ホンダ 中国向け 5台の新型EVを発表 第1弾「e:NS1」「e:NP1」2022年春に発売

ホンダは中国市場向けに電気自動車(EV)の市販予定モデル2車種とコンセプトモデル3車種を2021年10月13日世界初公開した。 新型EVの「e:NS1」と「e:NP1」を、シリーズ第1弾として、それぞれ東風Hondaと広汽Hondaより2022年春に発売。

目次

HondaブランドEV 「e:N」シリーズとして発売

カーボンニュートラルの実現を目指す電動化技術「e:Technology」に、New/Nextといった次世代に向けた新たな価値創造を表すNを冠した「e:N」シリーズは今後5年間で10車種を発売し、輸出も視野に展開する予定。

e:Nシリーズ第1弾「e:NS1」「e:NP1」 ヴェゼル (HR-V)ベース

新型「ヴェゼル(HR-V)」をベースにしたHondaならではのスポーティーで爽快な走りや、安全・快適でスマートな移動空間、シンプルでシャープなスタイリングを実現した新型EVの「e:NS1」と「e:NP1」を、シリーズ第1弾として、それぞれ東風Hondaと広汽Hondaより2022年春に発売。

e:Nシリーズ 3つのコンセプトモデル

今後5年以内の発売を目指して3つのコンセプトモデル「e:N COUPE Concept」「e:N SUV Concept」「e:N GT Concept」の開発を進めている。

全方位安全運転支援システム「Honda SENSING 360」を採用


全方位安全運転支援システム「Honda SENSING 360」を2022年に中国から適用開始。2030年までに、中国を含む先進国の四輪車全ラインアップへの適用。

あわせて読みたい
ホンダ 全方位安全運転支援システムHonda SENSING 360 とは何か? Hondaは、車両周辺の死角をカバーし、交通事故の回避やドライバーの運転負荷の軽減をサポートする全方位安全運転支援システム「Honda SENSING 360(ホンダ センシング ...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる