ホンダ 新型 フィット 4代目 実車 5種類のデザインは?e:HEVは一体どうなんだ?

ホンダ

ホンダは新型フィットのフルモデルチェンジを行い2020年2月に発売する。東京モーターショー2019にて2019年10月23日から11月4日まで「有明エリア(東京国際展示場 西展示棟1階)」に新型「フィット」世界初公開し実車を展示。

新型フィット フルモデルチェンジで何が変わった?

エクステリアやインテリアデザインを変更。「BASIC(ベーシック)」「HOME(ホーム)」「NESS(ネス)」「LUXE(リュクス)」「CROSSTAR(クロスター)」と異なる5タイプを採用。今までのグレードの変わりにキャラクター選択をする。更に、乗り心地や視界にこだわった室内空間に仕上げている。

ハイブリッドモデルには、2モーターハイブリッドシステムをHondaのコンパクトカーとして初めて搭載、「e:HEV(イーエイチイーブイ)」の名称で展開する。

先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」に、前方を広角に検知するフロントワイドビューカメラを新たに採用。

Honda車専用車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダ コネクト)」を日本初搭載。

新型フィット 4代目 エクステリアは?

東京モーターショー2019では異なる5タイプを全て展示。サイズやエンジンスペックなどは非公開であった。

BASIC(ベーシック)

HOME(ホーム)

CROSSTAR(クロスター)

LUXE(リュクス)

NESS(ネス)

NESSはスポーツタイプ。フィットネスからきている。

HOMEは居心地のいい家をイメージしてある。

新型「フリード」と同様に唯一、車高を30mmアップさせたクロスオーバースタイルのエクステリアデザインが特長とした「CROSSTAR(クロスター)」を設定。「クロスター」は専用デザインのフロントグリルと前後バンパー、アルミホイールを採用している。少し奇抜さを感じるが果たして、人気が出るかいなか。

エクステリアもキリッとした3代目からフォワッとした印象のある4代目となった。初代や2代目に戻った印象だ。

FIT 2代目

FIT 3代目

新型フィット 4代目 インテリアは?

4代目は「ボディースタビライジングシート」を採用し長時間ドライブでも疲れにくく、やわらかな座り心地を実現したシート構造としたそうで、実際に座った感覚は確かに1クラス上のシートに座っている感覚がありました。更にメーター周りに7インチ液晶パネルを採用しておりこのクラスでの導入は素晴らしいという印象。

フロントピラーを従来とは異なる断面構造とし、万が一の衝突時にはボディーへ荷重を流す構造を採用。フロントAピラーが本当に細く少し違和感まで感じてしまうほどだが確かに右折、左折時の視界においては妨げが少ないだろう。

インテリアパネルは水平・直線基調のデザインとし、車内からはワイパーを見えにくくすることで視界を良くした。実車に乗るとわかるがワイパーなどが視界に入らない位置に設置されており視界がより良くなった印象を受けた。

電動パーキングブレーキ&ホールドもどのタイプにも付いており標準装備されている。

後部座席は初代からセンタータンクレイアウトを採用しており広い印象がある。

ホンダ車専用車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダ コネクト)」を日本初搭載。スマートフォンによるリモート操作や、事故などの緊急時にクルマ自体が緊急サポートセンターに繋がり、迅速で的確な対応が可能となるトラブルサポートが可能。

新型フィット 4代目 エンジンは?

1.5L i-VTECエンジン+モーター「2モーターハイブリッドシステムのi-MMD(e:HEV)」と1.3L i-VTECエンジンモデルをランナップ。e:HEVは現行に比べ2モーターになりよりモーターでの走行を可能にするため、燃費面では3代目を超えることは間違いない!同時期2020年2月に発売することになる新型「ヤリス」との戦いでどうなっていくか気になるところだろう。

スペック 新型フィット 新型フィット
ハイブリット
全長 3,995mm
全幅 1,695mm
全高 1,525mm
ホイールベース 2,650mm
エンジン 1.3L i-VTECエンジン 1.5L i-VTECエンジン
+新型i-MMD (e:HEV)
最高出力 73kW (100PS)/
6,000rpm
80kW(109PS)/
6,000rpm
最大トルク 119Nm (12.1kgm)/
5,000rpm
134Nm(13.7kgfm)/
5,000rpm
モーター
最高出力
96kW(131PS)/
4,000-8,000rpm
モーター
最大トルク
267Nm(27.2kgfm)/
0-3,000rpm
トランス
ミッション
CVT/5MT 電気式
無段階変速機
駆動方式 2WD(FF)/
4WD
2WD(FF)/4WD
乗車定員 5名
JC08モード燃費 25.0km/L(2WD)
22.0km/L(4WD)
39.0km/L
WLTCモード燃費 35.0km/L
価格 150万円-200万円 180万円-250万円

新型フィット 4代目 安全装備は?

先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を標準搭載。

システム 装備 新型フィット
CMBS(昼・夜間歩行者 自転車)
誤発進抑制機能
歩行者事故低減ステアリング
路外逸脱抑制機能
渋滞追従機能付ACC
LKAS
先行車発進お知らせ機能
標識認識機能
後方誤発進抑制機能
オートマチックハイビーム
近距離衝突軽減ブレーキ

新型 フィット 4代目 感想

エクステリアは初代、2代目を彷彿とさせる可愛らしいスタイルに戻り愛着の出るデザインに仕上がっている印象である。インテリアは見た目ではわからない細かい工夫がされており、視界の良さや、座り心地の良さを感じることができた。ハイブリッドシステムには新型i-MMD (e:HEV)を採用。電動パーキングブレーキ&ホールドを採用。歴代フィット同様、センタータンクレイアウトと呼ばれるホンダ独自の特許技術により、同クラスのコンパクトカーよりも、広い室内空間を提供しており、他社と比べても非常にバランスの取れたモデルになった印象である。

ホンダ 新型 フィット 4代目 フルモデルチェンジ ハイブリッド「e:HEV」搭載 2020年2月発売

ホンダ 新型 フィット 4代目 フルモデルチェンジ ハイブリッド「e:HEV」搭載 2020年2月発売
ホンダは新型フィットのフルモデルチェンジを行い2020年2月に発売する。 ハイブリッドモデルには、2モーターハイブリッドシステムをHondaのコンパクトカーとして初めて搭載、「e:HEV(イーエイチイーブイ)」の名称で展開する。 新型フ...

ホンダ 新型 フィット 4代目 フルモデルチェンジ ハイブリッド「i-MMD」搭載 2020年2月発売

ホンダ 新型 フィット 4代目 フルモデルチェンジ ハイブリッド「i-MMD」搭載 2020年2月発売
ホンダは新型フィットのフルモデルチェンジを行い2020年2月に発売する。「2モーターハイブリッドシステムのi-MMD(e:HEV)」を採用。クロスオーバースタイルのエクステリアデザインが特長とした「CROSSTAR(クロスター)」を新設定。

トヨタ 新型 ヤリス 4代目 ヴィッツ後継として フルモデルチェンジ TNGA 採用 2020年2月発売

トヨタ 新型 ヤリス 4代目 ヴィッツ後継として フルモデルチェンジ TNGA 採用 2020年2月発売
トヨタはヴィッツ (ヤリス) 4代目のフルモデルチェンジを計画しており、日本では2019年12月に発表、2020年2月発売する。現行ヴィッツは2010年12月22日に正式発表し発売が開始された世界的に人気がある車種である。発売から丸9年目の...

トヨタ 新型 ヤリス 実車 デザイン一新 改名 理由について迫る!

トヨタ 新型 ヤリス 実車 デザイン一新 改名 理由について迫る!
トヨタは、第46回東京モーターショー2019にて2019年10月25日から11月4日まで「青海エリア(ヴィーナスフォート内 2階 ZARA付近)」に新型「ヤリス ハイブリッド」の実車を展示。新型「ヤリス」は2020年2月中旬に発売を予定。 ...

ホンダニュースリリース

https://www.honda.co.jp/news/2019/4191023.html

ホンダ フィット

https://www.honda.co.jp/Fit/new/