トヨタ 新型 カローラスポーツ 他社徹底比較

toyota-corolla_sports 競合車種比較
toyota corolla sports

トヨタは新型「カローラスポーツ」を2018年6月26日発売。トヨタカローラ店を通じて販売を開始。2018年8月2日にカローラ スポーツに6速マニュアルトランスミッション(6速MT)搭載車を新設定し発売を開始した。

現在発売される同等クラス競合車種との比較を行ってみた。競合車種として上げるのがマツダ新型「MAZDA3(アクセラ)」スバル新型「インプレッサスポーツ」ホンダ新型「シビック」となるだろう。

新型カローラスポーツについて

toyota-corolla_sports

トヨタ 新型カローラスポーツ

2代目「オーリス」の実質的な後継車種として「カローラスポーツ」を発売。5ドアハッチバックタイプカローラシリーズとしては、12代目新型へのフルモデルチェンジした。米国向けは「カローラハッチバック」と名称で販売。TNGA(Toyota New Global Architecture)(GA-Cプラットフォーム)と呼ばれる新開発のプラットフォームを採用することによって、現行モデルよりも広い室内空間を得ることが可能。先代のオーリスは現行に比べ全長が+40mm、ホイールベースが+40mm、全幅は+30mm、全高は-25mm。車両のカウルの高さは従来よりも-47mm下がり前方の視界が向上している。

新型カローラスポーツスペック

スペック 新型カローラスポーツ
全長 4,375mm
全幅 1,790mm
全高 1,460mm
ホイールベース 2,640mm
エンジン 直列4気筒 DOHC 1.8L
+モーター(THSⅡ)
直列4気筒 DOHC
1.2L 直噴ターボエンジン
最高出力 72kW(98ps)/
5,200rpm
85kW(116ps)/
5,200-5,600rpm
最大トルク 142Nm(14.5kgm)/
3,600rpm
185Nm(18.9kgm)/
1,500-4,000rpm
フロントモーター最大出力 53kW(72ps)
フロントモーター最大トルク 163Nm(16.6kgm)
リアモーター最大出力 5.3kW(7.2ps)
リアモーター最大トルク 55Nm(5.6kgm)
システム出力 90kW(122ps)
トランスミッション 電気式無段階変速機 6iMT/CVT
駆動方式 2WD 2WD/4WD
乗車定員 5名
JC08モード燃費 30.0~34.2km/L 17.2~19.6km/L
WLTCモード燃費 25.6~30.0km/L 15.2~16.4km/L
価格 241万9,200円〜
268万9,200円
213万8400円〜
241万9,200円

新型カローラスポーツの情報はこちら

トヨタ 新型 カローラスポーツ ハイブリッド オーリス フルモデルチェンジ TNGA採用 2018年6月26日発売

トヨタ新型カローラスポーツ VS マツダ新型MAZDA3

マツダも今回からアクセラを車名を変えて新世代商品第一弾としてグローバルモデル新型「MAZDA3」として発売する。

マツダの新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブテクノロジー)」と次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用 車両構造技術「SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」を採用。全方位で洗練されたダイナミック性能を実現。インテリアはメーターパネルを液晶化し、マツダコネクトは最新の「NEW MAZDA CONNECT(ニューマツダコネクト)」TFT 8.8インチのインフォテインメントシステムが搭載「Android Auto」と「Apple CarPlay」に対応となる。「NEW MAZDA CONNECT(ニューマツダコネクト)」は運転中の操作は危険だとし、タッチパネルは非搭載で全てはコマンダーコントロールで操作で行う。USB12V接続を装備。電動パーキングブレーキとホールドを採用。日本モデルのエンジンラインナップは「SKYACTIV-G 1.5」「SKYACTIV-G 2.0」「SKYACTIV-D1.8」「SKYACTIV-X」がラインナップ。

mazda3

新型 mazda3

 

トヨタ新型カローラスポーツ VS マツダ新型MAZDA3 ボディサイズ比較

サイズ 新型 カローラスポーツ 新型MAZDA3
全長 4,375mm 4,459mm
全幅 1,790mm 1,797mm
全高 1,460mm 1,440mm
ホイールベース 2,640mm 2,726mm
乗車定員 5名 5名

全長とホイールベースは新型MAZDA3の方が長くホイールベースが長い分安定性や路面に伝わる振動が少なくなる。

トヨタ新型カローラスポーツ VS マツダ新型MAZDA3 エンジン比較

スペック 新型 カローラスポーツ 新型MAZDA3
エンジン 直列4気筒 DOHC
1.2L 直噴ターボエンジン
1.5L 直4気筒
エンジン
SKYACTIV-G 1.5
最高出力 85kW(116ps)/
5,200-5,600rpm
82kW(111ps) /
6,000rpm
最大トルク 185Nm(18.9kgm)/
1,500-4,000rpm

144Nm(14.7kgm)/
3,500rpm

トランスミッション 6iMT/CVT 6速AT /6速MT
駆動方式 2WD(FF)/4WD 2WD(FF)/4WD
JC08モード燃費 17.2~19.6km/L
WLTPモード燃費 15.2~16.4km/L 15.8km/L〜17.8km/L
価格 213万8400円〜
241万9,200円
218万1,000円〜
250万6,080円

新型カローラスポーツも新型MAZDA3も最高出力はほぼ同様だが最大トルクでは新型カローラスポーツが上回っている。しかし、燃費では新型MAZDA3が上回る。

新型MAZDA3の情報はこちら

マツダ 新型 MAZDA3 アクセラ フルモデルチェンジ SKYACTIV-X搭載 2019年5月発売

トヨタ新型カローラスポーツ VS スバル新型インプレッサスポーツ

現行モデルは5代目で2016年10月に発売された。現行インプレッサはマイナーチェンジを行いC型として2018年10月11発表、11月2日発売開始。次世代プラットフォーム「Subaru Global Platform(SGP)」を採用。国産車で初となる「歩行者保護エアバッグ」を全車標準搭載。スバル アイサイトver.3 全車標準搭載。

subaru_impreza

subaru impreza

トヨタ新型カローラスポーツ VS 新型インプレッサスポーツ ボディサイズ比較

サイズ 新型 カローラスポーツ 新型インプレッサスポーツ
全長 4,375mm 4,460mm
全幅 1,790mm 1,775mm
全高 1,460mm 1,480mm
ホイールベース 2,640mm 2,670mm
乗車定員 5名 5名

新型カローラスポーツも新型インプレッサスポーツもサイズはほぼ同様。

トヨタ新型カローラスポーツ VS 新型インプレッサスポーツエンジン比較

スペック 新型 カローラスポーツ 新型インプレッサスポーツ
エンジン 直列4気筒 DOHC
1.2L 直噴ターボエンジン
1.6L水平対向4気筒
DOHC
最高出力 85kW(116ps)/
5,200-5,600rpm
85kW(115ps)/
6,200rpm
最大トルク 185Nm(18.9kgm)/
1,500-4,000rpm

148Nm(15.1kgm)/
3,600rpm

トランスミッション 6iMT/CVT 6AT
(リニアトロニック)
駆動方式 2WD(FF)/4WD AWD
(4WD)
JC08モード燃費 17.2~19.6km/L 18.2km/L
WLTPモード燃費 15.2~16.4km/L
価格 213万8400円〜
241万9,200円
192万2,400円〜
216万円

新型カローラスポーツも新型インプレッサスポーツも最高出力はほぼ同様だが最大トルクでは新型カローラスポーツが上回っている。しかし、車体価格は新型インプレッサスポーツの方が安く設定されており燃費もほぼ同等なので金額面では新型インプレッサスポーツが良さそうだ。

新型インプレッサスポーツの情報はこちら

スバル 新型 インプレッサ マイナーチェンジ C型 オートビークルホールド機能搭載 2018年10月11発表、11月2日発売

トヨタ新型カローラスポーツ VS ホンダ新型 シビック ハッチバック

現行モデルは10代目となる新型シビックは2日本では2017年7月27日に正式発表、9月29日発売した。新設計のプラットフォーム「Honda compact global platform」を使い、シャシーを全面刷新。シャーシ。ボディ剛性を25%も向上しながら、最も軽いバージョンで1,240kgで約30kgもの軽量化された。1.5L 4気筒 i-VTEC 直噴ターボエンジン最高出力182ps、最大トルク22.4kgm。先進運転支援システムの「ホンダセンシング」を標準搭載。

トヨタ新型カローラスポーツ VS ホンダ新型 シビック ハッチバック ボディサイズ比較

サイズ 新型 カローラスポーツ ホンダ新型 シビック ハッチバック
全長 4,375mm 4,520mm
全幅 1,790mm 1,800mm
全高 1,460mm 1,435mm
ホイールベース 2,640mm 2,700mm
乗車定員 5名 5名

新型カローラスポーツも新型シビック ハッチバックもサイズはほぼ同様。

トヨタ新型カローラスポーツ VS ホンダ新型 シビック ハッチバックエンジン比較

スペック 新型 カローラスポーツ ホンダ新型 シビック ハッチバック
エンジン 直列4気筒 DOHC
1.2L 直噴ターボエンジン
1.5L 4気筒ターボ
エンジン
VTEC Turbo
最高出力 85kW(116ps)/
5,200-5,600rpm
134kW(182ps)/
5,500(6,000)rpm
最大トルク 185Nm(18.9kgm)/
1,500-4,000rpm

220Nm(22.4kgm)/
1,700-5,500rpm

トランスミッション 6iMT/CVT CVT(7速モード付)
6速MT
駆動方式 2WD(FF)/4WD 2WD (FF)
JC08モード燃費 17.2~19.6km/L 18.0km/L
17.4km/L
WLTPモード燃費 15.2~16.4km/L
価格 213万8400円〜
241万9,200円
280万440円

新型シビック ハッチバックは新型カローラスポーツに比べ最高出力と最大トルクで大幅に上回っている。MT選択が可能であることと速さを求める人には是非オススメしたい。しかし、車体価格は新型カローラスポーツの方が安く設定されており燃費もほぼ同等なので金額面では新型カローラスポーツが良さそうだ。

新型シビックハッチバックの情報はこちら

ホンダ 新型 シビック ハッチバック フルモデルチェンジ 1.5L i-VTEC 直噴ターボエンジン搭載 日本で2017年9月29日発売

最後に一言

いかがですか?新型カローラスポーツのライバル車たちは各社の特色を活かした魅力的なモデルであることは間違いない。しかし、価格、スペック、燃費全てにおいてトータル的にはワンランク上だと言えるだろう。新型カローラは世界的に大ヒット車種であるが、日本国内においてはイマイチぱっとしない。今後販売台数が伸びるか、また今後のカローラシリーズに期待したい。

トヨタ カローラ スポーツ (ハッチバック)

https://toyota.jp/corollasport/

トヨタ

https://toyota.jp/

競合車種比較
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました