スズキ 新型 エブリイワゴン マイナーチェンジ(一部改良)2019年6月発売

everiwagon スズキ

スズキはエブリイワゴンのマイナーチェンジ(一部改良)を行い2019年6月発売する。

エブリイワゴン マイナーチェンジ(一部改良)について

エブリイワゴンは現行モデルに搭載される安全装備は全グレードにレーダーブレーキサポートを標準装備であるが、新型ワゴンRなどと同様にマイナーチェンジ(一部改良)を行い現行モデルのレーダー方式から単眼カメラ+赤外線レーザーレーダー方式で前方を検知するシステム「デュアルセンサーブレーキサポート」を採用。誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能を標準装備する。

デュアルカメラブレーキサポートについて

「レーダーブレーキサポート」からステレオカメラ方式の衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」に変更となる。

1.前方衝突警報機能 約5km/hから約100km/hで走行中、ステレオカメラが前方の車両や歩行者を検知。衝突の可能性があると判断した場合、ブザー音とメーター内の表示によって警報を発する機能。

2.前方衝突警報ブレーキ機能 衝突の可能性が高まると、警報に加え自動的に弱いブレーキを作動させ、運転者に衝突回避を促す機能。

3.前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能 衝突の可能性が高いと判断したあと、運転者が強くブレーキを踏むと、ブレーキアシストが作動しブレーキ制動力を高める機能。

4.自動ブレーキ機能 衝突が避けられないと判断した場合に、自動で強いブレーキが作動し、衝突の回避、または衝突被害を軽減する機能。

誤発進抑制機能 ペダルやシフトの操作ミスによる衝突の回避に貢献
前方約4m以内の障害物をステレオカメラで検知。停車、または約10km/h以下の徐行中、障害物があるにもかかわらずアクセルを大きく踏み込んだ場合に、エンジン出力を自動で抑えて急発進、急加速を抑制する機能。

車線逸脱警報機能 車線を外れそうになるとブザー音とメーター内の表示灯で警報。約60km/hから約100km/hで走行中、ステレオカメラが車線の左右区画線を認識。車線を逸脱すると判断した場合、ブザー音とメーター内の表示灯によって運転者に注意を促す機能。

ふらつき警報機能 車両が蛇行するとブザー音とメーター内の表示灯で警報。約60km/hから約100km/hで走行中、ステレオカメラが車線内での車両の蛇行パターンから、ふらつきと判断した場合、ブザー音とメーター内の表示灯によって運転者に注意を促す機能。

先行車発進お知らせ機能 先行車の発進をブザー音とメーター内の表示でお知らせ 。停車時、先行車が発進して約4m以上離れても、自車が停止し続けた場合、ブザー音とメーター内の表示で運転者に先行車が発進したことをお知らせする機能。

レーダーブレーキサポートとデュアルカメラブレーキサポートの比較

機能システム レーダー
ブレーキサポート
デュアルセンサー
ブレーキサポート
方式 レーザーレーダー レーザーレーダー
+カメラ
前方衝突軽減
ブレーキアシスト 

(80km/h以下・
対歩行者 60km/h以下)
衝突回避前方
衝突警報機能 


(100km/h以下・
対歩行者 60km/h以下)
自動ブレーキ 
被害軽減

(5km/h~約30km/h)

(100km/h以下・
対歩行者 60km/h以下)
誤発進抑制 
前方
車線逸脱警報
先行者発進お知らせ
後退時
ブレーキサポート
ハイビームアシスト
ふらつき警報機能
標識認識機能

スズキ SUZUKI Safety Support 搭載車まとめ

エブリイ について

軽商用車「エブリイ」は1996年度から2017年度までの軽キャブバンクラスにおいて、新車販売台数第1位を22年連続で獲得している。スズキが販売するワンボックス型の軽自動車である。

1964年-1982年 初代 キャリイバン
1968年 キャリイバン となる。
1982年 マイナーチェンジ キャリイバンの上級グレードが車名を変更して「エブリイ」となる。

1985-1991年 2代目
1985年 フルモデルチェンジ
1988年 マイナーチェンジ
1990年3月 2度目のマイナーチェンジ

1991-1998年 3代目
1991年9月 モデルチェンジ
1991年11月 ターボRZ スーパーマルチルーフ追加。
1997年4月 マイナーチェンジ

1999-2005年 4代目/ワゴン初代
1999年1月6日 軽自動車の規格改正とともにフルモデルチェンジ
1999年6月17日 乗用ワゴンタイプの「エブリイワゴン」追加。
1999年8月9日「エブリイ 電気自動車」を発売。
1999年11月25日 一部改良
1999年12月14日 燃料に圧縮天然ガス(CNG)を使用した「エブリイ 天然ガス (CNG) 自動車」を発売。
2001年9月4日 一部改良

2005年-2015年 5代目/ワゴン2代目
2005年8月26日 フルモデルチェンジ
2006年1月 仕様変更
2007年7月9日 「エブリイ」「エブリイワゴン」共に一部改良
2007年11月「エブリイワゴン」を仕様変更
2010年5月18日 「エブリイ」「エブリイワゴン」共に一部改良
2014年10月 仕様変更

2015年- 6代目/ワゴン3代目
2015年2月18日 約9年半ぶりにフルモデルチェンジ
2015年4月1日 エブリイを仕様変更
2017年5月19日 4AT車を追加設定。
2018年6月15日 国内累計販売台数300万台達成

エブリイ スペックについて

スペック エブリイ
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,910mm
ホイールベース 2,430mm
室内長 2,240mm
室内幅 1,355mm
室内高 1,420mm
前後乗車距離 1,080mm

に変更となり、ホイールベース以外はどれもクラストップである。
()は現行モデル。高張力鋼板の使用範囲を増やしたボディーをはじめ、エンジンや足回り、内装、電装部品等、車両全体で40kg (5MT車。先代モデルとの比較)の軽量化を実現。

また、最近スズキの主流となっているエンジンR06Aを採用。自然吸気のR06Aエンジンと5AGSミッションを組み合わせたモデルと軽量化によりJC08モード燃費20.2km/L(現行16.4km/L)とする。

スペック R06A
エンジン 直列3気筒DOHC 660cc VVT
最高出力 49ps/5700rpm
最大トルク 6.3kgm/3500rpm
トランスミッション 5AGS
駆動方式 2WD (FR) 
JC08モード燃費 20.2km/L(現行16.4km/L)

ターボモデルのエブリイワゴンも当然存在する、R06AのインタークーラーターボでJC08モード燃費16.2km/L(現行14.4km/L)となる。

スペック R06A
エンジン 直列3気筒DOHC 660ccインタークーラーターボ
最高出力 64ps/6000rpm
最大トルク 9.7kgm/3000rpm
トランスミッション 5AGS
駆動方式 2WD (FR) 
JC08モード燃費 16.2km/L(現行14.4km/L)

自然吸気R06Aエンジンは「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」を取得。5速AGS車は「平成27年度燃費基準+20%」をクリアしてエコカー減税で自動車取得税自動車重量税が免税(100%減税)。

スズキ エブリイ

https://www.suzuki.co.jp/car/everywagon/

スズキ

https://www.suzuki.co.jp/

スズキ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました