013年12月2日に発売すると発表した。ハイブリッド車(HV)は2014年1月15日に発売する。車線をはみ出す恐れがある場合に警報を発しながら運転操作を助けるなど、安全運転の支援機能を充実させた先進性をアピールする。月2500台の販売を目指す。 ガソリン車発売 価格:272万円~378万9000円 ハイブリッド車発売 価格:361万円~447万円 新型 ハリアー について トヨタが全面改良して発売する「ハリアー」と ...

harier

トヨタ

2019/12/9

トヨタ 新型 ハリアー ハイブリッド フルモデルチェンジ2013年12月2日と2014年1月15日発売

今年の冬ついにハリアーが復活する。2013年12月2日ガソリン車発売、価格は272万円~378万9000円。2014年1月15日ハイブリッド車を発売、価格は361万円~447万円となる。 ハリアーについて 初代ハリアーは、乗用車をベースにした高級クロスオーバーSUVの先駆けとして、1997年にデビュー。2003年にデビューした2代目ハリアーも、初代の魅力をさらに進化。2005年にはハイブリッドモデルも追加、大ヒット。 その後2009年にフルモデルチェンジを果たした3代目は、日本市場でもレクサス店へ移行。( ...

サイ

トヨタ

2019/10/11

トヨタ 新型 SAI ビックマイナーチェンジ 2013年8月29日発売

トヨタのハイブリッドカー「SAI」がマイナーチェンジされ2013年8月29日に発売した。 新型 SAI ビックマイナーチェンジ おじさん臭いイメージのあるSAIだが今回は外観や内装のデザインをフルモデルチェンジ並みに変更した。特に前面はかなり印象が変わっており、若者にも受ける顔つきになった。さらに、車両本体価格は321万~421万円。最も手頃な仕様ではナビゲーションを標準装備から外し、従来モデルよりも17万円引き下げた。 値段を下げたことでプリウスよりも高級感が欲しい人には手の届きやすい価格設定となった。 ...

© 2021 最新自動車情報