MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ポルシェ 新型 タイカン 初 EVスポーツ 2019年9月4日発表 2019年11月20日から予約販売開始

porsche taycan

ポルシェは初のスポーツタイプのEV(電気自動車)新型「タイカン」を2019年9月4日(現地時間)に発表した。日本では2019年11月20日から期間限定予約プログラムを開始。日本モデルの価格は14,481,000 円〜24,541,000円。

目次

ポルシェ 新型 タイカンについて

ポルシェ初となるスポーツタイプのEV(電気自動車)である。

ポルシェ 新型 タイカン エクステリア

「タイカン」はポルシェらしいのエクステリアを採用した、4シーターのスポーツカーである。

porsche taycan
porsche taycan
porsche taycan
porsche taycan
porsche taycan

ポルシェ 新型 タイカン インテリア

メーターパネルは、クラシック、マップ、フルマップ、ピュアの4つの異なるモードを備えている。クラシックモードは従来のインストルメントクラスターに似ているが、2つのマップモードにはナビゲーション情報が表示。一方、純粋モードは、矢印を使用して「速度、交通標識、ナビゲーションなどの重要な運転情報」のみを表示する。

porsche taycan
porsche taycan
porsche taycan
porsche taycan
porsche taycan
porsche taycan
porsche taycan

デジタルインストルメントクラスターは、大型16.8インチ ディスプレイで、本物のガラスと反射防止特性を与える「蒸着蒸着偏光フィルター」を使用。

インフォテインメントシステムの下には、2つの長方形の通気口と触覚フィードバックを備えた8.4インチのタッチスクリーンを備えたランプ状のセンターコンソールがる。温度調節設定と加熱/換気されたフロントシートに簡単にアクセス、画面には手書き認識技術があり、ユーザーはナビゲーションシステムの住所を簡単に入力できる。

porsche taycan

助手席側には中央の10.9インチ インフォテインメントディスプレイがあり、「Hey Porsche(ハイ ポルシェ)」に対応する音声制御技術とナビゲーションなどのアプリを備えいる。電話、メディア、ポルシェコネクトに対応。Apple Musicを搭載する。

ポルシェ 新型 タイカン スペックについて

porsche taycan
スペック タンカン 4S タンカン ターボ タンカン ターボ S
全長 4,963mm
全幅 1,966mm
全高 1,300mm
ホイールベース 2,900mm
モーター 電気モーター×2
最高出力 390kW
(530PS)
500kW
(680ps)
560kW
(761ps)
最大トルク 640Nm 850Nm 1,050Nm
駆動方式 4WD
バッテリー 93.4kWh
リチウムイオンバッテリー
最高速度 260m/h
0-100km/h加速 4.0 秒 3.2秒 2.8秒
WLTP航続距離 463km 450km 412km
porsche taycan
porsche taycan
porsche taycan

270 kWの充電器の場合、充電の最大80%をわずか22分半で受け取ることができ、すわずか5分で60マイル(96 km)の範囲が利用可能。 150kW DC急速充電器を使用すると、36分で80%に達することができますが、9.6 kWの単純な240ボルトコンセントは11時間待たなければならない。

新型 タイカン ニュルブルクリンク 北コースのタイムアタック

新型タイカンのプロトタイプで「ニュルブルクリンク 北コース」のタイムアタック行いEV最速となる「7分42秒」のラップタイムを記録したと2019年8月26日(現地時間)発表。

メルセデスAMG GT R  7分10秒92

ホンダ シビックタイプR 7分43秒80

ルノー メガーヌRS.275トロフィーR  7分54秒36

ポルシェジャパンが「タイカン」のプロモーションとしてバーチャルモデルの「imma」を起用

ポルシェ初のフル電動スポーツカー新型「タイカン」のプロモーションとして、バーチャルモデルの「imma」を起用することを発表。バーチャルモデルを起用したプロモーションは、ポルシェジャパンとして初めての試み。

コンセプトカー ミッションE について

元になったコンセプトカーは2018年3月6日~3月18日に開催されるジュネーブモーターショー2018で「ミッションEクロスツーリスモ」を世界初公開している。

ポルシェ 新型 ミッションEクロスツーリスモ EV(電気自動車) ジュネーブモーターショー2018 世界初公開

あわせて読みたい
ポルシェ 新型 ミッションEクロスツーリスモ EV(電気自動車) ジュネーブモーターショー2018 世界初公開 ポルシェは新型 EV(電気自動車)ミッションEクロスツーリスモを2020年に発売する。4シーターのEVスポーツカー新型ミッションEをベースにしたモデルである。2018年3月6...

ポルシェは、市販を予定する電気自動車に元F1ドライバーのマーク・ウェバーが試乗「ミッションE」は4シーターのEVスポーツカーだ。

コンセプトカー ミッションE スペックについて

Porsche-Mission-E
Porsche-Mission-E
スペックミッションE
全長4,850mm
全幅1,990mm
全高1,300mm
モーター電気モーター×2
最高出力441kw 600ps
駆動方式4WD
最高速度250km/h以上
0-100km/h加速3.5秒以下
0-200km/h加速12秒以下

2015年のルマンで勝利した「919ハイブリッド」と同様の2つの永久磁石同期モーター(PMSM)が採用されてポルシェのトルクベクタリングにより、4輪に最適な駆動力を配分する。電池は、リチウムイオンバッテリーを採用。1回の充電で最大500km以上を走行でき、80%の容量なら、バッテリーの充電は約15分で済む。15分程度の充電でも約400km以上もの走行を実現する十分なエネルギーを充電することが可能。

アルミニウム、スチール、カーボンファイバー強化樹脂などで構成するボディ。フロント21インチ、リア22インチのカーボン製ホイールとワイドタイヤを装備。

ポルシェは今後1000億円規模を投資し、「ミッションE」の市販化に向けて設備投資や新規雇用なども行われる。ライバルは高級EV車を作っているテスラモーターズなどになってくるだろう今後のEV市場に注目が集まることだろう。

ポルシェニュースリリース

https://www.porsche.com/japan/jp/aboutporsche/pressreleases/pj/

タンカン

https://www.porsche.co.jp/sp/taycan/

ポルシェ

https://www.porsche.com/japan/

porsche taycan

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる