マツダ 新型 CX-5 マイナーチェンジ (商品改良) 最新マツダコネクト 10.25インチ搭載 2020年11月 発売

マツダ

マツダは「CX-5」マイナーチェンジ を行い日本にて2020年11月に発売する。

CX-5 マイナーチェンジ 2020年 モデルについて

新型「MAZDA3」同様の最新世代のマツダコネクトインフォテインメントシステム「NEW MAZDA CONNECT(ニューマツダコネクト)」を備えた新しい「10.25インチ」の大型センターディスプレイには、「Apple CarPlay」「Android Auto」機能を搭載。

CX-5

マツダ 新型 CX-5 マイナーチェンジ 最新マツダコネクト 10.25インチ搭載 2020年8月25日発表
マツダは「CX-5」マイナーチェンジ を行い2021年モデルとして米国にて2020年8月25日発表(現地時間)発表した。特別仕様車「Carbon Edition」は、大胆な配色で、米国でのブランドのベストセラー車に独自性をもたらしている。2...
マツダ 新型 MAZDA3 アクセラ フルモデルチェンジ 2019年5月24日発売
マツダは「アクセラ」 セダン/ハッチバックのフルモデルチェンジを行い、2019年5月24日に発売する。今回から新世代商品第一弾とし全世界共通で車名を「MAZDA3」改名した。 価格:218万1,000円〜362万1,400円 先行予約は...

CX-5のマイナーチェンジ (商品改良)2019年 モデルについて

マツダ 新型 CX-5 商品改良を行い日本では2019年12月12日から受注開始。2020年1月17日に発売する。年次改良となる今回は利便性や快適性を向上。すべてのエンジンモデルにおいて2WDとAWDのどちらの駆動方式も選択可能。特別仕様車「Silk Beige Selection(シルク ベージュ セレクション)」を新たに設定した。塗布型制振材の採用により雨粒がルーフを叩くことで発生する騒音を低減させ、上質感を高める。インテリアは「WVGAセンターディスプレイのサイズを大型化(7インチ→8インチ)」。電動スライド&リクライニング機構やベンチレーション機能を装備、運転席や助手席だけでなく、2列目シートの同乗者にもくつろいでいただける空間とする。パワートレインでは、すべてのエンジンモデルにおいて2WDとAWDのどちらの駆動方式も選択可能。AWD車には、「オフロード・トラクション・アシスト」を採用。「ステアリング シフトスイッチ」を標準装備。ボディカラーに「ポリメタルグレーメタリック」を追加。新世代デザインの「アドバンストキー」を採用。特別仕様車「Silk Beige Selection」を設定。

マツダ 新型 CX-5 商品改良 特別仕様車「Silk Beige Selection」追加 2020年1月17日発売
マツダ 新型 CX-5 商品改良を行い日本では2019年12月12日から受注開始。2020年1月17日に発売する。年次改良となる今回は利便性や快適性を向上。すべてのエンジンモデルにおいて2WDとAWDのどちらの駆動方式も選択可能。特別仕様車...

CX-5のマイナーチェンジ (商品改良)2018年 モデルについて

マツダは新型CX-5のマイナーチェンジ (商品改良)年次改良を行い2018年10月11日発表、11月22日に発売。CX-5 2.5T ベースの特別仕様車「Exclusive Mode」も追加される。価格:257万400円~388万2600円。マツダは新型CX-5のフルモデルチェンジを行い2017年2月2日に発売。マツダは新型CX-5のマイナーチェンジ (一部改良) を行い2018年3月8日発売。今回の改良により噂では新型CX-9に搭載されている直列4気筒2.5L直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」を搭載。

SKYACTIV-G 2.5T

SKYACTIV-G 2.5T

SKYACTIV-G 2.5T 直列4気筒2.5L直噴ガソリンターボエンジン、最高出力:169kW(230ps)227HP/4,350rpm、最大トルク:420Nm(43.8kgm)/2,000rpm、トランスミッション:6速AT、WLTCモード燃費:12.2km/L〜12.6km/L「SKYACTIV-G 2.5T」を国内で初採用となった。クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」に6MTモデルをラインナップ。マツダの新世代車両運動制御技術「スカイアクティブ ビークル ダイナミク(SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS)」第2弾となる「G-ベクタリング コントロール プラス(G-Vectoring Control Plus)」を初採用した。インテリアは「マツダ コネクト」を「Android Auto」と「Apple CarPlay」に対応となる。(マツダ車国内初採用)新型アクセラに搭載されたフロントシートに快適な風が流れる「シートベンチレーション」を初搭載。更に全車に標準搭載されている先進安全技術「i-ACTIVSENSE」の性能向上が行われる。アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)に夜間歩行者検知機能を追加。

マツダ 新型 CX-5 マイナーチェンジ (商品改良) 2.5L直噴ガソリンターボエンジ追加 2018年10月11日発表、11月22日 発売
マツダは新型CX-5はマイナーチェンジ 商品改良2018年11月22日発売。特別仕様車「Exclusive Mode」追加。「SKYACTIV-G 2.5T」を採用。「SKYACTIV-D 2.2」に6MTモデル。「G-ベクタリング コントロール プラス」採用。

G-ベクタリング コントロール プラス(G-Vectoring Control Plus)を搭載

日立オートモティブシステムズが有する車両運動制御アルゴリズムを基にマツダが応用開発し、2016年に発表した「G-ベクタリング コントロール(以下GVC)」の進化技術。GVCによる車両の横方向と前後方向の連係運動に加えて、ブレーキによる直接ヨーモーメント制御によって更なる車両挙動の安定化を実現します。GVC Plusは、マツダCX-5の商品改良モデルから順次、マツダの各モデルへ搭載される。

特別仕様車 Exclusive Mode

360°ビュー・モニターを特別仕様車「Exclusive Mode」に標準設定。シート素材に、滑らかな感触のナッパレザーを採用するとともに、インテリア上部に黒、下部には深みのある、ディープレッドという専用のカラーコーディネーションを設定。本物の木を素材とする「本杢」の加飾パネルを採用し、温かみのある洗練された世界観を表現。鏡面側の縁取りをなくしたフレームレスインナーミラーにより、視野拡大と見た目のすっきり感を向上。19インチアルミホイールに、専用の高輝度ダーク塗装を特別採用し、落ち着きと精悍さを表現前席シート両側に、体との間にこもる不快な熱気を吸い出す「シートベンチレーション」機能を搭載。メーター中央に7インチTFTメーターを採用。運転に必要な情報を整理して見やすく表示。室内照明をすべて白色LEDで統一。前席と後席にフットランプとイルミネーション機能を標準装備。

マツダ 新型 CX-5 商品改良 価格について

機種名 駆動 エンジン トランス
ミッション
価格(10%)
20S 2WD
(FF)
SKYACTIV-G
2.0
SKYACTIV-
DRIVE
(6EC-AT)
2,618,000円
20S
PROACTIVE
2,854,500円
20S
Silk Beige
Selection
(特別仕様車)
2,964,500円
25S 4WD SKYACTIV-G
2.5
SKYACTIV-
DRIVE
(6EC-AT)
2,849,000円
25S
PROACTIVE
3,085,500円
25S
Silk Beige Selection
(特別仕様車)
3,195,500円
25S
L Package
2WD
(FF)
3,107,500円
4WD 3,338,500円
25T
L Package
2WD
(FF)
SKYACTIV-G
2.5T
SKYACTIV-
DRIVE
(6EC-AT)
3,421,000円
4WD 3,652,000円
25T
Exclusive
Mode
(特別仕様車)
2WD
(FF)
3,740,000円
4WD 3,971,000円
XD 2WD
(FF)
SKYACTIV-D
2.2
SKYACTIV-
DRIVE
(6EC-AT)
2,937,000円
4WD 3,168,000円
2WD
(FF)
SKYACTIV-
MT
(6MT)
2,937,000円
4WD 3,168,000円
XD
PROACTIVE
2WD
(FF)
SKYACTIV-
DRIVE
(6EC-AT)
3,173,500円
4WD 3,404,500円
2WD
(FF)
SKYACTIV-
MT
(6MT)
3,173,500円
4WD 3,404,500円
XD
Silk Beige
Selection
(特別仕様車)
2WD
(FF)
SKYACTIV-
DRIVE
(6EC-AT)
3,283,500円
4WD 3,514,500円
XD
L Package
2WD
(FF)
SKYACTIV-
DRIVE
(6EC-AT)
3,426,500円
4WD 3,657,500円
2WD
(FF)
SKYACTIV-
MT
(6MT)
3,426,500円
4WD 3,657,500円
XD
Exclusive
Mode
(特別仕様車)
2WD
(FF)
SKYACTIV-
DRIVE
(6EC-AT)
3,745,500円
4WD 3,976,500円
2WD
(FF)
SKYACTIV-
MT
(6MT)
3,745,500円
4WD 3,976,500円

CXシリーズサイズ比較

スペック 新型CX-4 新型CX-5 新型CX-8 新型CX-9
全長 4,633mm 4,545mm 4,900mm 5,065mm
全幅 1,840mm 1,840mm 1,840mm 1,969mm
全高 1,535mm 1,690mm 1,730mm 1,716mm
ホイールベース 2,700mm 2,700mm 2,930mm 2,925mm
エンジン SKYACTIV-G 2.0
2.0L 直列4気筒DOHC

SKYACTIV-D 2.2
2.2L 4気筒DOHC
直噴ターボ

SKYACTIV-G 2.5T
直列4気筒2.5L直噴
ターボエンジン

最高出力

155ps/
6000rpm

175PS/
4500rpm

230ps/
5,000rpm

最大トルク

20.0kgm/
4000rpm

42.8kgm/
2000rpm

420Nm/
2,000rpm

トランスミッション SKYACTIV-DRIVE 6AT
JC08モード燃費 18.0km/L 17.6km/L
乗車定員 5名 7名
価格 246〜万円 319万6,800円~
464万2,272円

WLTCモード燃費について

WLTCモードは、3つの走行モード「市街地モード(WLTC-L)」「郊外モード(WLTC-M)」「高速道路モード(WLTC-H)」で構成された国際的な試験方法です。従来のJC08モードに比べ、冷機状態での走行時間割合の増加、アイドリング時間比率の減少、運転者以外の乗員や積載物の重量考慮などにより、実際の使用実態を意識した内容となっています。

CX-5については次へ

マツダ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2020をフォローする。
最新自動車情報2020