日産

日産 新型 スカイライン フルモデルチェンジ プロパイロット 3.0搭載 2022年発売

2019年5月16日

infiniti-q-inspiration

日産は新型スカイラインのフルモデルチェンジを行い2022年に発売する。フルモデルチェンジで14代目となる今回は「プロパイロット 3.0」を搭載する。

新型 スカイライン エクステリアについて

「Q Inspiration concept」の様な美しいデザインを採用。ダイムラーと、ルノー日産の協力関係を生かし開発されたモデルとなる。プラットフォームをに採用されたアルミニウムハイブリッド構造の軽量アーキテクチャーMRAを採用。

infiniti-q-inspiration

infiniti-q-inspiration

infiniti-q-inspiration

infiniti-q-inspiration

infiniti-q-inspiration

新型 スカイライン エンジンについて

エンジンは現行同様に3.5L V型6気筒エンジンベース+モーターのハイブリッド新2.0L 4気筒 ターボガソリンエンジン 「VC-T」を搭載する。

VC-turbo

スペック2.0L 直列4気筒 ターボ
エンジン (VC-Turbo)
最高出力200kW(268HP)/5,600rpm
最大トルク380Nm(280lb-ft)/4,400-4,800rpm
駆動方式2WD(FF)/4WD
トランスミッション7速AT
最高速度230km/h
スペック3.5L V型6気筒エンジンベース
+モーター(ハイブリッド)
最高出力306ps/6800rpm
最大トルク35.7kgm/5000rpm
モーター最高出力68ps
モーター最大トルク29.6kgm
トランスミッション7速AT

新型 スカイライン プロパイロット 3.0搭載

日産自動車の2018年度通期連結決算にて新型スカイラインに「プロパイロット2.0」を搭載すると発表された。2021年には「プロパイロット3.0」へと進化を果たすことになる。

Piloted Drive 1.0 高速道路の単一のレーンを自律的に走行することが出来るのみである。

Piloted Drive 2.0 レーンチェンジや道路上の危険を判断しての回避も出来るようになる。

Piloted Drive 3.0 市街の交差点を安全にナビゲート出来るようなるそうだ。

Piloted Drive 4.0 無人運転を可能にする完全自動運転だ。

日産 新型 スカイライン マイナーチェンジ プロパイロット 2.0搭載 2019年11月発売

日産 新型 スカイライン マイナーチェンジ プロパイロット 2.0搭載 2019年9月発売

新型 スカイライン 全方位運転支援システム 「360°セーフティアシスト」標準搭載

「 360° セーフティアシスト」は、7種類の先進運転支援システムで構成される。「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」「踏み間違い衝突防止アシスト」「アダプティブハイビームアシスト/ハイビームア」「後退時車両検知警報 RCTA」「インテリジェントLI /LDW(車線逸脱警報)」「RCTA 後退時車両検知警報」「標識検知機能」を採用。

日産 360° セーフティアシスト 全方位運転支援システム とは?搭載車について

日産 360° セーフティアシスト 全方位運転支援システム とは?搭載車について

日産ニュースリリース​

https://newsroom.nissan-global.com/releases/190514-01-j

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-日産
-, , ,

© 2021 最新自動車情報