ルノー

ルノー 新型 タリスマン マイナーチェンジ 2020年発売

ルノーは新型「タリスマン」マイナーチェンジを行い2020年発売。日本での発売は予定していない。

新型タリスマン マイナーチェンジについて

マイナーチェンジによりフロントエンドは、控えめに再設計されたグリル、修正されたバンパープロファイル、LEDヘッドライトを標準装備している。テールライトは完全なLEDライトも装備。今回は、クロム製の金具と動的インジケーターのパッキングに囲まれていますが、屋根には新しいドルフィンアンテナ、さまざまな新しいボディーカラーが加えられ、17〜19インチの新しいホイールデザインも採用。

オプションとしてLEDマトリックステクノロジーを備えたアダプティブLEDヘッドライトも備えている。

インテリアは、より大きなカップホルダー、フレームレスエレクトロクロミックバックミラー、センターコンソールのワイヤレススマートフォンチャージャー、および再設計されたHVACダイヤルでさらに洗練され、内部に小さなディスプレイが搭載。多くのカスタマイズオプションを備えた新しい10.2インチデジタルインストルメントクラスター、ルノーのオプションの9.3インチポートレートスタイルのAndroid AutoおよびApple CarPlayを備えたEasy Linkインフォテインメントシステムが付属している。

アクティブな安全システムの範囲は、「Highway&Traffic Jam Companion」と呼ばれるレベル2自動運転システムを含むように更新された。これは0〜160 km / h(100 mph)で機能、ドライバーが1つのことをすることなく、車を完全に停止させることさえできる。

レンジトッピングトリムに標準装備、4輪ステアリングを備えたこのセグメントの唯一のモデル。ルノーはこれを4Controlと呼び、適応ダンパーと組み合わせて「最適な安定性と快適性」を確保。

TCe 160モデルには最新の1.3L 直4気筒ターボエンジンに7速デュアルクラッチトランスミッションと組み合わせ。最高出力158 HP(160 PS)最大トルク199 lb-ft(270 Nm)。より強力なTCe 225は、ルノーメガーヌRS とアルパインA110を搭載される1.8L 4気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力 222 HP(225 PS)最大トルク221 lb-ft(300 Nm)7速デュアルクラッチギアボックスを採用。

ディーゼルには、1.7リットル4気筒dCi、最高出力117 HP(120 PS)または148 HP(150 PS)のと6速マニュアル、2.0リットルBlue dCi 最高出力160PSまたは200 PSが採用される。

ルノー 新型 タリスマン プラットフォームには日産と共同開発 新しいセダンとして発表

ルノー 新型 タリスマン プラットフォームには日産と共同開発 新しいセダンとして発表

ルノー 新型 タリスマン エステート ステーションワゴンモデル発表

ルノー 新型 タリスマン エステート ステーションワゴンモデル発表

クラウドタグ

  • この記事を書いた人

最新自動車情報

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

-ルノー
-, , ,