MENU

トヨタ 新型「クラウンスポーツ」とレクサス 新型「NX」徹底比較 本当の違いがわかる

Toyota Crown Sport Lexus NX

トヨタが2023年10月6日に発表した新型「クラウンスポーツ」が注目を集めています。SNSや知人からも「クラウンスポーツ」を狙っているという声をよく聞きます。同じクラスの「NX」を検討している人の中にも、「クラウンスポーツ」を視野に入れている人がいると考えられます。そこで、今回は「クラウンスポーツ」と「NX」の違いについて説明したいと思います。

目次

新型「クラウンスポーツ」と新型「NX」 ボディサイズ比較

新型「クラウンスポーツ」と新型「NX」とのボディサイズを比較すると全高が「クラウン」の方が長いが全高が-80mm低くなっている。

スペック新型NX新型クラウン
スポーツ
全長4,660mm4,710mm+50mm
全幅1,865mm1,880mm+15mm
全高1,640mm1,560mm-80mm
ホイールベース2,690mm2,770mm+80mm
最小回転半径5.8m5.4m-0.4m

「クラウン スポーツ」SUVとしながらも1550mm以下になればよかったかもしれない。日本の都心部では多く機械式の立体駐車場がある、デパートや繁華街にある立体駐車場であれば全高2,000mm以下であるが、通常のタワー式の立体駐車場の場合には全高1,550mm以下が多い。これからSUVに乗りたいと思っている人や購入を検討している人は車高が高いから立体駐車場を諦めるしかないと思っていたり、そもそも今まで気にしたことなかった人もいるだろう。そこでSUVでタワー式の立体駐車場などに入庫可能な車種としている。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
【2023年版】機械式 タワー式の立体駐車場に入るSUVはどれだ?徹底的に調べてみた!

クラウン「スポーツ」の名にふさわしい独自のサスペンションセッティングを施している

また、一番驚いたのが、「最小回転半径」が「ハリアー」よりもホイールベース、全幅、タイヤサイズが大きいにもかかわらず、最小回転半径が5.4mとなっている。これは「DRS」が搭載されていることによるものだ。「DRS」車速に応じて、後輪の向きを前輪と逆向きまたは同じ 向きに制御することで、シームレスかつ自然なハンドリ ングを叶えるDRS。低速域では最小回転半径の低減 に寄与し、高い取り回し性を実現。

新型「クラウンスポーツ」と新型「NX」エンジン 比較

「クラウンスポーツハイブリッド」「NX350h」はどちらも同様の「2.5L 直列4気筒
直噴エンジンD-4Sのハイブリッドモデル」である。しかし「NX」の方が少しエンジン出力を高め、システム最高出力も高いことや、燃料をプレミアムガソリンを使用することなどに違いがある。

スクロールできます
スペッククラウンスポーツ
クラウンスポーツ
ハイブリッド
NX350h
NX350h
全長4,710mm4,660mm
全幅1,880mm1,865mm
全高1,560mm1,640mm
ホイールベース2,770mm2,690mm
エンジン直列4気筒 2.5L
直噴エンジンD-4S 
+モーター(THSⅡ)
2.5L 直列4気筒
直噴エンジンD-4S 
+モーター(THSⅡ)
最高出力137kW(186ps)/
6,000rpm
140kW(190ps)/
6,000rpm
最大トルク221Nm(22.5kgfm)/
3,600rpm
243Nm(24.8kgfm)/
4,300rpm-4,500rpm
モーター
最高出力
フロント:88kw(120ps)
リヤ:40kW(54ps)
フロント:134kw(182ps)
リヤ:40kW(54ps)
モーター
最大トルク
フロント:202Nm(20.6kgm)
リア:121Nm(12.3kgfm)
フロント:270Nm(27.5kgm)
リア:121Nm(12.3kgfm)
システム
最高出力
172kW(234ps)179kW(243ps)
トランス
ミッション
電気式
無段階変速機
電気式
無段階変速機
駆動方式4WD
(E-Four)
2WD/4WD
(E-Four)
乗車定員5名5名
最小回転半径5.4m5.8m
使用燃料レギュラー
ガソリン
プレミアム
ガソリン
WLTCモード燃費21.3㎞/L(4WD)22.2km/L-21.6km/L(2WD)
19.9km/L(4WD)
価格(10%)5,900,000円5,200,000円
6,350,000円

