MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ポルシェと Apple 統合の改善により Apple CarPlay 内から多くの車両設定を制御できるように

当ページのリンクには広告が含まれています。

ポルシェはフラッグシップSUV「カイエン」クーペSUV「カイエンクーペ」のビックマイナーチェンジを行い日本モデルを2023年4月18日から発売しましたが、メーカーはiPhone所有者を満足させる新機能を搭載すると発表しました。

目次

ポルシェと Apple CarPlay 統合の改善 について

特に、「My Porsche」アプリは 「Apple CarPlay」内からアクセスできるようになりる。 これは初めてのことであり、カイエンと CarPlay の統合がさらに強化されることを意味する。ポルシェが説明したように、ユーザーはオーディオや空調制御だけでなく、アンビエント照明システムなどの目立たない設定を含む「コア機能にアクセス」できるようになる。

ポルシェはさらに、「CarPlay」のクイックアクションを使用して、これらの機能をリラックス、ウォームアップ、リフレッシュなどの「ウェルネスモード」に組み合わせることができると言う。その結果、リラックスモードでは、温度を下げ、周囲の照明を青色に変更し、リラックスできる音楽を再生するように設定。この統合により、オーナーは「Siri」 を使用して、さまざまな車両機能を音声で制御できるようになります。ポルシェのアクティベーションは、インフォテインメント システムに表示される「QR コード」をスキャンするだけで簡単に行える。技術はカイエンで導入されていますが、最終的には他のモデルにも展開される予定。ポルシェはさらに、「運転体験を継続的に向上させる」将来のアップデートが期待できると述べた。

ポルシェ 新型 カイエン ビックマイナーチェンジ について

エクステリアには最新のデザインを採用。

インテリアは、「12.7インチデジタルメーター」「12.3インチインフォテインメントシステム」助手席正面にも「10.9インチパッセンジャーディスプレイ」を装備。

「Hey Porsche(ハイ ポルシェ)」に対応する音声制御技術とナビゲーションなどのアプリを備えいる。電話、メディア、ポルシェコネクトに対応。Apple Musicを搭載する。

搭載する各パワートレインの出力を向上。PHEVモデル、走行用バッテリーを従来モデルの17.9kWhから25.9kWhに拡大、EV航続距離を90kmまで延長。

2017年10月に発売を開始した3代目となる現行モデルは6年目にして初のビックマイナーチェンジに向け新型「カイエン」では、極端な気象条件での過酷な開発テスト中であると2023年2月8日に発表。(テストは、モロッコの砂丘、スペインのオフロード エリア、米国の高速道路、ニュルブルクリンク北コースの厳しいターン、フィンランドの極寒のコースで、仮想シミュレーションとともに行われた)エクステリアとインテリアのデザインの変更、より優れた技術機器、大幅に改訂されたシャシー セットアップ、およびアップグレードされたパワートレインを含む、同社の歴史の中で最大の製品アップデートだという。

公式ビデオでは、プラグインハイブリッドバリアントがより多くの電力とより大きなバッテリーパックを取得することが明らかにされている。エクステリアでは現在のユニットに比べて2倍の明るさを実現できるヘッドライトの新しい HD マトリックス LED テクノロジーについて詳しく説明し、全幅のテールライトにファンシーな LED グラフィックを表示しました。バンパーを含むボディワークの他の部分も再設計されましたが、典型的なポルシェのやり方では、結果は革命的というよりも進化的です。前述のアップグレードは、通常の「カイエン」と「カイエンクーペ」の両方に適用される。

ポルシェ 新型 カイエン ビックマイナーチェンジ エクステリア について

エクステリアには最新のデザインを採用。「高解像度HDマトリクスLEDヘッドライト」「ポルシェアクティブサスペンションマネージメントシステム(PASM)」「20インチホイール」「フロント&リアパークアシスト」を採用。

ポルシェ 新型 カイエン ビックマイナーチェンジ インテリア について

インテリアの変更には、「12.7インチデジタルメーター」「12.3インチインフォテインメントシステム」助手席正面にも「10.9インチパッセンジャーディスプレイ」を装備。車内の空気から汚染物質をろ過する「エアクオリティシステム」が採用。

ポルシェ 新型 カイエン ビックマイナーチェンジ パワートレイン について

ベースモデル「カイエン」は、最適化された3.0L V型6気筒 ターボエンジンが搭載、最高出力260kW(353PS)、最大トルク500Nmとした。先代比で10kW(13PS)、50Nm増のパワーアップ。

「カイエンS」は従来のV型6気筒エンジンに代わり、ポルシェが開発したる4.0L V型8気筒 ツインターボエンジンが搭載最高出力349kW(474PS)、最大トルク600Nmとした。先代比で25kW(34PS)、50Nm増のパワーアップを果たした。0-100km/h加速4.7秒。最高速273km/h。

「カイエンE-ハイブリッド」、3.0L V型6気筒 ターボエンジンをベースに、最高出力130kW(176PS)の新しい電気モーターを組み合わせるせ合計最高出力346kW(470PS)とした。高電圧バッテリーの容量は、従来モデルの17.9kWhから25.9kWhに増大、電気のみによるWLTP航続距離は最大90kmとした。

ポルシェニュースリリース

https://newsroom.porsche.com/en/2023/products/porsche-cayenne-prototype-testing-spain-morocco-finland-nuerburgring-nordschleife-31165.html

https://www.porsche.com/japan/jp/models/cayenne/cayenne-models/cayenne/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次