「クラウンスポーツ PHEV」「NX450h+」は同様のプラグインハイブリッドシステムを搭載。どのモデルでも快適な走りができるシステム最高出力を発揮する。WLTCモード燃費も20km/L前後と走りと燃費を兼ね備えたモデルとなる。

スクロールできます
スペッククラウンスポーツ
クラウン
スポーツ
NX450h
NX450h+
全長4,710mm4,660mm
全幅1,880mm1,865mm
全高1,560mm1,640mm
ホイールベース2,770mm2,690mm
エンジン2.5L 直列4気筒
直噴エンジンD-4S 
+モーター(THSⅡ)
2.5L 直列4気筒
直噴エンジンD-4S 
+モーター(THSⅡ)
最高出力135kW(185PS)/
6,000rpm
135kW(185PS)/
6,000rpm
最大トルク228Nm(23.2kgmf)/
3,600-3,700rpm
228Nm(23.2kgmf)/
3,600-3,700rpm
モーター
最高出力
フロント:134kW(182ps)
リヤ:40kW(54ps)
フロント:134kW(182ps)
リヤ:40kW(54ps)
モーター
最大トルク
フロント:270Nm
リア:121Nm(12.3kgfm)
フロント:270Nm
リア:121Nm(12.3kgfm)
システム出力227kW(309ps)227kW(309ps)
トランス
ミッション
電気式
無段階変速機
電気式
無段階変速機
駆動方式4WD
(E-Four)
4WD
(E-Four)
バッテリーリチウムイオン
バッテリー
18.1kWh
リチウムイオン
バッテリー
18.1kWh
0-100km/h
加速
-秒6.0秒
乗車定員5名5名
最小回転半径5.4m5.7m
WLTCモード燃費約20.2km/L19.6km/L
WLTCモード
EV走行航続距離
約90km87km
価格(10%)約7,000,000円7,140,000円~
7,380,000円

新型「クラウンスポーツと新型「ハリアー」比較していい点、悪い点

クラウンスポーツが良い点

装備や機能では「クラウンスポーツ」がもちろん上であり、インテリアは共通化しどの車種に乗っても「クラウンだね!」と思わせてくれる。ディスプレイオーディオを一体化させた「アイランドアーキテクチャー」と呼ばれる島の様に配置するインパネデザインを採用。

「最小回転半径」が「ハリアー」よりもホイールベース、全幅、タイヤサイズが大きいにもかかわらず、最小回転半径が5.4mとなっている。これは「DRS」が搭載されていることによるものだ。

クラウンスポーツが悪い点

比較して一概に言えないが、間違えなくどちらもいい車であるが、価格面や装備を含めてコストパフォーマンスが高いのは間違いなく「NX」である。4WD、最上位グレード「NX350h“F SPORT”」6,350,000円と「クラウンスポーツ」と価格差が450,000円ある。2WDの「NX350h“F SPORT”」は6,080,000円と同額と言っていい!クラウンもブランドとなるが、レクサスブランドの方が上位なのではないだろうか?

「クラウンスポーツ」後部座席は施錠解錠ができない。意外に便利な後部座席のドアノブでの施錠解錠ができない。ちなみに「NX」では後部座席からの施錠解錠が可能だ。

ラゲッジ容量は397Lと狭い「クラウンスポーツ」は他の「クラウン」シリーズの中で最もラゲッジスペースが狭い。荷室をあまり使わい人は問題ないが色々な物を載せたい人にはここがネックとなることは間違いない。ちなみに「NX」のラゲッジ容量は520Lと比較しても大きいことがわかる。

新型「クラウンスポーツ」と新型「NX」比較まとめ

「クラウンスポーツ」は「NX」とプラットフォームやエンジンを共有している面が多いが、やはりデザインの良さ、クラウン共通のインテリアデザイン、次世代の「Toyota Safety Sense」や最小回転半径5.4mと取り回しのしやすさから「NX」を検討している人が流れる可能性が非常に高そうだ。それにしてもトヨタの商品力の高さに本当に驚くばかりだ。ただし、一番気になる点はレクサスブランドの「NX」との価格差がほぼないことだ。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
注文を再開 レクサス 新型 NX 一部改良 仕様向上 2023年3月2日発売

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
トヨタ 16代目 新型 クラウン フルモデルチェンジ クロスオーバーSUV クーペ スタイル 2022年9月1日発売

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
仕様が判明 新型「クラウンスポーツ」発売日は2023年10月6日

トヨタ「クラウンスポーツ」については次へ

1 2 3
Toyota Crown Sport Lexus NX

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次